【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

セルティマ(ゾロフト)

セルティマ(ゾロフト)1 セルティマ(ゾロフト)2 セルティマ(ゾロフト)3 セルティマ(ゾロフト)4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

セルティマは国内で処方されている抗うつ剤のジェイゾロフトのジェネリック医薬品です。
国内でも処方されている治療薬のジェネリックであるため、国内で認可された成分ということでもあり安心して使えるというメリットがあります。
また、ジェネリックであるセルティマは価格が1錠当たり40~80円と非常に安価であり、成分量も25、50、100mgと3種展開されています。
ピルカッターを用いて成分量が多いものを分割することで、更に安価で服用することができるようになっているため鬱病治療にかかる費用を抑えるのにも役立ってくれます。

店長のオススメポイント

  • ジェイゾロフトのジェネリックだから安心
  • 3種類の成分量があるから自分に合った量を選びやすい

セルティマ(ゾロフト) 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 100錠 ¥6,000(¥60/錠) ¥4,400(¥44/錠) 132pt

セルティマ(ゾロフト) 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 100錠 ¥8,500(¥85/錠) ¥7,400(¥74/錠) 222pt

セルティマ(ゾロフト) 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 100錠 ¥10,000(¥100/錠) ¥8,000(¥80/錠) 240pt

商品概要

商品名 セルティマ(ゾロフト)
成分 セルトラリン
効果 抗うつ剤/精神安定剤
副作用 リビドー減退、頭痛、発疹など
飲み方 1日1回25~100mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Intas Pharmaceuticals

商品詳細

セルティマ(ゾロフト)の効果

セルティマの有効成分である、セルトラリン塩酸塩が脳内のセロトニン再取り込みを阻害することによって、セロトニン量を保つことで抗うつ作用を発揮します。

セルティマ(ゾロフト)の服用方法

服用量

初期は25mgから服用を始め、1日100mgを上限として症状や年齢に合わせて服用量を適宜増減します。
1日の服用回数は1回となっており、服用の上限量は100mgとなっています。
服用上限を越えないように服用する必要がある点に注意が必要です。

タイミング

服用のタイミングに関する指定はないため、継続して服用できるタイミングで服用します。

セルティマ(ゾロフト)の注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

他の抗うつ剤との併用で抗うつ作用の増強が報告されているため、本剤とアルコールの併用は非推奨となっています。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害剤 アジレクト、セレギリン塩酸塩、エクフィナ、シュピー、ヒドラ、ネオイスコチン、イスコチン
全身痙攣や昏睡などの症状があらわれるおそれがあります。
ピモジド オーラップ
ピモジドの血中濃度が高まり、QT延長のおそれが高まります。

