【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

パナドールミグレストップ

パナドールミグレストップ1 パナドールミグレストップ2 パナドールミグレストップ3 パナドールミグレストップ4
  • 関節痛・偏頭痛・肩こり

0件のレビュー

パナドールミグレストップには、アセトアミノフェン、アセチルサリチル酸、カフェインという3つの成分を配合しています。
これらの中でも、アセトアミノフェンやアセチルサリチル酸には炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンの合成を阻害する作用があります。
これらの成分の作用によって、痛みの原因となる炎症を抑えながら、痛みそのものも抑えることによって、頭痛やその他のさまざまな痛みを改善へと導きます。
有効成分が複数配合されていることによって、非常に高い消炎鎮痛作用に期待することができるようになっています。

店長のオススメポイント

  • 3つの有効成分を配合した頭痛薬
  • さまざまな痛みに効果がある

パナドールミグレストップ 24錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
24錠 × 1箱 ¥2,900(¥2,900/箱) ¥2,000(¥2,000/箱) 60pt
24錠 × 2箱 ¥4,100(¥2,050/箱) ¥2,800(¥1,400/箱) 84pt
24錠 × 3箱 ¥5,200(¥1,733/箱) ¥3,600(¥1,200/箱) 108pt

商品概要

商品名 パナドールミグレストップ
成分 アセトアミノフェン、アセチルサリチル酸、カフェイン
効果 片頭痛改善
副作用 発疹、下痢、倦怠感など
飲み方 1日2錠を水で服用します。
製造元 GSK

商品詳細

パナドールミグレストップの効果

有効成分であるアセトアミノフェンやアセチルサリチル酸には、痛みの原因となるプロスタグランジンの合成を阻害する作用があります。
この作用によって、プロスタグランジンの合成が阻害されることで頭痛などの様々な痛みを改善へと導きます。
痛みを改善するだけでなく、プロスタグランジンによる抗炎症作用も発揮するため、痛みだけでなく炎症そのものを改善する効果にも期待することができます。

パナドールミグレストップの服用方法

服用量

1日の服用量は1回2錠となっています。
2回目の服用を行う場合は、前回服用から6時間以上の時間を空けてください。
また、1日の上限服用量は6錠までとなっているので、上限を超えての服用は厳禁です。

