【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

エフェクサー・ジェネリック

エフェクサー・ジェネリック1 エフェクサー・ジェネリック2 エフェクサー・ジェネリック3 エフェクサー・ジェネリック4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

エフェクサー・ジェネリックは日本国内でも処方されている抗うつ剤のジェネリック医薬品です。
インドに本拠を構える大手のジェネリック製薬会社によって作られているジェネリックであるため、商品に対する信頼性も高く、元となっている新薬も国内で認可、処方されていることから効果や安全性も高い信頼があります。
セロトニンのみに作用するSSRIと違い、ノルアドレナリンの減少を抑える作用を持つSNRIに分類される抗うつ薬で痛みを抑える作用もあるとされています。

店長のオススメポイント

  • ジェネリックだから効果は証明済み
  • SNRI系のジェネリック抗うつ薬

エフェクサー・ジェネリック 75mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
75mg × 100錠 ¥5,500(¥55/錠) ¥4,850(¥49/錠) 145pt

エフェクサー・ジェネリック 150mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
150mg × 100錠 ¥8,000(¥80/錠) ¥7,100(¥71/錠) 213pt

商品概要

商品名 エフェクサー・ジェネリック
成分 ベンラファキシン塩酸塩
効果 抗うつ剤/精神安定剤
副作用 動悸、傾眠、振戦など
飲み方 1日1回1錠を水かぬるま湯で食後に服用します。
製造元 Cipla

商品詳細

エフェクサー・ジェネリックの効果

有効成分であるベンラファキシン塩酸塩が体内に取り込まれ代謝された物質のO-脱メチルベンラファキシンが、セロトニンやノルアドレナリンの取り込みを阻害し、セロトニン量やノルアドレナリン量の減少を防ぎ、精神を安定させます。

エフェクサー・ジェネリックの服用方法

服用量

初めて服用する場合、ピルカッターなどを用いて半錠から服用を行い、1週間後から1回1錠を水またはぬるま湯で服用します。
年齢や症状などに応じて服用量を増減させることが出来ますが、1日の上限量は3錠までとなっており、服用量を増減させる場合は、1週間以上の間隔をあける必要があり、増価させる量も1錠ずつとなっています。

タイミング

服用のタイミングは食後となっています。

エフェクサー・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

抗うつ剤の作用を増強するおそれがあるため、アルコールとの併用は避けるのが望ましいとされています。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害薬 エフピー、セレギリン塩酸塩、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン
併用することで発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡等の症状があらわれることがあります。

併用注意

飲酒 アルコール
他の抗うつ剤で作用の増強が報告されているため、併用を避けるのが望ましいです。
メチルチオニニウム塩化物水和物 メチレンブルー
セロトニン症候群があらわれるおそれがあります。
セロトニン作用薬 リーマス、炭酸リチウム、イフェクサー、トレドミン、ミルナシプラン塩酸塩、サインバルタ、デュロキセチン、パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト、セルトラリン、フルボキサミンマレイン酸塩、デプロメール、ルボックス、レクサプロ、ツートラム、ワントラム、トラマール、イミグラン、スマトリプタン、アマージ、ナラトリプタン、ゾーミッグ、ゾルミトリプタン、マクサルト、リザトリプタン、レルパックス、エレトリプタン、ザイボックス、リネゾリド
セロトニン作用を増強することにより、セロトニン症候群等があらわれるおそれがあります。
セントジョーンズワート含有食品 セロトニン作用を増強することにより、セロトニン症候群等があらわれるおそれがあります。本剤及びO-脱メチル体の血中濃度が低下するおそれがあります。
エピネフリン、ノルエピネフリン エピペン、ボスミン、ノルアドレナリン
心血管作用、血圧上昇等が増強することがあります。
抗凝固剤 アスピリン、バイアスピリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、スミル、ファルジー、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、インテバン、カトレップ、コリフメシン、ハップスター、ラクティオン、インテナシン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、ジソペイン、バキソ、ピロキシカム、バキソ、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、イブプロフェン、ブルフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、モーラス、ミルタックス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、スルガム、アルボ、ニフラン、プラノプロフェン、プロラノン、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキフェン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、ルメンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、サリチル酸Na、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、メサラジン、スピール膏、サリチル酸メチル、サリチル酸、スルピリン、ワルファリンK、ワーファリン
出血傾向が増強するおそれがあります。
ハロペリドール セレネース、ハロペリドール、ハロマンス
ハロペリドールの血中濃度が上昇するおそれがあります。
イミプラミン塩酸塩 イミドール、トフラニール
イミプラミンの活性代謝物の血中濃度が上昇するおそれがあります。
シメチジン カイロック、タガメット、シメチジン
本剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。
CYP3A4阻害剤 オラビ、フロリード、ミコナゾール硝酸塩、ザンタック、ラニチジン、ブリリンタ、ニゾラール、ケトコナゾール、エリスロマイシン、エリスロシン、ノフロ、ノルフロキサシン、バクシダール、ブイフェンド、ボリコナゾール、ノービア、カレトラ、プレバイミス、ザーコリ、ネイリン、ロズリートレク、エンペシド、クロトリマゾール、タオン、カイロック、タガメット、シメチジン、ラベキュア、ボノサップ、イメンド、アプレピタント、プロイメンド、ダフクリア、テネリア、ジフルカン、フルコナゾール、プロジフ、ルリコン、ルコナック、パーロデル、ブロモクリプチン、プロセキソール、ジョサマイシン、ジョサマイ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、マインベース、イトリゾール、イトラコナゾール、ノクサフィル、レクシヴァ、レイアタッツ、プリジスタ、カソデックス、ビカルタミド、アリミデックス、アナストロゾール、ラパリムス、パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ディアコミット、デプロメール、ルボックス、フルボキサミンマレイン酸塩、エクリラ、ホメピゾール、ノウリアスト、オラデオ
本剤及びO-脱メチル体の血中濃度が上昇するおそれがあります。
メトプロロール酒石酸塩 セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩
メトプロロールの血中濃度が上昇するおそれや降圧作用が減弱するおそれがあります。
インジナビル硫酸塩エタノール付加物 インジナビルの血中濃度が低下するおそれがあります。
リスペリドン リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン
リスペリドンの血中濃度が上昇するおそれがあります。

