【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

メトグルコ・ジェネリック

メトグルコ・ジェネリック1 メトグルコ・ジェネリック2 メトグルコ・ジェネリック3 メトグルコ・ジェネリック4
  • 生活習慣病

6件のレビュー

メトグルコ・ジェネリックは有効成分にメトホルミンを配合した糖尿病治療薬です。
メトグルコやグリコランといった名称で国内でもメトホルミンを配合した治療薬が認可・処方されています。
国内でも認可されている成分を配合した治療薬なので、安心してご利用いただけます。

また、メトグルコ・ジェネリック等を用いた糖尿病治療は継続して行う必要があります。
そのため、薬代を抑えられるジェネリックは非常に有用です。

店長のオススメポイント

  • 血糖を下げる治療薬のジェネリック
  • 継続使用が必要な薬だから治療費を抑えられる

メトグルコ・ジェネリック 500mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
500mg × 100錠 ¥3,000(¥30/錠) ¥2,600(¥26/錠) 78pt

商品概要

商品名 メトグルコ・ジェネリック
成分 メトホルミン
効果 糖尿病治療
副作用 下痢、貧血、嘔吐など
飲み方 1日2~3回、適量を水またはぬるま湯で服用します。
製造元 Intas Pharmaceuticals

商品詳細

メトグルコ・ジェネリックの効果

有効成分のメトホルミンには、肝臓で貯蔵されているグリコーゲンの分解を抑制する作用があります。
本来、グリコーゲンが分解されることで糖となって血糖値が上昇しますが、それが抑えられることで血糖値の上昇を抑制します。
また、骨格筋や脂肪組織への糖取り込みを促進します。
これによっても血糖値を下げる働きがあります。
更に、小腸からの糖吸収を抑制することで、血糖値の上昇を抑える作用も持っています。
これらの作用が相乗的に働くことで、効果的に血糖値を下げます。

メトグルコ・ジェネリックの服用方法

服用量

開始量として1日2~3回、合計500mgを水またはぬるま湯で服用します。
1日の上限量は750mgとなっています
ただし、適切な用量については効果を観察しながら決定する必要があります。
そのため、適切な用量を把握するには、専門医の指示を仰いでください。

タイミング

服用するタイミングは食後となっています。
1日に2~3回の服用が必要になるので、都度食後に服用する必要があります。

メトグルコ・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

血糖を抑える薬のため、不摂生な食事や食事摂取量不足での服用には注意が必要です。
また、糖尿病治療は食事療法との併用が基本となるため、適切な食事を行う必要があります。

アルコールの影響の有無

過度なアルコール摂取によって重篤な乳酸アシドーシスを起こす可能性があります。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