併用注意

リネゾリド、メチルチオニニウム塩化物水和物 ザイボックス、リネゾリド、メチレンブルー
セロトニン症候群があらわれるおそれがあります。
5-HT1B/1D受容体作動薬 ゾルミトリプタン、ゾーミッグ、エレトリプタン、レルパックス、スマトリプタン、イミグラン
錯乱、不安、興奮、脱力などの症状があらわれるおそれがあります。
L-トリプトファンを含有する製剤、トラマドール塩酸塩、セイヨウオトギリソウ含有食品 ツートラム、トラマール、ワントラム
セロトニン作用が強まる可能性があります。
炭酸リチウム 炭酸リチウム、リーマス
セロトニンに関する副作用が強くなる可能性があります。
飲酒 アルコール
他の抗うつ剤で作用が強まったという報告があるため、併用は避けるのが望ましいです。
シメチジン シメチジン、タガメット、カイロック
セルトラリン塩酸塩の代謝が阻害され、本剤の血中濃度が高くなったという報告があります。
血糖降下薬 トルブタミド、メトグルコ、グリコラン、メトホルミン塩酸塩、メトホルミン、ジベトス、ブホルミン塩酸塩、オイグルコン、ダオニール、グリベンクラミド、クロルプロパミド、グリミクロン、グリクラジド、グリメピリド、アマリール、ジメリン、デアメリン、グルコバイ、アカルボース、セイブル、ミグリトール、ボグリボース、ベイスン、ピオグリタゾン、アクトス、ジャヌビア、グラクティブ、エクア、オングリザ、ネシーナ、トラゼンタ、テネリア、ザファテック、スイニー、マリゼブ、バイエッタ、ビデュリオン、ビクトーザ、リキスミア、トルリシティ、オゼンピック、リベルサス、フォシーガ、カナグル、ジャディアンス、アプルウェイ、デベルザ、ルセフィ、スーグラ、シュアポスト、レパグリニド、スターシス、ファスティック、ナテグリニド、グルファスト、ミチグリニドCa
トルブタミドの代謝が阻害されたとの報告があります。
ワルファリン ワルファリンK、ワーファリン
ワルファリンのプロトロンビン反応時間曲線下面積が増加したとの報告があります。
非定型抗精神病剤、フェノチアジン系薬剤、三環形抗うつ剤、非ステロイド系抗炎症剤、ワルファリン ワルファリンK、ワーファリン、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、スミル、ファルジー、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インテナシン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、ジソペイン、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、イブプロフェン、ブルフェン、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、スルガム、アルボ、ニフラン、プラノプロフェン、プロラノン、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、ロキフェン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、ルメンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、リアルダ、メサラジン、サリチル酸、スピール膏、サリチル酸メチル、スルピリン、イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、テシプール、セチプチリンマレイン酸塩、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、クロザリル、ジプレキサ、オランザピン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、エビリファイ、アリピプラゾール、インヴェガ、ゼプリオン、ルーラン、ペロスピロン塩酸塩、ロナセン、ブロナンセリン
異常出血の報告があります。
三環系抗うつ剤 イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、テシプール、セチプチリンマレイン酸塩
上記薬剤の血中濃度が高まり作用が強まる恐れがあります。

服用できない方

  • ・MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の方
  • ・ピモジドを投与中の方
  • ・セルトラリン塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある方

副作用

重大な副作用

セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、昏睡、肝機能障害、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、中毒性表皮壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群、アナフィラキシー、QT延長、心室頻拍

その他の副作用

精神系 睡眠障害、錯乱状態、悪夢、易刺激性、易興奮性、うつ病、躁病、精神症、多幸症、リビドー減退、記憶障害、注意力障害、攻撃的反応、不安、焦燥、興奮、幻覚
神経系 傾眠、頭痛、浮動性めまい、振戦、感覚減退、起立性めまい、味覚異常、頭部不快感、運動障害、錯感覚、不随意性筋収縮、ジスキネジー、ジストニー、片頭痛、失神
感覚器 調節障害、視覚異常、耳鳴、耳閉感、回転性眩暈、散瞳
循環器 動悸、起立性低血圧、血圧低下、血圧上昇、頻脈
肝臓 ALT増加、AST増加、γ-GTP増加、LDH増加、Al-P増加、総ビリルビン増加、直接ビリルビン増加
血液 白血球数増加又は減少、単球増加、血小板数減少、出血傾向、血小板機能異常、紫斑、斑状出血、皮下出血
消化器系 悪心・嘔吐、口内乾燥、下痢・軟便、便秘、腹部不快感、腹痛、腹部膨満、消化不良、食欲不振、胃腸障害、食欲亢進、膵炎
過敏症 発疹、蕁麻疹、そう痒症、顔面浮腫、眼窩周囲浮腫、光線過敏性反応
泌尿器・生殖器 排尿困難、尿閉、頻尿、性機能障害、月経障害、尿失禁・夜尿、乳汁漏出症、女性化乳房
筋・骨格系 背部痛、関節痛、筋緊張異常、開口障害
代謝・内分泌 総蛋白減少、総コレステロール増加、尿糖、尿蛋白、甲状腺機能低下症、低ナトリウム血症、高プロラクチン血症、血糖異常
その他 倦怠感、多汗、無力症、熱感、異常感、胸痛、胸部圧迫感、疲労、発熱、ほてり、悪寒、体重減少、体重増加、末梢性浮腫、あくび、脱毛症、気管支痙攣

保管方法

・直射日光が当たらず、子供の手が届かない冷暗所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

フルニル(プロザック)

コントミン・ジェネリック

ラミクタール

価格

¥2150

¥2600

¥2700

メーカー

Intas Pharmaceuticals

DD Pharmaceuticals

GlaxoSmithKline

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。