【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

クラビリン

クラビリン1 クラビリン2 クラビリン3 クラビリン4
  • 性病/感染症
  • クラミジア・淋病

0件のレビュー

クラビリンは有効成分にレボフロキサシンを配合したニューキノロン系の抗生物質です。
さまざまな細菌に対して効果を発揮する抗生物質でこれひとつで幅広い感染症の改善が見込めます。
有効成分であるレボフロキサシンは細菌の増殖を阻害することで殺菌的に働き、次第に病原菌の量を減らすことで改善へと導きます。
日本国内でもレボフロキサシンやクラビットといった名称で承認・処方されている治療薬であるため、安心してお使いいただくことができるようになっています。

店長のオススメポイント

  • クラビットのジェネリック医薬品
  • さまざまな性感染症などに効果を発揮する

クラビリン 250mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
250mg × 20錠 ¥2,000(¥100/錠) ¥1,700(¥85/錠) 51pt
250mg × 40錠 ¥4,000(¥100/錠) ¥3,320(¥83/錠) 99pt

クラビリン 500mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
500mg × 10錠 ¥2,000(¥200/錠) ¥1,700(¥170/錠) 51pt
500mg × 30錠 ¥6,000(¥200/錠) ¥4,760(¥159/錠) 142pt

商品概要

商品名 クラビリン
成分 レボフロキサシン
効果 クラミジア・淋病改善
副作用 食欲不振、腹痛、便秘など
飲み方 1日1回500mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 エプシロン

商品詳細

クラビリンの効果

有効成分のレボフロキサシンには、細菌が増殖する時に行うDNAの複製を阻害する作用があります。
DNAの複製が阻害されると、細菌は複製することができなくなってしまい死滅していきます。
レボフロキサシンのこの作用が働くことによって、細菌を原因としたクラミジアなどの性感染症をはじめ、皮膚感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症などのさまざまな細菌性の感染症を改善へと導きます。
幅広い細菌に対して高い効果を持っているため、今でも数多くの方に利用されています。

クラビリンの服用方法

服用量

1日1回500mgを水かぬるま湯で服用します。
治療する感染症やその症状によって服用する量や、期間が変わります。
適切な用法用量については医師の指示を仰ぐようにしてください。

