【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

テグレトール・ジェネリック

テグレトール・ジェネリック1 テグレトール・ジェネリック2 テグレトール・ジェネリック3 テグレトール・ジェネリック4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

テグレトール・ジェネリックは躁状態や統合失調症の興奮状態、てんかんの痙攣発作を改善する治療薬です。
有効成分であるカルバマゼピンは神経細胞のNaチャネルを阻害し、神経細胞の興奮を抑える作用を発揮します。
この作用によって、躁うつ病のそう状態や統合失調症を原因として起きる興奮状態を抑える作用を発揮します。

また、興奮を抑える作用と共に、痙攣を抑制する作用もあります。
この作用がてんかんによるけいれん発作を改善へと導きます。
国内で処方されているテグレトールのジェネリックなので、安価で購入してただけます。

店長のオススメポイント

  • 国内でも処方されているもののジェネリックだから安心
  • 国内で処方される新薬よりも安価

テグレトール・ジェネリック 200mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
200mg × 25錠 ¥2,860(¥114/錠) ¥2,100(¥84/錠) 63pt
200mg × 50錠 ¥4,290(¥85/錠) ¥3,510(¥70/錠) 105pt
200mg × 75錠 ¥6,000(¥80/錠) ¥5,030(¥67/錠) 150pt

商品概要

商品名 テグレトール・ジェネリック
成分 カルバマゼピン
効果 興奮抑制、痙攣発作の改善
副作用 頭痛、関節痛、眠気など
飲み方 1日1~2回、200~1200mgを分割して水かぬるま湯で服用します。
製造元 Myfarma ilac San

商品詳細

テグレトール・ジェネリックの効果

有効成分であるカルバマゼピンが神経細胞のNaチャネルを阻害します。
この阻害作用によって、神経細胞の興奮を抑えます。
この興奮抑制作用によって、躁うつ病のそう状態や統合失調症を原因とする興奮状態を抑えます。

カルバマゼピンには上記の興奮を抑える作用の他、痙攣を抑制する作用があります。
この作用によって、てんかんによる痙攣発作を改善します。

テグレトール・ジェネリックの服用方法

服用量

1日あたり200~400mgを開始量として、1日1~2回に分割して水やぬるま湯で服用します。
その後、効果を見ながら徐々に増量します。
また、1日の上限服用量は1日1200mgとなっています。
上限を超えての過剰な服用は副作用などのリスクが高まるため厳禁です。
適切な用量を把握するには、専門医の指示を仰ぐようにしてください。

タイミング

服用するタイミングの指定はありません。

テグレトール・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

飲酒によって、アルコール及びデグレトール・ジェネリックの作用が増強するおそれがあります。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ビクテグラビル・エムトリシタビン・テノホビルアラフェナミド ビクタルビ
上記薬剤の血漿中濃度が低下することで、効果が弱まります。
チカグレロル、タダラフィル、マシテンタン、エルバスビル、ボリコナゾール、リルピビリン、グラゾプレビル、ドルテグラビルナトリウム・リルピビリン塩酸塩 グラジナ、オプスミット、ボリコナゾール、シアリス、ブイフェンド、ジャルカ、ブリリンタ、タダラフィル、エジュラント、エレルサ、ザルティア、アドシルカ
上記薬剤の血中濃度が低下して効果が弱まる素俺があります。
ソホスブビル・ベルパタスビル エプクルーサ
血中濃度が低下して効果が弱まる素俺があります。

