【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

スターシス・ジェネリック

スターシス・ジェネリック1 スターシス・ジェネリック2 スターシス・ジェネリック3 スターシス・ジェネリック4
  • 生活習慣病

3件のレビュー

スターシス・ジェネリックは有効成分ナテグリニドを配合した糖尿病改善薬です。
有効成分がインスリンの分泌を促すことで血糖値を下げて糖尿病を改善へと導きます。
こちらの商品は日本国内でも処方されているスターシスのジェネリックであるため、同じ成分を配合しており同様の効果に期待することが可能です。
また、ジェネリックであるため安価で購入することができるので、糖尿病の継続的な治療に必要となる金銭的な負担を軽減するのにも役立ちます。

店長のオススメポイント

  • インスリン分泌を促し血糖値を下げる
  • ジェネリックだから安価で購入できる

スターシス・ジェネリック 60mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
60mg × 200錠 ¥8,840(¥44/錠) ¥6,700(¥34/錠) 201pt

スターシス・ジェネリック 120mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
120mg × 200錠 ¥11,310(¥56/錠) ¥8,600(¥43/錠) 258pt

商品概要

商品名 スターシス・ジェネリック
成分 ナテグリニド
効果 糖尿病改善
副作用 頭痛、発疹、腹痛など
飲み方 1日3回、1回あたり90~120mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Glenmark

商品詳細

スターシス・ジェネリックの効果

スターシス・ジェネリックの有効成分であるナテグリニドは膵臓のβ細胞を刺激する作用があります。

このβ細胞が刺激を受けることによって、インスリンの分泌が促進されます。

インスリンは糖の代謝を促して調整して、血糖値を一定に保つ働きをもっています。

糖尿病はインスリンが十分に働かなくなることで、血糖値が高くなるために置きるため、スターシス・ジェネリックのインスリン分泌促進作用は糖尿病の改善に役立ちます。

スターシス・ジェネリックの服用方法

服用量

1日の服用量は90~120mgを3回となっています。
先ずは90mgから服用を行い、効果が不十分な場合は上限を120mgとして増量することができます。
過剰に服用しても効果は高まらず、副作用リスクが高まります。
また、継続して服用することで血糖値の上昇を抑えて糖尿病の改善が可能となるため、継続しての服用が必須です。