タイミング

服用タイミングの指定はありません。
適切なタイミングを把握するためには、専門医に相談した上で支持を仰ぐようにしてください。

パナドールミグレストップの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールとの併用で消化管出血のリスク増加や肝不全があらわれたという報告があるため、併用には注意が必要です。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤 フエナゾール、トパルジック、フルルバン、カトレップ、ラクティオン、ネバナック、コンベック、ジクロフェナクNa、イブプロフェン、オパイリン、ハイペン、フルカム、ハップスター、インテナース、ボルタレン、ロキソニン、フロベン、ブルフェン、ロキソプロフェンナトリウム、セクター、ブロナック、ジクトル、スルプロチン、フルルビプロフェン、レリフェン、パラミヂン、ナボール、ロキソプロフェン、メロキシカム、リアルダ、スレンダム、バイアスピリン、セレコキシブ、サラゾピリン、ジクロフェナクナトリウム、ペンタサ、セルタッチ、ベンダザック、モービック、コリフメシン、ニフラン、イドメシン、カピステン、ジクロード、ケトプロフェン、スルピリン、サリチル酸ナトリウム、アサコール、ナイキサン、エテンザミド、アズレン、フェルデン、スタデルム、アスピリン、スピール膏、サリチル酸Na、セレコックス、サリチル酸メチル、アズノール、サラゾスルファピリジン、アズレイ、インダシン、インサイド、ヤクバン、モーラス、アルボ、ソレトン、アーズミン、アザルフィジン、ロキソプロフェンNa、ノイボルミチン、プラノプロフェン、ロルノキシカム、クリノリル、ミルタックス、ザルトプロフェン、ポンタール、ブロムフェナクNa、ランツジール、AZ、イブリーフ、フェルビナク、ソランタール、インドメタシン、インフリー、オステラック、ナパゲルン、アドフィード、バキソ、アコニップ、ロルカム、ジルダザック、メサラジン、サリチル酸、ゼポラス、ロピオン、ペオン、ミリダシン、エトドラク、インテバン、ベシカム、ゼムパック、ピロキシカム
血中濃度を低下させるおそれがあります。また、消化器系の副作用が強まるおそれがあります。
ザフィルルカスト ザフィルルカストの血漿中濃度が上昇することがあります。
ドネペジル塩酸塩 ドネペジル塩酸塩、アリセプト
消化性潰瘍を起こすことがあります。
プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2受容体拮抗剤 ブロニカ、ラマトロバン、バイナス
上記薬剤の非結合型分率が上昇することがあります。
β-遮断剤、アンジオテンシン変換酵素阻害剤 リズモン、ゼストリル、カプトリル、プロプラノロール塩酸塩、ピンドロール、オノアクト、ケルロング、インデラル、エナラプリルマレイン酸塩、ソタコール、メトプロロール酒石酸塩、アデカット、セタプリル、ナディック、テモカプリル塩酸塩、コアベータ、セロケン、テノーミン、オドリック、レニベース、リシノプリル、ビソプロロールフマル酸塩、ソタロール塩酸塩、カルビスケン、ミケラン、ペリンドプリルエルブミン、コバシル、レボブノロール塩酸塩、イミダプリル塩酸塩、ロンゲス、ペリンドプリル、ベタキソロール、ブレビブロック、カルテオロール塩酸塩、アテノロール、ビソノ、トランドラプリル、チバセン、ロプレソール、メインテート、チモロール、セリプロロール塩酸塩、セレクトール、タナトリル、ベトプティック、アドビオール、アルセノール、チモプトール、エースコール、ヘマンジオル、ベナゼプリル塩酸塩、ベタキソロール塩酸塩、カプトプリル、アラセプリル
降圧作用が弱まることがあります。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI) パロキセチン、レクサプロ、フルボキサミンマレイン酸塩、パキシル、デプロメール、ルボックス、ジェイゾロフト、セルトラリン
皮膚の異常出血などが報告されています。
ループ利尿剤 フロセミド、ラシックス、トラセミド、ルプラック、アゾセミド、ダイアート
上記薬剤の利尿作用を弱めるおそれがあります。サリチル酸中毒があらわれるおそれがあります。
アルコール 肝不全や消化管出血があらわれることがあります。
ニトログリセリン バソレーター、ニトログリセリン、ニントロペン、メディトランス、ミリス、ミニトロ、ミオコール、ミリスロール、ニトロダーム
ニトログリセリンの作用を弱めるおそれがあります。
カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド ルピアール、ワコビタール、ネオイスコチン、リファンピシン、ノーベルバール、フェノバルビタール、ヒドラ、イスコチン、リファジン、アレビアチン、フェノバール、ヒダントール、プリミドン
上記薬剤との併用で肝障害が生じやすくなるとの報告があります。
タクロリムス水和物、シクロスポリン タクロリムス、タリムス、ネオーラル、サンディミュン、パピロック、シクロスポリン、プログラフ、サンディミュン、プロトピック、シクロスポリン、パピロック、グラセプター
腎障害があらわれることがあります。
フェニトイン ヒダントール、アレビアチン
総フェニトイン濃度を低下させます。
バルプロ酸ナトリウム バルプロ酸Na、デパケン、セレニカ、バルプロ酸ナトリウム
上記作用を強め、振戦などを起こすことがあります。
尿酸排泄促進剤 ベンズブロマロン、ベネシッド、ユリノーム
上記薬剤の作用を弱めることがあります。
メトトレキサート メトトレキサート、リウマトレックス、メソトレキセート
上記薬剤の副作用が強まることがあります。
炭酸脱水酵素阻害剤 ダイアモックス
上記薬剤の副作用を強め、代謝性アシドーシスなどを起こすという報告があります。
糖尿病用剤 ヒューマリン、ノボリン、トルブタミド
上記薬剤の作用を強め低血糖を引き起こすおそれがあります。
乳酸ナトリウム 乳酸Na
パナドールミグレストップの作用が弱まることがあります。
血栓溶解剤 アクチバシン、ウロナーゼ、グルトパ、クリアクター
出血の危険性が高くなるおそれがあります。
チアジド系利尿剤 ベハイド、フルイトラン、トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジド
類薬でチアジド系利尿剤の作用を弱めるという報告があります。
血小板凝集抑制作用を有する薬剤 ドルナー、ケアロード、カタクロット、アンプラーグ、キサンボン、プラビックス、オザグレル、ドメナン、プロサイリン、シロスタゾール、ベラサス、プレタール、エパデール、ベラプロストナトリウム、チクロピジン塩酸塩、ベラプロストNa、オザグレルナトリウム、トラピジル、ロコルナール、クロピドグレル、イコサペント酸エチル、サルポグレラート塩酸塩、パナルジン、オザグレルNa、エパロース、チクロピジン
出血の危険性が高くなるおそれがあります。
リチウム製剤 炭酸リチウム、リーマス
類薬でリチウム中毒を起こしたという報告があります。
血液凝固阻止剤 リコモジュリン、ローヘパ、ヘパリン、オンデキサ、プレタール、ヘパリンCa、ヘパリンカルシウム、リクシアナ、シロスタゾール、ヘパフラッシュ、パルナパリンNa、ヘパフィルド、ダルテパリンNa、アリクストラ、イグザレルト、フラグミン、クレキサン、ヘパリンナトリウム、オルガラン、ヘパリンNa、エリキュース
出血の危険性が高くなるおそれがあります。
副腎皮質ホルモン剤 ジフロラゾン酢酸エステル、サンベタゾン、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、リノロサール、ボアラ、ビジュアリン、コートリル、エリザス、ベルベゾロン、レクタブル、オルテクサー、グリジール、パルミコート、フルチカゾンプロピオン酸エステル、マキュエイド、モメタゾン、メサデルム、レダコート、リドメックス、モメタゾンフランカルボン酸エステル、パンデル、オイラゾン、アフタゾロン、メドロール、クロベタゾールプロピオン酸エステル、ベタメタゾンリン酸エステルNa、フルメタ、ナゾネックス、デキサート、キンダベート、コートン、ジフルプレドナート、ネリゾナ、ベトネベート、リメタゾン、ノギロン、ロコイド、プレドニゾロン酢酸エステル、デキサメサゾン、ベタメタゾン吉草酸エステル、リンデロン、フルタイド、テイカゾン、オルベスコ、デカドロン、スピラゾン、フロリネフ、プレドニゾロン、アフタッチ、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、ケナコルト−A、ステロネマ、プレドネマ、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、トプシム、デルモゾール、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ゼンタコート、ソル・コーテフ、フルナーゼ、アンテベート、クロベタゾン酪酸エステル、フルチカゾン、フルオシノニド、アルメタ、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、ソル・メドロール、ベクロメタゾン、マイザー、ブデソニド、デキサメタゾン、アズマネックス、フルコート、ダイアコート、サンテゾーン、ベタメタゾン、デルモベート、サレックス、テクスメテン、プレドニン、デポ・メドロール、ドレニゾン、サルコート、ハイドロコートン、ビスダーム、エクラー、レナデックス、アラミスト、フルオシノロンアセトニド、アニュイティ、オルガドロン、キュバール、フルオロメトロン、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、コムクロ、トリアムシノロンアセトニド、フルメトロン、D・E・X
サリチル酸中毒を起こすことが報告されています。
クマリン系抗凝固剤 ワルファリンK、ワーファリン
クマリン系抗凝固剤の作用を強めて、出血時間の延長や消化管出血を起こすことがあります。