併用注意

カスポファンギン カンサイダス
上記薬剤の血中濃度が低下するおそれがあります。
テオフィリン、アミノフィリン テオドール、アプニション、テオフィリン、アミノフィリン、ユニコン、テオロング、ネオフィリン、ユニフィル、キョーフィリン
上記薬剤とテグレトール・ジェネリックそれぞれの血中濃度が低下するおそれがあります。
シクロホスファミド エンドキサン
上記薬剤の作用を強めるおそれがあります。
エファビレンツ ストックリン
上記薬剤とテグレトール・ジェネリックそれぞれの血中濃度が低下するおそれがあります。
ミラベグロン ベニタス
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
プリミドン プリミドン
上記薬剤とテグレトール・ジェネリックそれぞれの血中濃度が低下するおそれがあります。
グレープフルーツジュース テグレトール・ジェネリックの代謝が抑制され、作用が強まるおそれがあります。
バルプロ酸 デパケン、バルプロ酸Na、セレニカ
上記薬剤の血中濃度を低下させるおそれがあります。
セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 テグレトール・ジェネリックの代謝が促進され、作用が弱まるおそれがあります。
フェニトイン アレビアチン、ヒダントール
上記薬剤の血中濃度が低下や上昇するおそれがあります。
ダビガトランエテキシラート 上記成分の作用を弱めるおそれがあります。
フェノバルビタール、リファンピシン ルピアール、フェノバール、リファンピシン、フェノバルビタール、ワコビタール、ノーベルバール、リファジン
テグレトール・ジェネリックの血中濃度が低下するおそれがあります。
ラモトリギン ラミクタール、ラモトリギン
上記薬剤の血中濃度が低下することがあります。
クロバザム、パロキセチン パロキセチン、マイスタン、パキシル
上記薬剤の血中濃度が低下することがあります。
アセトアミノフェン カロナール、アセトアミノフェン、ピレチノール、アンヒバ、アルピニー、アセリオ
上記薬剤の作用を弱めることがあります。
イトラコナゾール、テラプレビル イトラコナゾール、テラプレビル、イトリゾール
上記薬剤の血中濃度が低下することがあります。
ヒドロキシクロロキン プラケニル
テグレトール・ジェネリックの作用を弱める可能性があります。
クエチアピン セロクエル、クエチアピン、ビプレッソ
上記薬剤の血中濃度が低下することがあります。
アルベンダゾール、非脱分極性筋弛緩薬、ジゴキシン エスラックス、ジゴシン、ベクロニウム、ボトックス、エスカゾール、ロクロニウム臭化物、ジゴキシン、ナーブロック、ボトックスビスタ
テグレトール・ジェネリックの作用が弱まる可能性があります。
アセタゾラミド ダイアモックス
テグレトール・ジェネリックの血中濃度が急激に高まり、中毒症状があらわれるおそれがあります。
ホスアプレピタントメグルミン プロイメント、ホスアプレピタント
上記薬剤の作用が弱まることがあります。
フルボキサミン、ベラパミル、ジルチアゼム、シメチジン、オメプラゾール、ダナゾール、ビカルタミド、キヌプリスチン、ダルホプリスチン、マクロライド系抗生物質、リトナビル、ダルナビル、アゾール系抗真菌剤、シプロフロキサシン アジスロマイシン、エリスロシン、リトナビル、フロリード、ダフクリア、クラリス、タガメット、クラリシッド、ルリッド、カイロック、キヌプリスチン、オメプラゾン、ジョサマイシン、オメプラゾール、オラビ、ボンゾール、ルボックス、アジマイシン、ジスロマック、ジルチアゼム塩酸塩、ヘルベッサー、クラリスロマイシン、ジフルカン、フルコナゾール、スピラマイシン、フルボキサミンマレイン酸塩、デプロメール、ビカルタミド、ワソラン、アセチルスピラマイシン、ベラパミル塩酸塩、プロジフ、シプロフロキサシン、ダルナビル、オメプラール、ジョサマイ、カソデックス、エリスロマイシン、シメチジン、ロキシスロマイシン、ミコナゾール硝酸塩、ダルホプリスチン
テグレトール・ジェネリックの血中濃度が急激に高まり、中毒症状があらわれるおそれがあります。
