【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ファベリン

ファベリン1 ファベリン2 ファベリン3 ファベリン4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

5件のレビュー

ファベリンは有効成分にフルボキサミンマレイン酸塩を配合した選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。
うつ病の不安やイライラ、緊張などの症状はセロトニンと呼ばれる物質が減少することで起きます。
このファベリンの成分が、そのセロトニンの再取り込みを阻害することで、セロトニン量の減少を防いで、うつ病のさまざまな症状を抑制します。
日本国内でもフルボキサミンマレイン酸塩を配合した治療薬がデプロメールやルボックスといった名称で承認・処方されています。
それらと同じ効果が期待できるので、幅広い方に安心して服用して頂く事が可能です。

店長のオススメポイント

  • 抗うつ薬デプロメールのジェネリック
  • 幅広いうつ症状を改善する

ファベリン 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 30錠 ¥4,160(¥138/錠) ¥3,100(¥103/錠) 93pt
100mg × 60錠 ¥6,500(¥108/錠) ¥5,300(¥88/錠) 159pt

商品概要

商品名 ファベリン
成分 フルボキサミンマレイン酸塩
効果 抗うつ
副作用 吐き気、口の乾き、便秘など
飲み方 1日50~150mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Abbott

商品詳細

ファベリンの効果

有効成分であるフルボキサミンマレイン酸塩には、セロトニンの再取り込みを阻害する作用があります。
これによってセロトニンの再取り込みが抑制されてセロトニン量の低下を防ぐことで、うつ症状の不安やイライラなどを抑えます。
また、こちらのフルボキサミンマレイン酸塩には、他の神経伝達物質に対してはほとんど影響を与えることがありません。
そのため、さまざまなうつ症状の改善に対して効果を発揮するので、安心してお使い頂くことができます。

ファベリンの服用方法

服用量

1日50mgを初期用量として、150mgまで増量します。
服用は1日2回に分けて行います。また、症状や年齢によって適宜用量hを増減する必要があります。

タイミング

服用タイミングの指定はありませんが、適切なタイミングについて把握する場合は事前に医師に相談するようにしてください。

ファベリンの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

他のうつ薬との併用で作用増強が確認されているため、飲酒は避けることが望ましいとされています。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

チザニジン塩酸塩 テルネリン、チザニジン
著しい血圧低下等の副作用リスクがあらわれるおそれがあります。
ピモジド ピモジドの血中濃度が上昇又は半減期が延長することで、心血管系の副作用リスクがあります。
ラメルテオン、メラトニン ロゼレム、ラメルテオン、メラトベル
上記薬剤の作用が強まるおそれがあります。
MAO阻害薬 セレギリン塩酸塩、エクフィナ、エフピー、アジレクト、ヒドラ、ネオイスコチン、イスコチン
ファベリンおよび上記薬剤の作用が強まるおそれがあります。