服用できない方

  • ・ベンラファキシン塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある方
  • ・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
  • ・重度の肝機能障害(Child-Pugh分類C)の方
  • ・重度の腎機能障害(糸球体ろ過量15mL/min未満)の方又は透析中の方

副作用

重大な副作用

セロトニン症候群、悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍、心室細動、痙攣、アナフィラキシー、中毒性皮脂壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形紅斑、横紋筋融解症、無顆粒球症、再生不良性貧血、汎血球減少症、好中球数減少、血小板数減少、間質性肺疾患、高血圧クリーゼ、尿閉

その他の副作用

過敏症 発疹、そう痒症、じん麻疹、血管浮腫、光線過敏性反応
精神・神経系 傾眠、浮動性めまい、頭痛、不眠症、易刺激性、異常感覚(錯感覚、感覚鈍麻等)、筋緊張亢進(筋骨格硬直、筋痙縮等)、振戦、躁病、激越、落ち着きのなさ、幻覚、せん妄、異常な夢(悪夢等)、無感情、失神、味覚異常、リビドー減退、アカシジア、ジスキネジー、ミオクローヌス、錯乱状態、神経過敏、鎮静、離人症、錐体外路障害(ジストニーを含む)、協調運動障害、平衡障害
消化器 悪心、腹部不快感(腹痛、膨満、便秘等)、口内乾燥、嘔吐、下痢、食欲減退、膵炎、歯ぎしり
感覚器 調節障害、耳鳴、視覚障害、散瞳、閉塞隅角緑内障
循環器 動悸、血圧上昇、頻脈、血圧低下、起立性低血圧
血液 異常出血(斑状出血、粘膜出血、胃腸出血等)、出血時間延長
肝臓 肝機能検査値異常(ALT・AST・γ-GTP・LDH・Al-P・血中ビリルビンの上昇等)、肝炎
泌尿器・生殖器 排尿困難、頻尿、月経障害、射精障害、勃起不全、尿失禁、オルガズム障害、無オルガズム症
代謝・内分泌 血中コレステロール増加、低ナトリウム血症、血中プロラクチン増加
その他 体重減少、発汗(寝汗等)、無力症(疲労、倦怠感等)、ほてり、体重増加、あくび、悪寒、呼吸困難、脱毛症、骨折

保管方法

・劣化を防ぐため、高温多湿を避けて子供の手が届かない場所に保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

コントミン・ジェネリック

レクサプロ・ジェネリック

ジェリフォルテ (ストレスケア)

価格

¥2600

¥3050

¥1700

メーカー

DD Pharmaceuticals

Cipla

Himalaya Herbals

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。