【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ザイロリック・ジェネリック

ザイロリック・ジェネリック1 ザイロリック・ジェネリック2 ザイロリック・ジェネリック3 ザイロリック・ジェネリック4
  • 生活習慣病
  • 痛風

0件のレビュー

ザイロリック・ジェネリックは痛風の原因をとなる尿酸の合成を抑制する痛風治療薬です。
痛風は、血中や尿中の尿酸値が高まることによって、関節や腎臓などに尿酸が蓄積してしまうことで発症します。

ザイロリック・ジェネリックの有効成分のアロプリノールは、体内で尿酸を作る酵素であるキサンチンオキシターゼの働きを阻害します。
これによって体内で尿酸が作られるのが抑えられ、痛風の原因となる尿酸値の上昇を抑制します。
また、アロプリノールの代謝物であるオキシプリノールも同様の作用を持っているため、1度の服用で長時間効果を発揮します。

こちらの商品は、国内でも処方されている痛風治療薬「ザイロリック」のジェネリック医薬品です。
ザイロリックと同じ有効成分のアロプリノールを配合しているため同様の効果に期待できます。
また、有効成分の配合量がザイロリックと同じ100mgと3倍もの量を配合した300mgの2種類で展開しており、自分に合った方を選べるようになっています。

店長のオススメポイント

  • 300mg配合したものもある
  • 1錠あたりの価格が先発薬より安価

ザイロリック・ジェネリック 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 84錠 ¥2,700(¥32/錠) ¥2,330(¥28/錠) 69pt

ザイロリック・ジェネリック 300mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
300mg × 50錠 ¥4,000(¥80/錠) ¥3,500(¥70/錠) 105pt
300mg × 100錠 ¥8,000(¥80/錠) ¥6,380(¥64/錠) 191pt

商品概要

商品名 ザイロリック・ジェネリック
成分 アロプリノール
効果 痛風
副作用 全身倦怠感、食欲不振、口内炎など
飲み方 1日200~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。
製造元 Bristol

商品詳細

ザイロリック・ジェネリックの効果

ザイロリック・ジェネリックの有効成分であるアロプリノールが、キサンチンオキシターゼを阻害することによって体内で尿酸が作られるのを抑制します。
この阻害作用によって、血液や尿の尿酸値が高まる のを抑えて痛風の症状を改善へと導きます。

痛風は、尿酸値の上昇によって発症するため、投薬以外にも食事療法などを取り入れることでより効果的に症状を改善へと導けます。

ザイロリック・ジェネリックの服用方法

服用量

1日2~3回に分けて、200~300mgを水かぬるま湯で服用します。
服用量や服用回数は年齢や症状によって適宜増減する必要があります。

タイミング

服用するタイミングは食後となっています。
そのため、服用する場合は食事をしてから服用するようにして下さい。

ザイロリック・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

服用は食後となっているため、服用前に食事はとるようにしてください。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

クマリン系抗凝固薬 ワルファリンK、ワーファリン
上記薬剤の作用を強めるおそれがあります。
フェニトイン アレビアチン、ヒダントール
上記薬剤の血中濃度が上昇し、嗜眠があらわれたという報告があります。
ビダラビン アラセナ、ビダラビン
上記薬剤の作用を強めて、幻覚などの症状があらわれるおそれがあります。
ペントスタチン コホリン
過敏性血管炎が発現したとの報告があります。
メルカプトプリン水和物、アザチオプリン ロイケリン、アザニン、イムラン
副作用を強めるおそれがあります。
ジダノシン 薬剤のCmax及びAUCが2倍に上昇したとの報告がある。
シクロホスファミド水和物 エンドキサン
骨髄抑制の副作用があらわれたという報告があります。
ヒドロクロロチアジド ヒドロクロロチアジド
悪寒、全身性の皮疹などが発現したとの報告があります。
クロルプロパミド 薬剤の作用を強めるおそれがあります。
カプトプリル カプトプリル
スティーブンスジョンソン症候群、関節痛が発現したとの報告があります。
キサンチン系薬剤 レスピア、カフェイン、カフェイン水和物、ジプロフィリン、モノフィリン、テオドール、テオフィリン、テオロング、ユニコン、ユニフィル、チルミン、アプニション、アミノフィリン、キョーフィリン、ネオフィリン、ドラマミン
上記薬剤の血中濃度が上昇します。
シクロスポリン パピロック、サンディミュン、ネオーラル、シクロスポリン
上記薬剤の血中濃度が高まり、腎機能低下があらわれたという報告があります。
アンピシリン ビクシリン
発疹があらわれるおそれがあります。

服用できない方

  • ・アロプリノールに対してアレルギーのある方

副作用

重篤な副作用

アナフィラキシー、再生不良性貧血、汎血球減少、黄疸、スティーブンスジョンソン症候群、無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎、肝機能障害、過敏症血管炎、薬剤性過敏症症候群、ショック、間質性肺炎、横紋筋融解症、中毒性表皮壊死融解症、剥脱性皮膚炎、無菌性髄膜炎

その他の副作用

血液 白血球減少、紫斑、貧血、好酸球増多、リンパ節症
腎臓 腎機能異常
全身症状 浮腫、全身倦怠感、脱力感
消化器 胃部不快感、軟便、食欲不振、下痢、口内炎
過敏症 そう痒、発疹、関節痛
その他 味覚障害、女性化乳房、脱毛、CK上昇、末梢神経障害

保管方法

・子供の手が届かない場所で保管し誤飲を防いでください。
・直射日光を避け高温多湿でない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

コルヒチン

ザイロリック(痛風)

ティノスポラカプセル

価格

¥2300

¥3050

¥3220

メーカー

Aspen Pharmacare Australia

GlaxoSmithKline

THANYAPORN HERBS

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。