【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:月経量や月経期間の異常な変化

月経量が多かったり少なかったり、月経周期の期間が長かったり短くなるのはホルモン分泌にトラブルが起きている可能性があります。ホルモン分泌のトラブルにはさまざまな原因があるため、適切に対策を行いましょう。

低用量ピルでホルモンを補って改善

マーベロン

マーベロン

マーベロンは女性ホルモンを配合した低用量ピルです。第3世代1相性のピルで比較的新しい世代のピルであるため副作用のリスクが小さく、服用順が無いため服用が容易です。

1箱1,200円

詳細を見る

ホルモン剤を用いて改善する

エストラヒール

エストラヒール

エストラヒールは卵胞ホルモンと同様の作用を行う成分を配合したホルモン剤です。ホルモンを補うことでバランスを調整し、月経周期の乱れなどの症状を改善へと導けます。

1箱2,700円

詳細を見る

月経トラブルの改善について

ストレスを解消する

過度なストレスはホルモンバランスを乱し、月経期間を乱したり月経量に影響したりします。
ストレスは自分では気が付かないうちに溜まってしまうこともあるので、こまめにストレスを解消することが月経の乱れの改善に繋がります。
ストレスの解消法は、個人個人で違うため、自分に合った方法で解消することが大切です。

過度なダイエットを避ける

過度なダイエットもホルモンのバランスを乱す原因となります。
ホルモンバランスの乱れは月経に大きな影響をもたらすため、ダイエットしている方の場合、運動を行ったり、食生活を見直すなど無理のない範囲で行うことが月経トラブルの改善に繋がります。

十分な睡眠をとる

睡眠不足や睡眠の質の低下はホルモンバランスを乱す原因となります。
そのため、十分に睡眠をとるようにしたり、睡眠の質を高めるようにすることで月経期間の乱れなどの改善に繋がります。

身体が冷えるのを避ける

身体の冷えは卵巣の機能を低下させてしまいます。その結果、月経周期の乱れなどの様々な月経トラブルに繋がります。
そのため、体が冷えるのを避けるようにすることが月経トラブルの予防や改善に繋がります。

あわせて読まれているお悩み