併用注意

アルコール 他の抗うつ剤で作用の増強が確認されているため。
シクロスポリン サンディミュン、パピロック、ネオーラル
上記薬剤の血中濃度上昇が報告されています。
出血傾向が増強する薬剤 ノバミン、スルモンチール、ワルファリンK、ニューレプチル、ロルノキシカム、フェルビナク、ジクトル、サラゾピリン、ノリトレン、ウインタミン、エトドラク、フルメジン、インドメタシン、メロキシカム、クロルプロマジン塩酸塩、フルデカシン、ピーゼットシー、アリピプラゾール、レボメプロマジン、ナイキサン、ルーラン、ゼポラス、トフラニール、アーズミン、ヒルナミン、ナボール、インサイド、ゼプリオン、アドフィード、アズノール、ケトプロフェン、メサラジン、アサコール、トリラホン、ジクロード、スルピリン、ビプレッソ、ジクロフェナクナトリウム、オステラック、ロルカム、コリフメシン、セクター、セルタッチ、ネバナック、セロクエル、リスパダールコンスタ、ラクティオン、アザルフィジン、セレコックス、アズレン、ソレトン、バイアスピリン、アスピリン、ロピオン、トパルジック、ベンダザック、インダシン、スタデルム、サリチル酸メチル、アナフラニール、ニフラン、レリフェン、オパイリン、ザルトプロフェン、フルカム、ベシカム、プラノプロフェン、イブプロフェン、スルプロチン、コントミン、フェルデン、ロキソプロフェン、モーラス、モービック、ロナセン、ハップスター、アズレイ、カピステン、サリチル酸ナトリウム、サラゾスルファピリジン、フルルビプロフェン、フロベン、イミドール、ブロムフェナクNa、インフリー、サリチル酸Na、エテンザミド、ペロスピロン塩酸塩、ノイボルミチン、ヤクバン、アミトリプチリン塩酸塩、スレンダム、ペオン、オランザピン、ポンタール、ロキソプロフェンナトリウム、AZ、バキソ、ボルタレン、ナパゲルン、ロキソプロフェンNa、レボトミン、ランツジール、ミルタックス、アンプリット、コンベック、ソランタール、インヴェガ、エビリファイ、リアルダ、スピール膏、イドメシン、フエナゾール、ハイペン、インテバン、クエチアピン、インテナース、ブルフェン、イブリーフ、ロキソニン、ジプレキサ、ミリダシン、リスパダール、カトレップ、ブロナック、アルボ、トリプタノール、ピロキシカム、アコニップ、プロチアデン、クリノリル、ジルダザック、ジクロフェナクNa、リスペリドン、クロザリル、ブロナンセリン、フルルバン、サリチル酸、アモキサン、ワーファリン、セレコキシブ、パラミヂン、ペンタサ、ゼムパック
皮膚の異常出血が報告されているため。
キサンチン系気管支拡張剤 ジプロフィリン、モノフィリン、テオドール、テオフィリン、ユニコン、テオロング、アプニション、アミノフィリン、キョーフィリン、ネオフィリン
上記薬剤の代謝が低下するおそれがあります。
メサドン塩酸塩 メサペイン
上記薬剤の血中濃度上昇が報告されています。
β-遮断剤 セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、ベトプティック、ベタキソロール、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、セレクトール、セリプロロール塩酸塩、ブレビブロック、オノアクト、コアベータ、カルビスケン、ピンドロール、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、チモプトール、リズモン、チモロール、ソタコール、ソタロール塩酸塩、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、アドビオール
上記薬剤の血中濃度上昇による徐脈や低血圧などが報告されています。
ゾルピデム酒石酸塩 ゾルピデム酒石酸塩、マイスリー
上記薬剤の血中濃度上昇が報告されています。
抗てんかん剤、ベンゾジアゼピン系薬剤、三環形抗うつ剤、オランザピン、クロザピン、メキシレチン塩酸塩、ロピニロール塩酸塩、シルデナフィルクエン酸塩 レキソタン、バランス、ロラピタ、メキシレチン塩酸塩、リボトリール、ジアゼパム、アレビアチン、シルデナフィル、トフィソパム、エチゾラム、レキップ、アミトリプチリン塩酸塩、ニトラゼパム、ロフラゼプ酸エチル、ソラナックス、オランザピン、ランドセン、レバチオ、ユーロジン、ヒダントール、エスタゾラム、アモキサン、スルモンチール、バイアグラ、メダゼパム、クロルジアゼポキシド、メイラックス、テグレトール、クロチアゼパム、コントール、ワイパックス、ダルメート、ダイアップ、コンスタン、ロピニロール、ソメリン、セパゾン、ロラゼパム、アンプリット、ホリゾン、ミダフレッサ、グランダキシン、ハルロピ、カルバマゼピン、ドルミカム、アナフラニール、レスミット、メンドン、ネルボン、クアゼパム、レンドルミン、ジプレキサ、デパス、レスタス、コレミナール、ノリトレン、フルニトラゼパム、アルプラゾラム、プロチアデン、トリプタノール、リーゼ、ドラール、ブコラム、メキシチール、マイスタン、メレックス、ベンザリン、ハルシオン、イミドール、エリスパン、トリアゾラム、ミダゾラム、ブロマゼパム、セルシン、サイレース、ロラメット、エバミール、セレナール、クロザリル、トフラニール、ブロチゾラム
上記薬剤の血中濃度を上昇させるおそれがあります。
クマリン系抗血液凝固剤 ワーファリン、ワルファリンK
上記薬剤の血中濃度上昇が報告されています。
セロトニン作用を有する薬剤、セイヨウオトギリソウ含有食品 フルボキサミンマレイン酸塩、トラマドール塩酸塩、ザイボックス、デプロメール、アマージ、ルボックス、セルトラリン、ジェイゾロフト、マクサルト、リザトリプタン、L-トリプトファン、スマトリプタン、炭酸リチウム、ワントラム、ナラトリプタン、パキシル、ツートラム、レルパックス、ゾルミトリプタン、リネゾリド、リーマス、イミグラン、エレトリプタン、レクサプロ、ゾーミッグ、メチレンブルー、パロキセチン、トラマール
セロトニン症候群などの症状があらわれるおそれがあります。

