【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

グルコバイ(糖尿病)

グルコバイ(糖尿病)1 グルコバイ(糖尿病)2 グルコバイ(糖尿病)3 グルコバイ(糖尿病)4
  • 生活習慣病

0件のレビュー

グルコバイは有効成分としてアカルボースを配合した糖尿病の改善薬です。
有効成分がアミラーゼやマルトースなどの糖分解酵素の働きを阻害します。
これにより、糖の分解が抑制され体内への吸収を抑えることができます。
体内への糖の吸収が抑えられることで、過剰な血糖の上昇を抑制してコントロールすることで、糖尿病を改善します。

こちらのグルコバイは日本国内でも処方されている治療薬であり、こちらはその海外版となります。
そのため、パッケージなどは全て英語での表記となっているためご注意ください。

店長のオススメポイント

  • 日本でも処方されている薬で安心
  • 国内で処方されている品と、使用感の違いはない

グルコバイ(糖尿病) 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 90錠 ¥3,250(¥36/錠) ¥2,600(¥29/錠) 78pt
50mg × 180錠 ¥6,000(¥33/錠) ¥4,760(¥26/錠) 142pt
50mg × 270錠 ¥9,000(¥33/錠) ¥6,380(¥24/錠) 191pt

グルコバイ(糖尿病) 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 90錠 ¥5,000(¥55/錠) ¥4,400(¥49/錠) 132pt

商品概要

商品名 グルコバイ(糖尿病)
成分 アカルボーズ
効果 糖尿病治療
副作用 放屁増加、貧血、下痢など
飲み方 1日3回、1回あたり50~100mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 bayer

商品詳細

グルコバイ(糖尿病)の効果

グルコバイの有効成分であるアカルボースは、小腸粘膜の絨毛膜にあるグルコアミラーゼやスクラーゼ、マルターゼなどの消化酵素の働きを阻害します。
これらの酵素の働きが阻害されることで、糖が分解されなくなり体内への吸収を阻害して血糖の上昇を抑制します。
また、膵液や唾液のアミラーゼも阻害するため、相乗的に血糖の上昇を抑制します。
この作用によって血糖をコントロールすることで糖尿病を改善へと導きます。

グルコバイ(糖尿病)の服用方法

服用量

1日の服用量は50~100mgを3回となっています。
開始用量は50mgであり、効果などを確認しながら1回100mgまで増量することができます。
服用する量については、年齢や症状によっても増減する必要があります。

