【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:食欲不振、悲観的、物事に興味がなくなった

身体的な異常は見当たらないものの、食欲不振や気分の落ち込みなどが2週間以上続いており、日常生活に支障をきたしている状況であればうつ病の可能性が高いです。

気持ちを高揚させる医薬品

サインバルタ

サインバルタ

神経伝達物質の濃度を高める作用を持っており、服用することで気分の落ち込みを防ぎ気分の高揚などを促します。副作用が小さいこともあり広く使用されている抗うつ薬です。

28錠4,220円

詳細を見る

こころの負担を軽減するサプリメント

ジェリフォルテ

ジェリフォルテ

こころを落ち着かせる効果のあるハーブなどが配合されており、ストレスなどの精神的負担を軽減する効果があります。天然成分由来のため副作用の心配もありません。

1本1,700円

詳細を見る

うつ病の改善について

休養をしっかりと取る

うつ病改善の第一歩はストレスの原因から離れて、十分な休養を取り体とこころを休ませてあげることです。
職場でのストレスが原因であれば、部署異動や休職を上司などに相談してみましょう。
家庭にストレスの原因がある方は自宅を離れ、病院やクリニックなどへ入院することを検討してみてください。

精神療法を受ける

十分な休養と投薬治療の組み合わせでうつ病は高い確率で改善しますが、調子の良い状態を維持するためや再発予防のために精神療法が用いられます。
精神療法には認知行動療法と対人関係療法があり、ネガティブになりがちな思考を修正したり、対人関係によるストレスを軽減することでうつ病の改善や社会復帰を促します。

適度な運動をする

筋肉や心臓への負担が小さい軽め有酸素運動はセロトニンの分泌を促す効果があります。
セロトニンが多く分泌されることで前向きな気持ちが向上し、リラックス効果を得ることができます。
また、適度な運動は睡眠の質を上げる効果にも期待できるため、うつ病の症状の1つである睡眠障害に対しても有効です。

あわせて読まれているお悩み