【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:腹痛を伴う下痢

通常の便よりも水分が多い下痢や軟便は食あたりや消化不良、胃腸機能の亢進やストレスなどによるものだと考えられます。こうした下痢や軟便は過剰に働く腸の働きを抑えることによって改善へと導けます。

腸の運動を抑えて下痢などを改善する薬

ヂセテル

ヂセテル

ヂセテルは有効成分として臭化ピナベリウムを配合しています。臭化ピナベリウムは腸の平滑筋を弛緩させて過剰な働きを抑えて下痢や軟便を改善へと導きます。

1箱4,400円

詳細を見る

下痢や軟便の改善について

お腹を温め、安静にする

下痢や軟便は、腸が過剰に働くことでおきます。
お腹をあたため安静にすることによって、腸の過剰な働きを抑えて下痢や軟便を改善します。

消化の良い食事をする

おかゆやうどん、ささみや食物繊維の少ない野菜などは腸への刺激が少なく腸を休ませます。
腸が休まることで、過剰な働きを抑えて下痢や軟便を改善します。

冷たい飲み物を避ける

冷水や清涼飲料水など冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまい、下痢や軟便を悪化します。
水分を取る場合は常温のお水や白湯などのお腹を冷やさない飲み物にすることで下痢や軟便を改善します。

ストレスを解消する

下痢や軟便の原因となる過剰な腸の働きは、過度なストレスなどが原因となっている場合もあります。
そのため、ストレスを解消するための趣味などで、こまめにストレスを解消することで下痢や軟便の予防や改善に繋がります。

あわせて読まれているお悩み