服用できない方

  • ・ピモジド、チザニジン塩酸塩、ラメルテオン、メラトニンを投与中の方
  • ・MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
  • ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある方

副作用

重篤な副作用

痙攣、錯乱、妄想、意識障害、アナフィラキシー、セロトニン症候群、悪性症候群、白血球減少、肝機能障害、抗利尿ホルモン適合分泌症候群、せん妄、幻覚、ショック、血小板減少、肝機能障害

その他の副作用

血清電解質 血中ナトリウム低下、血清カリウム上昇あるいは低下、低ナトリウム血症
血液 血清鉄上昇あるいは低下、異常出血、白血球減少、ヘモグロビン減少、貧血
泌尿器 BUN上昇、尿蛋白陽性、尿失禁、排尿困難、排尿障害、頻尿、乏尿、尿閉
過敏症 湿疹、そう痒感、発疹、蕁麻疹、光線過敏性反応
消化器 食欲不振、消化不良、便秘、嘔吐、下痢、腹痛、空腹感、嘔気・悪心、口渇、腹部膨満感、口腔内粘膜腫脹
循環器 低血圧、起立性低血圧、頻脈、動悸、血圧上昇、徐脈
肝臓 肝機能障害
精神神経系 舌麻痺、言語障害、しびれ、運動失調、知覚異常、振戦・アカシジア様症状・顎の不随意運動・開口障害・きょう筋の痙攣等の錐体外路障害、頭痛、不眠、頭がボーっとする、ぼんやり、集中力低下、記憶減退、動作緩慢、あくび、圧迫感、抑うつ感、神経過敏、異常感覚・冷感、激越、眠気、めまい・ふらつき・立ちくらみ、焦燥感、不安感、躁転、気分高揚、性欲障害
その他 関節痛、筋肉痛、浮腫、発熱、ほてり、灼熱感、発汗、視調節障害、眼痛、眼圧迫感、眼がチカチカする、耳鳴、鼻閉、苦味、しゃっくり、味覚異常、散瞳、倦怠感、脱力感、上肢の虚脱、息切れ、胸痛、熱感、歯がカチカチする、体重増加、脱毛、CK上昇、乳汁漏出、高プロラクチン血症、月経異常、勃起障害・射精障害等の性機能異常、緑内障

保管方法

・高温多湿や子供の誤飲を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

グランダキシン・ジェネリック

レメロン・ジェネリック

プロザック

価格

¥2280

¥3100

¥5300

メーカー

Consern Pharma

Gensenta Pharmaceuticals

Eli Lilly

 

ユーザーレビュー

5件のレビュー

星5
 
20%
星4
 
40%
星3
 
20%
星2
 
20%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★
  • 31件のいいね

効果は非常に高いと思います。ただ、副作用が若干気になる部分があるのがマイナスかも。それが無ければ文句無しの星5つですね。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★
  • 32件のいいね

効果はあるかもしれないけど、私には副作用がきつかった。そのせいで効果よりも辛い部分が大きかったのでこの評価です。

並び替え:

匿名

効果は非常に高いと思います。ただ、副作用が若干気になる部分があるのがマイナスかも。それが無ければ文句無しの星5つですね。

匿名

普段デプロメールを使ってるから、同じ成分のこちらを使ってみましたが価格は安いし効果は同じような感じで個人的には大満足です。

マカロニ

服用してみた感想は可もなく不可もなく。効果自体はちゃんと感じられますが、服用の手間が若干かかるのがちょっとマイナスで星3つ

匿名

いや~これは最高だね!これを使うようになってからうつ気味の症状が全くと言っていいほど亡くなった感じだから、ほんとに助かりました!

匿名

効果はあるかもしれないけど、私には副作用がきつかった。そのせいで効果よりも辛い部分が大きかったのでこの評価です。

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。