服用できない方

  • ・重篤な肝障害もしくは、腎障害のある方
  • ・アスピリン喘息の方や、その既往歴のある方
  • ・出産予定日12週以内の方
  • ・消化性潰瘍のある方
  • ・重篤な血液の異常のある方
  • ・重篤な心機能不全のある方
  • ・配合成分に対し過敏症の既往歴のある患者

副作用

重篤な副作用

ショック、アナフィラキシー、出血、中毒性表皮壊死融解症、スティーブンスジョンソン症候群、剥脱性皮膚炎、再生不良性貧血、血小板減少、白血球減少、喘息発作性の誘発、消化性潰瘍、小腸・大腸潰瘍、急性汎発性発疹性膿疱症、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、顆粒球減少症、間質性肺炎、間質性腎炎、急性腎障害

その他の副作用

感覚器 難聴、角膜炎、耳鳴、結膜炎
精神神経系 頭痛、めまい、興奮等
呼吸器 気管支炎
皮膚 そう痒、発汗
循環器 血管炎、血圧低下、心窩部痛
血液 チアノーゼ、血小板減少、貧血、血小板機能低下
腎臓 腎障害
過敏症 発疹、浮腫、蕁麻疹、鼻炎様症状等
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇
消化器 胃痛、腹痛、胃腸障害、食道炎、口唇腫脹、吐血、便秘、下痢、食欲不振、胸やけ、悪心・嘔吐、胃部不快感
その他 過敏症、代謝性アシドーシス、倦怠感、過呼吸、低血糖等

保管方法

・子供の手の届かない場所で保管してください。
・直射日光や高温多湿を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ロキソニン

ナイキサン・ジェネリック

ボルタレン

価格

¥8900

¥2750

¥2500

メーカー

第一三共株式会社

RPG Life

Novartis

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。