ドキシサイクリン、抗ウイルス剤、デラビルジン、プラジカンテル、シルデナフィル、ジエノゲスト、リバーロキサバン、マラビロク、エトラビリン、エプレレノン、タダラフィル、アプレピタント、シンバスタチン ノービア、エプジコム、リポバス、プリジスタ、ザルティア、レクシヴァ、ゼフィックス、バイアグラ、カレトラ、スタリビルド、シルデナフィル、ビラミューン、ベムリディ、アイセントレス、ビリアード、エムトリバ、トリーメク、ビブラマイシン、エジュラント、ビクタルビ、インテレンス、シムツーザ、ジエノゲスト、プレジコビックス、タダラフィル、アプレピタント、オデフシィ、レバチオ、イメンド、セララ、エピビル、ザイアジェン、デシコビ、ホスアプレピタント、テノゼット、ツルバダ、ドウベイト、テビケイ、ゲンボイヤ、ディナゲスト、プロイメンド、ストックリン、レイアタッツ、シアリス、アドシルカ、ビルトリシド、レトロビル、シンバスタチン、ピフェルトロ、ジャルカ、シーエルセントリ、ラバミコム、イグザレルト、コンビビル
上記薬剤の作用が弱まることがあります。
イソニアジド ヒドラ、イスコチン、ネオイスコチン
上記薬剤の肝毒性を強めるおそれがあります。
抗悪性腫瘍剤 レンビマ
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
ソリフェナシン、クマリン系抗凝血剤、免疫抑制剤、抗悪性腫瘍剤 タイケルブ、ソリフェナシンコハク酸塩、ネクサバール、オニバイド、サンディミュン、スーテント、ゲフィチニブ、ベシケア、インライタ、セリチニブ、オシメルチニブ、イブルチニブ、シクロスポリン、フェアストン、プログラフ、イリノテカン塩酸塩、アムノレイク、ネオーラル、トポテシン、パピロック、タシグナ、タクロリムス、タリムス、サーティカン、ダサチニブ、カンプト、グリベック、ワルファリンK、グラセプター、ポナチニブ、トレミフェン、ワーファリン、トーリセル、パルボシクリブ、イマチニブ、スプリセル、アフィニトール、イレッサ、プロトピック
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
利尿剤 低ナトリウム血症や抗利尿ホルモン不適合分泌症候群があらわれることがあります。
黄体・卵胞ホルモン剤 ヤーズ、ドロエチ、ヤーズフレックス
上記薬剤の作用が弱まったり、不正性器出血のリスクが高まるおそれがあります。
中枢神経抑制剤 チオリダジン、ハロペリドール、セレネース、
テグレトール・ジェネリック及び上記薬剤の作用が強まるおそれがあります。
抗不安・睡眠導入剤、抗てんかん剤、高パーキンソン剤、ブチロフェノン系精神神経用剤、三環形抗うつ剤、精神神経用剤、ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗剤、副腎皮質ホルモン剤 プレドニン、ジプレキサ、ニフェジピン、アダラート、トレリーフ、ペランパネル、ノリトレン、ブロナンセリン、エリザス、ゾニサミド、イストラデフィリン、フェロジピン、アリピプラゾール、フレカイニド、デキサート、ブプレノルフィン、セレネース、スピラゾン、ミアンセリン、ブコラム、ボアラ、ハロペリドール、リスペリドン、オランザピン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、トピラマート、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、クロザリル、プレドニゾロン酢酸エステル、エビリファイ、オルガドロン、インヴェガ、ロナセン、ドネペジル、エピレオプチマル、コンスタン、リボトリール、ビジュアリン、トフラニール、オンダンセトロン、デキサメサゾン、アルプラゾラム、アミトリプチリン塩酸塩、エクセグラン、プレドネマ、セルトラリン、リスパダール、オイラゾン、D・E・X、ミダゾラム、トリプタノール、サンテゾーン、トピナ、レナデックス、イミドール、トラゾドン、トラマドール、テイカゾン、デカドロン、メサデルム、ミルタザピン、スプレンジール、ニルバジピン、ザロンチン、プレドニゾロン、ミダフレッサ、デキサメタゾン、ソラナックス、アフタゾロン、ゼプリオン、ドルミカ、エレトリプタン、リスパダールコンスタ、ニバジール、リメタゾン、リドメックス、ランドセン、セパミット、ハロマンス
上記薬剤の効果が弱まるおそれがあります。
メトクロプラミド メトクロプラミド、プリンペラン、塩酸メトクロプラミド
神経症状があらわれたとの報告があります。
MAO阻害剤 セレギリン塩酸塩、エフピー、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン
テグレトール・ジェネリック及び上記薬剤の作用が強まるおそれがあります。
炭酸リチウム 炭酸リチウム、リーマス
精神神経症状があらわれたという報告があります。
アルコール テグレトール・ジェネリック及び飲酒の作用が強まるおそれがあります。