アルコール 乳酸アシドーシスを起こす可能性があります。

併用注意

糖尿病用薬 ピオグリタゾン、ビクトーザ、アカルボース、グルコバイ、グリクラジド、グルベス、グリミクロン、オングリザ、アプルウェイ、ノボラピッド、トレシーバ、トルリシティ、ジメリン、グルファスト、ナテグリニド、ランタス、リキスミア、マリゼブ、グリメピリド、リベルサス、ジャディアンス、セイブル、ダオニール、ザファテック、ベイスン、アマリール、スターシス、バイエッタ、ジャヌビア、テネリア、シュアポスト、ヒューマログ、スイニー、アピドラ、インスリンリスプロBS、レパグリニド、ルムジェブ、インスリンアスパルトBS、スーグラ、ファスティック、クロルプロパミド、オイグルコン、ボグリボース、オゼンピック、ミチグリニドCa、レベミル、ヒューマリン、グラクティブ、グリベンクラミド、ネシーナ、フィアスプ、トラゼンタ、デベルザ、ビデュリオン、アクトス、エクア、ノボリン、カナグル、デアメリン、インスリングラルギンBS、ミグリトール、フォシーガ
低血糖を引き起こすおそれがあります。
β-遮断剤 プロプラノロール塩酸塩、インデラル、ヘマンジオル
低血糖を引き起こすおそれがあります。
たん白同化ホルモン剤 レボスパ、プリモボラン
低血糖を引き起こすおそれがあります。
モノアミン酸化酵素阻害剤 ネオイスコチン、イスコチン、アジレクト、エフピー、セレギリン塩酸塩、エクフィナ、ヒドラ
低血糖を引き起こすおそれがあります。
サリチル酸剤 サラゾピリン、バイアスピリン、サラゾスルファピリジン、サリチル酸ナトリウム、スピール膏、サリチル酸メチル、アサコール、サリチル酸Na、エテンザミド、ペンタサ、メサラジン、サリチル酸、リアルダ、アザルフィジン、アスピリン
低血糖を引き起こすおそれがあります。
シメチジン、ドルテグラビル、ビクテグラビル、バンデタニブ テビケイ、シメチジン、カイロック、タガメット、カプレルサ
メトグルコ・ジェネリックの血中濃度が高まり作用が強まるおそれがあります。
フェノチアジン系薬剤 レボメプロマジン、クロルプロマジン塩酸塩、レボトミン、ピーゼットシー、フルデカシン、コントミン、トリラホン、ヒルナミン、ニューレプチル、ノバミン、フルメジン、ウインタミン
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
卵胞ホルモン プレマリン、エストリール、エストリオール、ホーリン、ペラニン、ル・エストロジェル、ペラニン、ディビゲル、ジュリナエストラーナ、エストラジオール、プロセキソール
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
ニコチン酸 ナイクリン
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
甲状腺ホルモン レボチロキシンNa、チラージン、チロナミン
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
イソニアジド ヒドラ、イスコチン、ネオイスコチン
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
副腎皮質ホルモン プレドニゾロン、リメタゾン、トプシム、ソルコート、サレックス、ソル・メルコート、レクタブル、オイラゾン、ヒズボット、パンデル、アフタゾロン、ナゾネックス、デルモゾール、コートン、ジフロラゾン酢酸エステル、ハイドロコートン、フルメトロン、フルオロメトロン、ゼンタコート、ベルベゾロン、フルメタ、レナデックス、ベトネベート、ベタメタゾン、デポ・メドロール、ベタメタゾン吉草酸エステル、ビスダーム、ロコイド、レダコート、グリジール、ノギロン、タルメア、クロベタゾン酪酸エステル、メドロール、ステロネマ、ドレニゾン、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、ボアラ、フルナーゼ、フルオシノロンアセトニド、アズマネックス、リドメックス、フルチカゾン、アフタッチ、メサデルム、プレドニゾロン酢酸エステル、D・E・X、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、デカドロン、サンテゾーン、マキュエイド、エクラー、ネリゾナ、オルテクサー、フロリネフ、ユーメトン、ブデソニド、ベタメタゾンリン酸エステルNa、フルチカゾンプロピオン酸エステル、コムクロ、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、プレドネマ、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、テクスメテン、アルメタ、オルベスコ、エリザス、トリアムシノロンアセトニド、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ソル・メドロール、デキサート、モメタゾンフランカルボン酸エステル、デキサメサゾン、ジフルプレドナート、ソル・コーテフ、スピラゾン、ビジュアリン、サルコート、マイザー、リノコート、テイカゾン、アニュイティ、デキサメタゾン、トリシノロン、プレドニン、フルオシノニド、フルタイド、ノルコット、ケナコルト−A、キンダベート、ダイアコート、キュバール、パルミコート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、リンデロン、モメタゾン、アンテベート、リノロサール、デルモベート、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、オルガドロン、サンベタゾン、アラミスト、ベクロメタゾン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、フルコート、コートリル
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
ピラジナミド ピラマイド
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
アドレナリン ボスミン、エピペン、アドレナリン
血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
利尿剤 血糖を下げる作用が弱まるおそれがあります。
ヨード造影剤 乳酸アシドーシスを起こすことがあります。
ゲンタマイシン ゲンタシン、ゲンタマイシン硫酸塩、ゲンタマイシン
乳酸アシドーシスを起こすことがあります。
SGLT2阻害薬 カナグル、スーグラ、デベルザ、フォシーガ、ジャディアンス、アプルウェイ
乳酸アシドーシスを起こすことがあります。

