【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:まぶたに異物感や痙攣がある

まぶたの異物感や痙攣などの症状から考えられる原因としてアレルギー結膜炎や眼精疲労などが考えられます。アレルギー症状を緩和したり目の疲れを癒すことで、まぶたの異物感や痙攣を改善へと導けます。

アレルギー性疾患のための目薬

IF2点眼液(パタノール)

IF2点眼液(パタノール)

IF2点眼液は有効成分にヒスタミン拮抗作用をもつオロパタジンを配合しています。これによってアレルギー症状があらわれるのを防ぎ、異物感などの症状を改善します。

1本2,100円

詳細を見る

眼精疲労を抑える目薬

コンピューターアイリリーフ

コンピューターアイリリーフ

コンピューターアイリリーフは天然由来の成分を配合した眼精疲労を改善する目薬です。天然由来の成分が目の疲れを癒し、目の痙攣などがおきるのを改善予防します。

1本2,600円

詳細を見る

眼精疲労やアレルギーの改善について

スマートフォンやパソコンの画面を見る時間を減らす

パソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けることは眼に疲れがたまる原因となります。
そのため、使用する時間を制限して休憩をこまめに入れて目を休ませることで眼精疲労を改善します。

アレルギー性物質を避ける

アレルギー症状でまぶたに違和感があるような場合。
アレルギーの原因となるアレルギー物質を避けることで、症状を改善へと導くことができます。

遠くを見るように心がける

遠方を見ることで目の周りの筋肉がほぐれ、リフレッシュや疲れ目の改善に繋がります。
こまめに遠くを見るようにすることで、眼精疲労の予防や改善に役立ちます。

目の周りを温める

ホットアイマスクなどを用いて、目の周りを温めると緊張していた筋肉は弛緩してリラックスします。
筋肉がほぐれると目の疲れが抑えられ、眼精疲労を改善できます。

あわせて読まれているお悩み