服用できない方

  • ・ポルフィリン症の方
  • ・第II度以上の房室ブロック、高度の徐脈のある方
  • ・カルバマゼピンもしくは、三環系抗うつ剤に対して過敏症の既往歴のある方
  • ・重篤な血液障害のある方

副作用

重篤な副作用

再生不良性貧血、中毒性表皮壊死融解症、SLE様症状、肝機能障害、PIE症候群、アナフィラキシー、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、悪性症候群、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少、スティーブンス・ジョンソン症候群、過敏症症候群、黄疸、間質性肺炎、血栓塞栓症、房室ブロック、徐脈、無菌性髄膜炎、白血球減少、貧血、多形紅斑、紅皮症、急性汎発性発疹膿疱症、洞機能不全

その他の副作用

内分泌、代謝系 女性化乳房、乳汁漏出、ビタミンD・カルシウム代謝異常、骨軟化症、骨粗鬆症、甲状腺機能検査値の異常、プロラクチン上昇、低ナトリウム血症、血清葉酸値低下、高血糖
肝臓 ALT(GPT)、ALP、γ-GTPの上昇、AST(GOT)上昇
消化器 大腸炎、食欲不振、便秘、下痢、膵炎、口内炎、舌炎、悪心、嘔吐、腹痛、口渇
血液 ポルフィリン症、白血球増多、巨赤芽球性貧血、好酸球増多症、網状赤血球増加症、リンパ節腫脹
心血管系 刺激伝導障害、血圧低下、不整脈、血圧上昇
筋骨格系 関節痛、筋脱力、筋痙攣、筋痛
調節障害、水晶体混濁、複視、結膜炎、眼圧上昇、霧視、異常眼球運動、眼振
皮膚 多毛、苔癬様角化症、多形結節性紅斑、紫斑、色素沈着、ざ瘡、丘疹、爪の障害
精神神経系 攻撃的行動、頭痛、頭重、鎮静、記憶障害、ふらつき、眠気、興奮、運動失調、激越、意識障害、めまい、不随意運動、幻覚、せん妄、知覚異常、注意力・集中力・反射運動能力等の低下、立ちくらみ、抑うつ、インポテンス、末梢神経炎、口顔面ジスキネジー、舞踏病アテトーゼ、麻痺症状、脱力、けん怠感、言語障害、錯乱
過敏症 呼吸困難、猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、光線過敏症、蕁麻疹、血管炎、血管浮腫、そう痒症、潮紅
腎臓 尿閉、BUN、クレアチニンの上昇、血尿、蛋白尿、乏尿、頻尿
その他 浮腫、発汗、聴覚異常、脱毛、CK(CPK)上昇、体液貯留、免疫グロブリン低下、トリグリセリド上昇、CRP上昇、発熱、味覚異常、体重増加、コレステロール上昇、感冒様症状

保管方法

・高温多湿や直射日光を避けられ、子供の手が届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

サインバルタ・ジェネリック

プロザック

コントミン・ジェネリック

価格

¥4200

¥5300

¥2600

メーカー

Sun Pharmaceutical

Eli Lilly

DD Pharmaceuticals

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。