【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:手首や膝など関節の痛みが続いている

手首や膝などの関節部分の痛みが続いてとれない場合、関節炎などの疑いがあります。関節の痛みを緩和、改善するための方法は今では複数あり、自身に合ったものを選んで改善へと導くことができます。

関節の痛みを改善する痛み止めの薬

ロキソニン

ロキソニン

ロキソニンは非常に高い鎮痛効果を持つお薬です。日本の病院などでも広く処方されている鎮痛薬で安心して服用することができます。

100錠8,900円

詳細を見る

クリームやジェルタイプの痛み止め

カウンターペインプラス

カウンターペインプラス

カウンターペインプラスは、ピロキシカムを有効成分とした鎮痛ジェルです。ピロキシカムが痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を阻害して炎症や痛みを抑えます。

1本2,800円

詳細を見る

関節痛の改善について

適度な運動をする

適度な運動は、関節まわりの筋肉を鍛えることに繋がります。
関節まわりの筋肉は関節への負担を減らすため、関節痛の改善へと繋がります。
ただし、激しい運動は関節への負担が大きくなるため、関節痛の悪化につながるという点には注意が必要です。

血行を促進させる

関節痛の原因として、血流の滞りがあげられます。
血液の流れが滞ってしまうことで、痛みの原因物質が増加してしまいます。
そのため、ストレッチやマッサージなどで血行を促すことが関節痛の改善に繋がります。

ダイエットする

肥満体型や肥満気味の方の場合、関節への負担が必然的に大きくなります。
関節への負担が大きい状態が続くと関節痛に繋がるケースもあるため、肥満や肥満気味の方はダイエットすることで、関節への負担を減らして関節痛の改善を目指せます。

あわせて読まれているお悩み