服用できない方

  • ・心血管系、肺機能に高度の障害がある方
  • ・脱水症や脱水状態が懸念される方
  • ・過度のアルコール摂取者
  • ・重度の腎機能障害や肝機能障害がある方
  • ・透析されている方
  • ・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の方
  • ・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
  • ・栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の方
  • ・妊婦や妊娠している可能性のある方
  • ・メトホルミンやビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方
  • ・乳酸アシドーシスの既往のある方

副作用

重篤な副作用

低血糖、黄疸、乳酸アシドーシス、肝機能障害、横紋筋融解症

その他の副作用

代謝異常 乳酸上昇、血中カリウム上昇、CK(CPK)上昇、ケトーシス、血中尿酸増加
過敏症 発疹等、そう痒
腎臓 BUN上昇、クレアチニン上昇
血液 白血球減少、血小板減少、白血球増加、貧血、好酸球増加
肝臓 肝機能異常
消化器 消化不良等、腹部膨満感、便秘、腹痛、悪心、嘔吐、胃炎、胃腸障害、下痢、食欲不振、放屁増加
その他 頭重、眠気、動悸、発汗、全身倦怠感、頭痛、脱力感、筋肉痛、めまい、空腹感、ふらつき、味覚異常、浮腫、ビタミンB12減少

保管方法

・直射日光や高温多湿を避け、子供の手の届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

スターシス・ジェネリック

ノルバスクジェネリック

リピトール・ジェネリック(高コレステロール)

価格

¥6700

¥2800

¥2060

メーカー

Glenmark

Cipla

Cipla

 

ユーザーレビュー

6件のレビュー

星5
 
17%
星4
 
33%
星3
 
33%
星2
 
17%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★★
  • 34件のいいね

引越しで病院が遠方になり通いにくくなったので、輸入通販でメトグルコ・ジェネリックを買うようになりました。食後に毎回飲んでセルフチェックしてますが血糖値が高くなるのを抑えられています。特に副作用は感じません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★
  • 21件のいいね

飲んだら腹を下しやすくなった感じ。メトグルコ・ジェネリックの副作用らしいです。自分の体質には合わなかったのかな。

並び替え:

匿名

糖尿病治療薬だけど、ぶっちゃけダイエットサプリよりも効果的らしいってことでダイエット薬として買いました。食欲減の効果ありとも訊いてたけど、あまり実感ない

三段ボルト

引越しで病院が遠方になり通いにくくなったので、輸入通販でメトグルコ・ジェネリックを買うようになりました。食後に毎回飲んでセルフチェックしてますが血糖値が高くなるのを抑えられています。特に副作用は感じません。

匿名

血糖値はちゃんと下がるけど、普通のメトグルコになれてたら、1錠あたりの大きさや、味にすごく違和感あります。舌がピリっと来る苦さ。効果は問題ないかな。

匿名

昨年の健康診断で血糖値の高さを指摘されてから半年ほど飲み続けました。 今年の健康診断では昨年より大幅に血糖値が減ってた!努力が報われたみたいで嬉しいです(薬飲んでただけだけど)。

判事フリック

メトグルコジェネリックとフォシーガのジェネリックという二つの糖尿病治療薬を飲んでます。効果てきめんでヘモグロビンa1cの値が下がりましたし、体重も半年で95→80kg落ちました。大きな食事制限も特にしてません。

匿名

飲んだら腹を下しやすくなった感じ。メトグルコ・ジェネリックの副作用らしいです。自分の体質には合わなかったのかな。

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。