タイミング

グルコバイの服用タイミングは食事の直前となっています。
食事前に服用することで、食事による血糖の上昇を抑制するため
忘れないように服用する必要があります。

グルコバイ(糖尿病)の注意点

食事の影響の有無

糖尿病の改善に食事療法は必要であるため、食事療法は継続する必要があります。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン等 ボスミン、エピペン、アドレナリン、チラージン、レボチロキシンNa、チロナミン、フルメトロン、フルコート、デルモゾール、アンテベート、レナデックス、コートリル、アフタゾロン、リノロサール、リメタゾン、モメタゾンフランカルボン酸エステル、テクスメテン、デキサメタゾン、エリザス、ブデソニド、スピラゾン、ネリゾナ、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、マキュエイド、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、D・E・X、クロベタゾン酪酸エステル、フロリネフ、テイカゾン、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、ジフロラゾン酢酸エステル、コートン、トリアムシノロンアセトニド、ソル・コーテフ、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、リドメックス、デキサメサゾン、パンデル、ケナコルト−A、ダイアコート、アフタッチ、キュバール、オルベスコ、デポ・メドロール、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、パルミコート、モメタゾン、メサデルム、サルコート、サレックス、ノギロン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、プレドネマ、ハイドロコートン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、フルオロメトロン、ベトネベート、フルオシノニド、エクラー、ビスダーム、コムクロ、ソル・メドロール、プレドニン、アニュイティ、ベタメタゾン、ナゾネックス、フルチカゾンプロピオン酸エステル、デルモベート、ロコイド、アズマネックス、キンダベート、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、フルナーゼ、マイザー、トプシム、オルテクサー、リンデロン、デキサート、クロベタゾールプロピオン酸エステル、ベクロメタゾン、レクタブル、アルメタ、ゼンタコート、メドロール、デカドロン、オイラゾン、ジフルプレドナート、フルメタ、ベルベゾロン、プレドニゾロン、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、フルチカゾン、フルオシノロンアセトニド、ドレニゾン、プレドニゾロン酢酸エステル、ベタメタゾン吉草酸エステル、サンベタゾン、ステロネマ、レダコート、サンテゾーン、ビジュアリン、グリジール、アラミスト、ボアラ、オルガドロン、フルタイド
血糖値が下がりすぎるおそれがあります。
ラクツロース、ラクチトール水和物 ラグノス、モニラック、ポルトラック、ラクツロース
消化器系の副作用が強まるおそれがあります。
β遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤等 アザルフィジン、エテンザミド、メサラジン、チモプトール、サリチル酸、ロプレソール、セロケン、リアルダ、ナディック、ブレビブロック、セレギリン塩酸塩、メインテート、インデラル、ミケラン、アサコール、エフピー、エクフィナ、ベトプティック、レボブノロール塩酸塩、アジレクト、ビソノ、アルセノール、アスピリン、ペンタサ、サラゾピリン、ソタコール、ベタキソロール塩酸塩、アテノロール、スピール膏、テノーミン、サラゾスルファピリジン、サリチル酸メチル、ソタロール塩酸塩、セリプロロール塩酸塩、ビソプロロールフマル酸塩、サリチル酸Na、ピンドロール、アドビオール、セレクトール、ベタキソロール、ヒドラ、イスコチン、プロプラノロール塩酸塩、チモロール、カルテオロール塩酸塩、サリチル酸ナトリウム、ヘマンジオル、ケルロング、コアベータ、バイアスピリン、リズモン、ネオイスコチン、カルビスケン、メトプロロール酒石酸塩、オノアクト
血糖値が下がりすぎるおそれがあります。
ジゴキシン ジゴシン、ジゴキシン
ジゴキシンの血中濃度が低下することがあります。
スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤、ビグアナイド系薬剤、インスリン製剤、インスリン抵抗性改善剤、速効型食後血糖降下剤 グリクラジド、オイグルコン、ナテグリニド、ジベトス、メトグルコ、ブホルミン塩酸塩、グリメピリド、フィアスプ、メトホルミン塩酸塩、スターシス、メトホルミン、トレシーバ、クロルプロパミド、アマリール、グリミクロン、ヒューマログ、インスリンリスプロBS、ルムジェブ、シュアポスト、アクトス、レパグリニド、ファスティック、グルベス、インスリングラルギンBS、ランタス、レベミル、ピオグリタゾン、グルファスト、ノボラピッド、ヒューマリン、ミチグリニドCa、ノボリン、デアメリン、アピドラ、グリコラン、グリベンクラミド、ジメリン、インスリンアスパルトBS
低血糖があらわれることがあります。
炭水化物消化酵素製剤 ジアスターゼ
グルコバイ、ジアスターゼ共に効果が強まる可能性があります。

服用できない方

  • ・妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • ・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
  • ・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の方
  • ・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方

副作用

重篤な副作用

腸閉塞、低血糖、肝機能障害、高アンモニア血症、黄疸

その他の副作用

血液 血小板減少、白血球減少、貧血
過敏症 発疹、そう痒
肝臓 γ-GTP上昇、Al-P上昇、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇
消化器 放屁増加、軟便、食欲不振、便秘、消化不良、口渇、腹部膨満・鼓腸、嘔気、嘔吐、腸管のう腫状気腫症、排便回数増加、下痢、腹痛、食欲亢進
精神神経系 めまい、頭痛・頭重感、しびれ感
その他 浮腫、ほてり、味覚異常、胸部圧迫感、頻尿

保管方法

・高温多湿や直射日光を避けて保管してください。
・子供の誤飲は危険です。子供の手の届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

メトグルコ・ジェネリック

ノルバスクジェネリック

スターシス・ジェネリック

価格

¥2600

¥2800

¥6700

メーカー

Intas Pharmaceuticals

Cipla

Glenmark

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。