【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

フェブリク

フェブリク1 フェブリク2 フェブリク3 フェブリク4
  • 生活習慣病
  • 痛風

0件のレビュー

フェブリクは有効成分にフェブキソスタットを配合した、痛風を改善する治療薬です。
同じ有効成分を配合した治療薬は国内でも処方されており、こちらはそのジェネリック医薬品となります。
痛風の原因となる尿酸をつくる酵素のキサンチンオキシターゼの働きを阻害します。
この酵素の作用を阻害することで尿酸値を下げることで、痛風や高尿酸血症などの疾患を改善へと導くことができます。
ジェネリック医薬品であることから、安価で購入することができるため治療薬の購入費用を抑えながら治療することが可能です。

店長のオススメポイント

  • 尿酸の生成を抑え痛風を改善
  • 国内でも処方されている成分だから安心

フェブリク 40mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
40mg × 100錠 ¥6,000(¥60/錠) ¥5,300(¥53/錠) 159pt

フェブリク 80mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
80mg × 50錠 ¥6,630(¥132/錠) ¥5,000(¥100/錠) 150pt
80mg × 100錠 ¥9,000(¥90/錠) ¥7,600(¥76/錠) 228pt

商品概要

商品名 フェブリク
成分 フェブキソスタット
効果 痛風
副作用 下痢、関節痛、倦怠感など
飲み方 1日10mgから開始して徐々に増量します。
製造元 Sun Pharma

商品詳細

フェブリクの効果

有効成分であるフェブキソスタットには、キサンチンオキシターゼと呼ばれる酵素の作用を阻害します。
キサンチノキシターゼには酸化型、還元型といったものがありますが、フェブキソスタットはどちらの酵素にも効果を及ぼします。
フェブキソスタットがキサンチンオキシターゼの持つ尿産生成を阻害することで尿酸値を低下させて、痛風や高尿酸血症などを改善へと導きます。

フェブリクの服用方法

服用量

1日の服用量は1日1回10mgから開始し、尿酸値を確認しながら徐々に増量します。
維持量は1日40mgとなっており、症状や年齢などによって最大60mgまで増量することができます。

タイミング

タイミングの指定はありませんが、適切なタイミングを把握するには

フェブリクの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

メルカプトプリン水和物、アザチオプリン イムラン、ロイケリン、アザニン
骨髄抑制等の副作用リスクが高まる可能性があります。

併用注意

ジダノシン ジダノシンの血中濃度が高まるおそれがあります。
ビダラビン アラセナ、ビダラビン
上記薬剤の副作用を強めるおそれがあります。

服用できない方

副作用

重篤な副作用

過敏症、肝機能障害

その他の副作用

腎及び尿路 血中クレアチニン増加、血中尿素増加、頻尿、β-NアセチルDグルコサミニダーゼ増加、尿中β2ミクログロブリン増加、尿量減少
神経系 浮動性めまい、傾眠、頭痛、手足のしびれ感、味覚異常
筋骨格系 四肢不快感、CK増加、関節痛、四肢痛、筋肉痛
内分泌系 TSH増加
肝・胆道系 肝機能検査値異常
血液 血小板数減少、白血球数減少、貧血
胃腸 腹部不快感、悪心、下痢、腹痛
心臓 心電図異常、動悸
その他 CRP増加、血中カリウム増加、倦怠感、口渇、血中トリグリセリド増加、浮腫

保管方法

・高温多湿、直射日光を避けて保管してください。
・子供の手の届かない場所で保管してください。

類似商品の比較

商品名

ザイロリック・ジェネリック

コルヒチン

ザイロリック(痛風)

価格

¥2330

¥2300

¥3050

メーカー

Bristol

Aspen Pharmacare Australia

GlaxoSmithKline

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。