【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

コビックス(セレコックス)

コビックス(セレコックス)1 コビックス(セレコックス)2 コビックス(セレコックス)3 コビックス(セレコックス)4
  • 関節痛・偏頭痛・肩こり

0件のレビュー

コビックスは関節リウマチや変形性関節症などによる炎症や痛みを緩和・改善する治療薬です。
日本国内で処方されているセレコックスと同じ有効成分であるセレコキシブを配合しているセレコックスジェネリックであり、安価で購入していただけます。
コビックスに配合されている有効成分量は200mgと国内で処方されているセレコックスと変わらないため、既にセレコックス200mgを服用されている方は、同じ感覚でコビックスをそのまま使っていただけます。
ただし、セレコックス100mgを服用されている場合は、ピルカッターなどでコビックスを半錠に分割して頂く必要があります。

店長のオススメポイント

  • 国内処方されている痛み止めと同じ成分で安心
  • ジェネリックだから安価で購入できる

コビックス(セレコックス) 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 30錠 ¥1,800(¥60/錠) ¥1,420(¥47/錠) 42pt
100mg × 60錠 ¥3,600(¥60/錠) ¥2,750(¥46/錠) 82pt
100mg × 120錠 ¥7,200(¥60/錠) ¥5,300(¥44/錠) 159pt

コビックス(セレコックス) 200mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
200mg × 30錠 ¥2,400(¥80/錠) ¥1,960(¥65/錠) 58pt
200mg × 60錠 ¥4,800(¥80/錠) ¥3,850(¥64/錠) 115pt
200mg × 120錠 ¥9,600(¥80/錠) ¥7,570(¥63/錠) 227pt

商品概要

商品名 コビックス(セレコックス)
成分 セレコキシブ
効果 痛み止め
副作用 傾眠、腹痛、発疹など
飲み方 1日2回、朝夕食後に100~200mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Cipla

商品詳細

コビックス(セレコックス)の効果

コビックスの有効成分であるセレコキシブは、炎症反応を誘導する酵素であるシクロオキシナーゼの働きを阻害します。
シクロオキシナーゼはアラキドン酸に作用して「痛み」、「腫れ」、「熱」などの症状を引き起こすプロスタグランジンを作ります。
セレコキシブによってシクロオキシナーゼの作用が阻害されることで、プロスタグランジンの生成が抑制され痛みや腫れなどを緩和・改善へと導きます。

コビックス(セレコックス)の服用方法

服用量

症状によって服用量が変化します。
・変形性関節症、腰痛症など
1日2回、1回あたり100mgを水かぬるま湯で服用します。
・関節リウマチ
1日2回、1回あたり100~200mgを水かぬるま湯で服用します。

コビックスを過剰に服用しても抗炎症・鎮痛作用が高まるといったことはありません。
副作用リスクが高まってしまうため、適切な用法用量を守ってご使用ください。

タイミング

1日2回の服用タイミングは、朝食と夕食の食後となっています。
適切なタイミングで服用することで副作用や効果減弱などのリスクを下げることができます。

コビックス(セレコックス)の注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

ACE阻害剤、アンジオテンシンII受容体拮抗剤 カプトリル、カプトプリル、レニベース、エナラプリル、エナラプリルマレイン酸塩、ゼストリル、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、コナン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、シラザプリル、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル、ニューロタン、ロサルタンK、ロサルタンカリウム、ディオバン、バルサルタン、アバプロ、イルベタン、イルベサルタン、ブロプレス、カンデサルタン、ミカルディス、テルミサルタン、オルメテック、オルメサルタン、アジルバ
上記薬剤の降圧作用を弱めるおそれがあります。
フロセミド、チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド、ラシックス、フロセミド
上記薬剤の排泄作用を低下させるおそれがあります。
アセチルサリチル酸 アスピリン、バイアスピリン
副作用の消化性潰瘍や消化管出血等の発生率が高くなるおそれがあります。
抗血小板薬 プラビックス、クロピドグレル、パナルジン、チクロピジン、チクロピジン塩酸塩、エフィエント、ロコルナール、トラピジル、ドメナン、オザグレル、カタクロット、キサンボン、オキリコン、オザグレルNa、オザグレルナトリウム、シグマート、ニコランジル、アスピリン、バイアスピリン、ペルサンチン、ジピリダモール、フローラン、エポプロステノール、ベンテイビス、ケアロード、ベラサス、ドルナー、プロサイリン、ベラプロストNa、ベラプロストナトリウム、トレプロスト、プレタール、シロスタゾール、シロスレット、ホルダゾール、ブリリンタ、ウプトラビ、アンプラーグ、サルポグレラート塩酸塩、エパデール、イコサペント酸エチル、エパロース、オパルモン、プロレナール、リマプロストアルファデクス
消化管出血のリスクが高まるおそれがあります。
リチウム リーマス、炭酸リチウム
上記薬剤の作用が強まるおそれがあります。
フルコナゾール ジフルカン、フルコナゾール
セレコキシブの血中濃度が高まり、作用が強まるおそれがあります。
フルバスタチン ローコール、フルバチスタン
フルバチスタン及びセレコキシブの血中濃度が高まり、作用が強まるおそれがあります。
クマリン系抗凝固薬 ワルファリンK、ワーファリン
プロトロンビン時間が延長するおそれがあります。
パロキセチン バキシル、パロキセチン
パロキセチンの血中濃度が高まり、作用が強まるおそれがあります。また、セレコキシブの血中濃度が低下し、作用が弱まるおそれもあります。
デキストロメトルファン メジコン、アストマリ、デキストロメトルファン臭化水素酸塩
上記薬剤の血中濃度が高まり、作用が強まるおそれがあります。
制酸薬 炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、重質炭酸マグネシウム、重質酸化マグネシウム、重カマ、マグミット、ミルマグ、乾燥水酸化アルミニウムゲル、合成ケイ酸アルミニウム、アドソルビン、アイスフラット、アシドレス、タイメック、ディクアノン、マグテクト、マックメット、マルファ、マーレッジ、マーロックス、リタロクス、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、炭酸水素ナトリウム、重曹、バイフェル、メイロン、重ソー
セレコキシブの血中濃度が低下し、作用が弱まるおそれもあります。

