【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

APOゾピクロン

APOゾピクロン1 APOゾピクロン2 APOゾピクロン3 APOゾピクロン4
  • 睡眠薬

0件のレビュー

政令の改正により、ゾピクロンを含有する医薬品が向精神薬に指定され、(新薬、ジェネリック医薬品ともに)輸入禁止となりました。

APOゾピクロンはゾピクロンを配合した睡眠薬であるアモバンのジェネリック医薬品です。
国内でもアモバンは処方されているため、既にアモバンを処方されて使っているような場合はそのままAPOゾピクロンへ変更しても効果などに違和感なく移行可能です。
国内での処方は病院での診察が必須ですが、通販を利用した場合は欲しい分だけ購入できたり、前もって買いだめしておくといったことも可能となっており、便利にお使いいただけます。

店長のオススメポイント

  • 国内でも処方されている薬のジェネリック
  • 入眠障害に対して高い効果を持つ

APOゾピクロン 7.5mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
7.5mg × 30錠 ¥3,600(¥120/錠) ¥2,900(¥97/錠) 87pt
7.5mg × 60錠 ¥7,200(¥120/錠) ¥5,300(¥88/錠) 159pt
7.5mg × 90錠 ¥10,800(¥120/錠) ¥7,360(¥82/錠) 220pt

商品概要

商品名 APOゾピクロン
成分 ゾピクロン
効果 睡眠薬
副作用 ふらつき、転倒、倦怠感
飲み方 1錠を就寝の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
製造元 Apotex Europe

商品詳細

APOゾピクロンの効果

有効成分であるゾピクロンが脳の興奮を鎮める作用があります。
この作用によって興奮が落ち着いて自然な眠りへと誘います。
短時間型の睡眠薬となっており、効果時間は長くても4時間程であるため不眠のなかでも入眠障害に対して高い効果をもっています。

APOゾピクロンの服用方法

服用量

1回1錠を水かぬるま湯で服用します。
1日の上限服用量は10mgとなっているため、基本的に2錠以上の服用は厳禁です。
過剰に服用しても効果が高まるといったことはなく、副作用のリスクが高くなってしまいます。
また、肝障害があるといったような場合には、ピルカッターなどで半錠にしたもので効果の強さを確認していくといった工夫が必要になります。

タイミング

就寝の1時間程前に服用することで、効果の発現時間と就寝時間が同じになるため最適な服用タイミングは就寝の1時間前となっています。

APOゾピクロンの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの中枢神経抑制作用とゾピクロンの中枢神経抑制作用が相互に働くため、効果が強まる恐れがあります。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

飲酒 アルコール
飲酒時に、服用すると中枢神経の抑制作用が増強されるおそれがあります。
CYP3A4誘導薬 アクトス、ピオグリタゾン、ミコブティン、タルグレチン、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、アレビアチン、ヒダントール、イソミタール、トランコロン、ノーモサング、アメナリーフ、サンテゾーン、デキサメタゾン、アフタゾロン、デカドロン、レナデックス、デキサメサゾン、オイラゾン、オルガドロン、テイカゾン、ソルコート、デキサート、D・E・X、ビジュアリン、リメタゾン、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、エリザス、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、リフキシマ、トラクリア、ボセンタン、リファジン、リファンピシン、ストックリン、インテレンス、ゼルボラフ、タフィンラー、アーリーダ、ホストイン、テグレトール、カルバマゼピン、モディオダール、メサペイン、ジャドニュ、デフェラシロクス
ゾピクロンの代謝が促進されることで、効果が弱まるおそれがあります。
筋弛緩薬、中枢神経抑制剤 ボトックスビスタ、ボトックス、ナーブロック、ベクロニウム、エスラックス、ロクロニウム臭化物、スキサメトニウム、レラキシン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、ラボナール、ラボナ、イソミタール、アイオナール、イソゾール、チトゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン
併用によって抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が強まる可能性があります。
CYP3A4阻害薬 ロズリートレク、レクシヴァ、レイアタッツ、ルリコン、ルボックス、ルコナック、ラベキュア、ラパリムス、ラニチジン、ミコナゾール硝酸塩、マインベース、ボリコナゾール、ホメピゾール、ボノサップ、フロリード、ブロモクリプチン、プロセキソール、プロジフ、プロイメンド、プレバイミス、フルボキサミンマレイン酸塩、フルコナゾール、ブリリンタ、プリジスタ、ブイフェンド、ビカルタミド、パピロック、バクシダール、パーロデル、ノルフロキサシン、ノフロ、ノクサフィル、ノービア、ノウリアスト、ネオーラル、ネイリン、ニゾラール、デプロメール、テネリア、ディアコミット、ダフクリア、タガメット、タオン、ジョサマイシン、ジョサマイ、シメチジン、ジフルカン、シクロスポリン、サンディミュン、ザンタック、ザーコリ、ケトコナゾール、クロトリマゾール、クラリスロマイシン、クラリス、クラリシッド、カレトラ、カソデックス、カイロック、オラビ、オラデオ、エンペシド、エリスロマイシン、エリスロシン、エクリラ、イメンド、イトリゾール、イトラコナゾール、アリミデックス、アプレピタント、アナストロゾール
ゾピクロンの代謝が阻害されることで、効果が強まるおそれがあります。

服用できない方

  • ・ゾピクロンまたはエスゾピクロンに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・重症筋無力症の方
  • ・急性閉塞隅角緑内障の方
  • ・肺性心、肺気腫、気管支喘息及び脳血管障害の急性期等で呼吸機能が高度に低下している方

副作用

重大な副作用

依存症、呼吸抑制、肝機能障害、精神症状、意識障害、一過性前向性健忘、もうろう状態、アナフィラキシー

その他の副作用

精神神経系 錯感覚、ふらつき、眠気、頭重、頭痛、不快感、めまい
肝臓 AST(GOT)の上昇、ALT(GPT)の上昇、Al-Pの上昇
腎臓 蛋白尿、BUNの上昇
血液 白血球減少、ヘモグロビン減少、赤血球減少、血小板減少
消化器 消化不良、口中のにがみ、口渇、嘔気、食欲不振、口内不快感、胃部不快感等
過敏症 そう痒症、発疹
筋骨格 倦怠感、脱力感等の筋緊張低下症状
その他 転倒

保管方法

・高温多湿を避け、直射日光にあたらない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ハイプナイト

ルネスタ・ジェネリック

スリープスターター

価格

¥3220

¥3950

¥3380

メーカー

Consern Pharma

Sun Pharmaceutical

PatchMD

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。