【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:過剰に汗をかいてしまう

汗をかくことや汗の量が多く日常生活に支障をきたすほどであれば多汗症の疑いがあります。多汗症には全身から発汗が見られる全身性多汗症と特定部位の発汗が多い限局性多汗症があります。

全身性多汗症に有効な医薬品

プロスパン

プロスパン

アセチルコリンという発汗を促す神経伝達物質に作用し、発汗を抑える内服薬です。全身に作用するため全身性多汗症に有効です。

1本4,400円

詳細を見る

脇汗対策に優れた制汗剤

サーテンDRIエクストラストレングスソリッド

サーテンDRIエクストラストレングスソリッド

有効成分のスキクロロAl水和物には血管を収縮させることで発汗を抑える効果があります。汗のイヤな臭いを抑える効果もあり脇汗に関する悩みを解消してくれます。

1本2,900円

詳細を見る

高い消臭効果を持つデオドラント剤

エッセンシャル・ナチュールデオドライザー・ローズマリーラベンダー

エッセンシャル・ナチュールデオドライザー・ローズマリーラベンダー

脇専用の商品ですが、2つの消臭効果によって汗特有の臭いが発生することを防ぎます。お肌への刺激を与える成分は含まれていないため安心して使用できます。

1箱2,600円

詳細を見る

多汗症の改善について

酸味や辛味の強い刺激物は控える

すっぱいものや辛いものは交感神経を優位にする働きがあり、汗をかきやすい状態にしてしまいます。
そのため、多汗症に悩まれている方は酸味や辛味が強い食事を控えることで改善に繋がります。
コーヒーや紅茶、エナジードリンクに含まれているカフェインにも同様の効果があるため、これらを多く飲まれる方は量を減らすようにしましょう。

緊張やストレスを解消する

過度のストレスや緊張は交感神経を優位にします。
そのため、心身ともにリラックスできる時間を作ることが多汗症の予防に繋がります。
仕事や勉強中であれば自席で簡単にできるストレッチや深呼吸がおすすめです。
自宅では読書や音楽など趣味を楽しむ、ぬるめのお湯で半身浴を行う、お気に入りのアロマを焚くなど自分にあった方法でストレスを発散しましょう。

飲酒量を減らす

アルコールには交感神経を刺激し優位にする働きがあります。
飲酒量に比例して体内にはアルコールが長く残るため、その間は交感神経が刺激されている時間が続いていることになります。
そのため、日常的に多くのお酒を飲むことは控えるようにしましょう。

あわせて読まれているお悩み