服用できない方

  • ・セレコキシブ又はスルホンアミドに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・アスピリン喘息又はその既往歴のある方
  • ・消化性潰瘍のある方
  • ・重篤な肝障害のある方
  • ・重篤な腎障害のある方
  • ・重篤な心機能不全のある方
  • ・冠動脈バイパス再建術の周術期の方
  • ・妊娠末期の方

副作用

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔、心筋梗塞、脳卒中、心不全、うっ血性心不全、肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、急性腎不全、間質性腎炎、中毒性表皮壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎、間質性肺炎

その他の副作用

全身 倦怠感、口渇、末梢性浮腫、悪寒、全身浮腫、疲労、ほてり、体重増加、インフルエンザ様疾患
精神・神経系 傾眠、頭痛、浮動性めまい、味覚異常、酩酊感、体位性めまい、感覚鈍麻、意識レベルの低下、不眠症、睡眠障害、錯乱状態、不安、幻覚、筋緊張亢進、無嗅覚
肝胆道系 ALT増加、AST増加、γ-GTP増加、Al-P増加、血中ビリルビン増加、尿ウロビリノーゲン陽性
代謝・栄養 BUN増加、CK増加、食欲不振、LDH増加、尿糖陽性、糖尿病、血中カリウム増加、血中ナトリウム増加
消化器 腹痛、口内炎、下痢、便潜血陽性、悪心、鼓腸、消化不良、便秘、胃炎、口内乾燥、舌障害、嘔吐、口角びらん、腹部膨満、上腹部痛、胃不快感、胃腸障害、舌炎、口腔内痛、食道炎、口の感覚鈍麻、アフタ性口内炎、口腔粘膜水疱形成、心窩部不快感、胃腸炎、歯の脱落、口腔内潰瘍、嚥下障害、胃食道逆流性疾患、膵炎、憩室、過敏性腸症候群、痔出血、排便回数増加
泌尿器 β2-マイクログロブリン増加、NAG増加、尿潜血陽性、尿蛋白陽性、多尿、尿閉、頻尿、腎機能障害、腎結石症、良性前立腺肥大症、前立腺炎、PSA増加、血中クレアチニン増加
循環器 高血圧、潮紅、動悸、高血圧増悪、循環虚脱、不整脈、頻脈、洞性徐脈、狭心症、不安定狭心症、大動脈弁閉鎖不全症、冠動脈硬化症、心室肥大、深部静脈血栓症、血腫
呼吸器 咽頭炎、鼻出血、鼻咽頭炎、気管支炎、咳嗽、鼻炎、副鼻腔炎、呼吸困難、発声障害
皮膚 発疹、そう痒症、顔面浮腫、紅斑性皮疹、湿疹、蕁麻疹、薬疹、点状出血、斑状丘疹状皮疹、皮膚乾燥、頭部粃糠疹、多汗、皮膚炎、紅斑、斑状出血、光線過敏性反応、脱毛症、水疱性皮膚炎
感覚器 耳鳴、回転性めまい、耳痛、霧視、眼そう痒症、硝子体浮遊物、結膜出血、聴力低下
その他 背部痛、筋硬直、関節痛、四肢痛、不正子宮出血、月経障害、ウイルス感染、細菌性腸炎、頚部痛、貧血、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン増加、真菌感染、細菌感染、ヘリコバクター感染、尿路感染、上気道感染、耳感染、帯状疱疹、丹毒、創傷感染、歯肉感染、迷路炎、アレルギー増悪、無菌性髄膜炎、筋痙縮、脂肪腫、ガングリオン、膣出血、乳房圧痛、卵巣のう胞、閉経期症状、血中テストステロン減少、上顆炎、腱断裂、骨折、損傷

保管方法

・子供の誤飲を避けるため、手の届かない場所で保管して下さい。
・直射日光や高温多湿を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ゾルミスト

ザクロフェン

シャッラキ (関節炎)

価格

¥2600

¥3600

¥1600

メーカー

Cipla

Consern Pharma

Himalaya Herbals

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。