【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

スピロノラクトン(アルダクトン)

スピロノラクトン(アルダクトン)1 スピロノラクトン(アルダクトン)2 スピロノラクトン(アルダクトン)3 スピロノラクトン(アルダクトン)4
  • AGA
  • プロペシア

0件のレビュー

スピロノラクトンは本来、体内の水分量を調整することで血圧を下げる利尿剤です。
しかし、有効成分であるスピロノラクトンはAGAの原因となるジヒドロテストステロンに作用し、その働きを阻害します。
その結果、脱毛が抑制されることでAGAによる薄毛治療の効果にも期待できるようになっています。
所謂、プロペシアなどとは有効成分が違っているため、副作用などでプロペシアを使うことができなかったという方でも、スピロノラクトンであれば使えるという可能性があります。

店長のオススメポイント

  • 高血圧とAGAの両方に効果
  • 1錠あたり53円と安価

スピロノラクトン(アルダクトン) 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 28錠 ¥2,990(¥106/錠) ¥2,100(¥75/錠) 63pt
100mg × 56錠 ¥4,680(¥83/錠) ¥3,400(¥61/錠) 102pt
100mg × 112錠 ¥8,000(¥71/錠) ¥5,920(¥53/錠) 177pt

商品概要

商品名 スピロノラクトン(アルダクトン)
成分 スピロノラクトン
効果 AGA改善、高血圧
副作用 倦怠感、食欲不振、眩暈など
飲み方 1日に1回、1錠を食前、または食後に服用します。
製造元 Bristol Laboratories

商品詳細

スピロノラクトン(アルダクトン)の効果

有効成分であるスピロノラクトンが腎小体の園医尿移管に作用して、ナトリウムと水分の排出を促進します。
この作用によって高血圧を抑制します。
また、スピロノラクトンはジヒドロテストステロンの働きを抑える作用があるため、脱毛を抑制しAGAを改善へと導きます。

スピロノラクトン(アルダクトン)の服用方法

服用量

1日の服用量は50~100mgとなっています。
そのため、ピルカッターを用いて半錠から1錠を水またはぬるま湯で服用してください。
過剰に摂取しても、効果が強まるということはありません。
副作用リスクが高まるため、過剰な服用は厳禁です。

タイミング

服用のタイミングは食前か食後となっています。

スピロノラクトン(アルダクトン)の注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

タクロリムス、エプレレノン タムリス、プロトピック、タクロリムス、グラセプター、プログラフ、セララ
高カリウム血症が発現することがあります。
ミトタン オペプリム
ミトタンの作用を阻害します。

併用注意

降圧剤、ACE阻害剤、カルシウム拮抗剤、β-遮断剤、利尿降圧剤等 カプトリル、カプトプリル、レニベース、エナラプリル、エナラプリルマレイン酸塩、ゼストリル、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、コナン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、シラザプリル、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル、カルビスケン、ピンドロール、ブロクリン、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、アルマイラー、アセタノール、ベトプティック、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、カルバン、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、トランデート、ラベタロール塩酸塩、アーチスト、カルベジロール、ピバレフリン、レボブノロール塩酸塩、ローガン、アロチノロール塩酸塩、アドビオール、ニプラノール、ハイパジール、ニプラジロール、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、dl−塩酸メチルエフェドリン、メチエフ、メチルエフェドリン、ヒドロクロロチアジド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ベハイド、ラシックス、フロセミド、ルプラック、トラセミド、ダイアート、アゾセミド、バイカロン、メフルシド、テナキシル、ナトリックス、アルダクトン、スピロノラクトン、ソルダクトン、カンレノ酸カリウム、セララ、トリテレン、サムスカ、フィズリン、レスピア、カフェイン、カフェイン水和物
降圧作用を増強することがあります。
ACE阻害剤、アリスキレン、カリウム製剤、カリウム保持性利尿剤、トリアムテレン、カンレノ酸カリウム、シクロスポリン、ドロスピレノン、アンジオテンシンII受容体拮抗剤 パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン、ソルダクトン、カンレノ酸カリウム、トリテレン、アルダクトン、スピロノラクトン、セララ、ラジレス、ニューロタン、ロサルタンK、ロサルタンカリウム、ディオバン、バルサルタン、アバプロ、イルベタン、イルベサルタン、ブロプレス、カンデサルタン、ミカルディス、テルミサルタン、オルメテック、オルメサルタン、アジルバ、カプトリル、カプトプリル、レニベース、エナラプリル、エナラプリルマレイン酸塩、ゼストリル、ロンゲス、リシノプリル、コバシル、ペリンドプリル、ペリンドプリルエルブミン、コナン、チバセン、ベナゼプリル塩酸塩、シラザプリル、オドリック、トランドラプリル、アデカット、エースコール、テモカプリル塩酸塩、タナトリル、イミダプリル塩酸塩、セタプリル、アラセプリル、K.C.L.、塩化カリウム、KCL、グルコンサンK、酢酸カリウム、アスパラ、L−アスパラギン酸K、L−アスパラギン酸カリウム、アスパラギン酸カリウム
高カリウム血症を誘発することがあります。
塩化アンモニウム、コレスチラミン 塩化アンモニウム、クエストラン
代謝性アシドーシスが起きる可能性があります。
ジゴキシン、メチルジゴキシン ジゴシン、ジゴキシン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
血中のジゴキシン、メチルジゴキシン濃度が上昇する可能性があります。
リチウム製剤 リーマス、炭酸リチウム
リチウム中毒を起こすことが報告されている
非ステロイド性消炎鎮痛剤 ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、スミル、ファルジー、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インテナシン
降圧作用が弱まったり、腎機能障害者で重度の高カリウム血症が報告されている
ノルエピネフリン ノルアドリナリン
ノルエピネフリンの血管反応性を低下させる可能性があります。
乳酸ナトリウム 乳酸Na
乳酸ナトリウムのアルカリ化作用を弱める可能性があります。

服用できない方

  • ・スピロノラクトンに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・無尿又は急性腎不全の方
  • ・高カリウム血症の方
  • ・アジソン病の方
  • ・タクロリムス、エプレレノン又はミトタンを投与中の方

副作用

重大な副作用

高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス、急性腎不全、中毒性表皮壊死融解症、スティーブンス・ジョンソン症候群

その他の副作用

内分泌 女性型乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、多毛、月経不順、無月経、閉経後の出血、音声低音化、乳房腫瘤、乳房痛
過敏症 発疹、蕁麻疹、そう痒
精神・神経系 眩暈、頭痛、四肢しびれ感、神経過敏、うつ状態、不安感、精神錯乱、運動失調、傾眠
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇
腎臓 BUN上昇
消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、口渇、下痢、便秘
血液 白血球減少、血小板減少
その他 倦怠感、心悸亢進、発熱、肝斑、筋痙攣、脱毛

保管方法

・子供の手が届かない場所で保管してください。
・湿度や高温を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ベルトリド

フィンペシア(プロペシア)

アボダート

価格

¥8900

¥1250

¥4400

メーカー

Intas Pharmaeutical

Cipla

GlaxoSmithKline

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。