タイミング

服用するタイミングの指定はありません。
ただし、継続して服用が必要な場合は忘れないようなタイミングでの服用が推奨されます。

クラビリンの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等、鉄剤 リン酸マグネシウム水和物、次サリチル酸ビスマス、ケイ酸カルシウム、マガルドレート、アルマガート、ヒドロタルサイト、ケイ酸アルミン酸マグネシウム、ファモチジン・炭酸カルシウム・水酸化マグネシウム、次クエン酸ビスマス、アタパルガイト、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルマドラート、塩基性炭酸アルミニウム、グルカルドラートカリウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、含糖酸化鉄、フェレデタートナトリウム、デキストリフェロン、コンドロイチン硫酸・鉄コロイド、マルトール第二鉄、クエン酸第二鉄、硫酸鉄、溶性ピロリン酸第二鉄、シデフェロン、ソルビット鉄、オロチン酸第一鉄、ポリマレテル鉄、炭酸マグネシウム、酸化マグネシウム、水酸化マグネシウム、ケイ酸マグネシウム、アルミニウム系制酸薬、沈降炭酸カルシウム、ビスマス (乳化)、シロドラート、クエン酸ビスマス、カルバルドラート、硫酸鉄(II)グリシン、フマル酸第一鉄、グルコン酸第一鉄、コハク酸鉄 (II)、硫酸鉄、ケイ酸アルミン酸マグネシウムビスマス
クラビリンの作用が弱まるおそれがあります。
副腎皮質ホルモン剤 ヒドロコルチゾンコハク酸エステル、ヒドロコルチゾン酪酸エステル、酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン、吉草酸ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、プレドニソロンピバラート、プレドニゾロンメタスルホ安息香酸ナトリウム、プレドニゾロンテトラヒドロフタル酸ナトリウム、プレドニゾロンステアグラート、ヒドロコルチゾン、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、ヒドロコルチゾンシピオナート、ヒドロコルチゾンリン酸エステルナトリウム、ヘミコハク酸ヒドロコルチゾン、アセポン酸ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン、プレドニゾロン酢酸エステル、プレドニゾロンリン酸エステルナトリウム、テブト酸プレドニゾロン 、プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム、プレドニゾロンファルネシル酸エステル 、プレドニゾロンコハク酸エステル、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム、カプロン酸ヒドロコルチゾン
腱障害のリスクが高まるおそれがあります。
フルルビプロフェン フルルビプロフェンナトリウム、フルルビプロフェン、フルルビプロフェンアキセチル、エスフルルビプロフェン
痙攣などの症状を引き起こすおそれがあります。
QT延長を起こすことが知られている薬剤 デラマニド
QT延長を引き起こすおそれがあります。
プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬 プロチジン酸、メプラノプロフェンアルバメル、ペルビプロフェン、ベダプロフェン、カルプロフェン、シクロプロフェン、クリプロフェン、フラプロフェン、フロブフェン、オキサプロジン、イブプロキサム 、フルノキサプロフェン、アルミノプロフェン、デクスケトプロフェン、ナプロキシノド、イブプロフェン、ナプロキセン、インドブフェン、プラノプロフェン、ザルトプロフェン、ナプロキソール、ケトプロフェン、フェノプロフェン、フルルビプロフェン、デキシブプロフェン、ピケトプロフェン、ロキソプロフェン、フェンブフェン、ベノキサプロフェン、スプロフェン、ピルプロフェン、インドプロフェン、チアプロフェン酸、マブプロフェン
痙攣などの症状を引き起こすおそれがあります。
ワルファリン ワルファリンナトリウム、ワルファリン、ワルファリンカリウム
ワルファリンの作用が強くなりプロトロンビン時間の延長が起こるおそれがあります。
フェニル酢酸系抗炎症薬 アルクロフェナク、アセクロフェナク、イブフェナック、メチアジン酸、フェンクロフェナク、チフラクナトリウム、ジクロフェナク、フェルビナク、ブロムフェナク、アンフェナク、フェンブフェン
痙攣などの症状を引き起こすおそれがあります。

服用できない方

  • ・低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児
  • ・妊娠、または妊娠の可能性がある方
  • ・レボフロキサシンに対し過敏症の既往歴がある方

副作用

重篤な副作用

大動脈解離、ショック、錯乱、急性腎障害、せん妄、抑うつ等の精神症状、過敏性血管炎、重症筋無力症の悪化、皮膚粘膜眼症候群、痙攣、QT延長、心室頻拍、アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、汎血球減少症、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少、間質性肺炎、好酸球性肺炎、偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎、横紋筋融解症、低血糖、大動脈瘤、間質性腎炎、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、末梢神経障害

その他の副作用

循環器 低血圧、動悸、頻脈
肝臓 肝機能異常、ALP上昇、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、LDH上昇、血中ビリルビン増加
感覚器 味覚消失、視覚異常、無嗅覚、耳鳴、味覚異常、嗅覚錯誤
泌尿器 BUN上昇、尿蛋白陽性、頻尿、尿閉、クレアチニン上昇、血尿、無尿
消化器 腹部膨満、胃腸障害、腹部不快感、腹痛、食欲不振、消化不良、口渇、便秘、口内炎、悪心、嘔吐、下痢、舌炎
精神神経系 ぼんやり、幻覚、めまい、頭痛、傾眠、しびれ感、振戦、意識障害、不眠、錐体外路障害
血液 好中球数減少、リンパ球数減少、血小板数減少、白血球数減少、好酸球数増加、貧血
過敏症 そう痒症、蕁麻疹、発疹、光線過敏症
その他 咽喉乾燥、尿中ブドウ糖陽性、高血糖、熱感、浮腫、筋肉痛、脱力感、発熱、関節障害、発汗、CK(CPK)上昇、関節痛、胸部不快感、倦怠感、四肢痛、胸痛

保管方法

・子供の手の届かない冷暗所で、高温多湿や直射日光を避けて保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

レボクイン(クラビット)

アジー(ジスロマック)

クラビット・ジェネリック

価格

¥950

¥2200

¥1700

メーカー

Cipla

Cipla

Cipla

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。