タイミング

服用するタイミングは朝昼晩の食事の直前となっています。
食前に服用することで、インスリン分泌を促し血糖値の上昇を抑えます。

スターシス・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

適切な食事療法を並行して行う必要があります。

アルコールの影響の有無

過度のアルコール摂取は低血糖の恐れがあるため厳禁です。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

糖尿病用薬 (ノボリン、ヒューマリン、ヒューマログ、ルムジェブ、インスリンリスプロBS、ノボラピッド、フィアスプ、インスリンアスパルトBS、アピドラ、ランタス、インスリングラルギンBS、レベミル、トレシーバ、グリコラン、メトグルコ、メトホルミン塩酸塩、メトホルミン、ジベトス、ブホルミン塩酸塩、グルコバイ、アカルボース、セイブル、ミグリトール、ベイスン、ボグリボース、アクトス、ピオグリタゾン、グラクティブ、ジャヌビア、エクア、オングリザ、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、ザファテック、スイニー、マリゼブ、バイエッタ、ビデュリオン、ビクトーザ、リキスミア、トルリシティ、オゼンピック、リベルサス、フォシーガ、カナグル、ジャディアンス、スーグラ、アプルウェイ、デベルザ、キネダック、エパルレスタット)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
ピラゾロン系抗炎症薬 (スルピリン)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
サリチル酸系抗炎症薬 (アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、リアルダ、メサラジン、サリチル酸)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
フィブラート系脂質異常症治療薬 (クロフィブラート、ベサトール、ベザフィブラート、ミデナール、トライコア、リピディル、フェノフィブラート、パルモディア)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
ミコナゾール、フルコナゾール、ホスフルコナゾール (オラビ、フロリード、ミコナゾール硝酸塩、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
プロベネシド (ベネシッド)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
クマリン系抗凝固薬 (ワルファリンK、ワーファリン)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
スルホンアミド系抗菌薬 (ゲーベン)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
クロラムフェニコール (クロラムフェニコール、クロロマイセチン、クロマイ、クロロマイセチンサクシネート)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
β-アドレナリン受容体拮抗薬、MAO阻害薬 (セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、アルマイラー、アセタノール、ベトプティック、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、カルビスケン、ピンドロール、ブロクリン、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、アドビオール、エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
蛋白同化ステロイド (プリモボラン、レボスパ)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
テトラサイクリン系抗生物質 (レダマイシン、ビブラマイシン、オキシテトラコーン、アクロマイシン、ペリオクリン、ミノサイクリン塩酸塩、ミノマイシン、タイガシル)
血糖降下作用が強くあらわれてしまう可能性があります。
エピネフリン (エピペン、ボスミン、アドレナリン)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
副腎皮質ステロイド (メドロール、ソル・メドロール、ソル・メルコート、デポ・メドロール、コートリル、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、ソル・コーテフ、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ロコイド、パンデル、プレドニゾロン、プレドニン、プレドニゾロン酢酸エステル、プレドネマ、リドメックス、スピラゾン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、ユーメトン、キンダベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルメトロン、フルオロメトロン、レダコート、マキュエイド、トリアムシノロンアセトニド、ケナコルト−A、オルテクサー、トリシノロン、ノギロン、アフタッチ、アルメタ、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、タルメア、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、ソルコート、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、リンデロン、ベタメタゾン、サンベタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、ベルベゾロン、リノロサール、ステロネマ、ベトネベート、ノルコット、ベタメタゾン吉草酸エステル、デルモゾール、ヒズボット、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、アンテベート、サレックス、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、フルコート、フルオシノロンアセトニド、テクスメテン、ネリゾナ、ドレニゾン、トプシム、フルオシノニド、パルミコート、ブデソニド、ゼンタコート、レクタブル、ダイアコート、ジフロラゾン酢酸エステル、ビスダーム、アズマネックス、フルメタ、モメタゾンフランカルボン酸エステル、ナゾネックス、モメタゾン、リノコート、ベクロメタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、キュバール、サルコート、パラナイン、フルナーゼ、フルチカゾン、フルチカゾンプロピオン酸エステル、フルタイド、アラミスト、アニュイティ、マイザー、ジフルプレドナート、コムクロ、デルモベート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、グリジール、コートン、オルベスコ、フロリネフ、エクラー、)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
ナイクリン 血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
卵胞ホルモン (プロセキソール、エストラーナ、ジュリナ、ディビゲル、ル・エストロジェル、プロギノン、ペラニン、エストリオール、ホーリン、エストリール、プレマリン)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
イソニアジド (イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
ピラジナミド (ピラマイド)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
フェノチアジン系抗精神病薬 (クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
チアジド系利尿薬 (ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
フェニトイン (アレビアチン、ヒダントール)
血糖降下作用が弱まり、血糖値のコントロールができなくなる場合があります。
甲状腺ホルモン補充薬 (チラーヂン、レボチロキシンNa、チロナミン)
血糖値や患者の状態を観察しながら使用する必要があります。

服用できない方

  • ・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
  • ・ナテグリニドに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・透析を必要とするような重篤な腎機能障害のある方
  • ・妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  • ・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の方

副作用

重篤な副作用

低血糖、心筋梗塞、突然死、肝機能障害、黄疸

その他の副作用

肝臓 肝機能異常(LDH上昇、AST上昇、γ-GTP上昇、ALT上昇等)
血液 血小板減少、白血球減少、貧血
消化器 腹部膨満感、胃もたれ感、軟便、嘔気、腹痛、便秘、下痢、舌炎、口内炎、口渇、嘔吐、放屁増加
腎臓 腎機能障害
代謝 尿酸上昇、ピルビン酸上昇、血清カリウム上昇、乳酸上昇
過敏症 多形紅斑、発疹、じん麻疹、そう痒感
その他 胸部圧迫感、味覚異常、頭痛、動悸、勃起障害、熱感、体重増加、浮腫(顔面、下肢等)、筋痙攣、かすみ目、めまい、倦怠感、眠気、頻尿、ほてり

保管方法

・直射日光を避けられる場所で保管してください
・子供の誤飲などを防ぐため、子供の手の届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ノルバスクジェネリック

カレラ

コルヒチン

価格

¥2800

¥1880

¥2300

メーカー

Cipla

Himalaya Herbals

Aspen Pharmacare Australia

 

ユーザーレビュー

3件のレビュー

星5
 
33%
星4
 
33%
星3
 
33%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★
  • 40件のいいね

前に飲んでいた薬の代替品として購入。しばらく飲み続けてみたところ、大体同じくらいの効果がありました。時々副作用なのか腹痛が起きるのが気になりますが、血糖値がきちんと下がるのでしばらく使い続けたいと思います。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • 40件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

MaSiO

前に飲んでいた薬の代替品として購入。しばらく飲み続けてみたところ、大体同じくらいの効果がありました。時々副作用なのか腹痛が起きるのが気になりますが、血糖値がきちんと下がるのでしばらく使い続けたいと思います。

匿名

なかなか病院に行けないから、常備薬として定期的に買って飲んでるけど、今のところは副作用なく使えてます。毎回病院に行って治療薬もらうのは大変だから、とにかく助かってます。

匿名

病院でもらっているスターシスと同じ効き目です!でもこっちのほうが安いし、コスパいいです!糖尿病、長い付き合いになりそうなんで、これ飲んでしっかり治したいと思います!

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。