【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

リオサイトメル

リオサイトメル1 リオサイトメル2 リオサイトメル3 リオサイトメル4
  • その他

0件のレビュー

リオサイトメルは有効成分としてリオチロニンナトリウムを配合した甲状腺ホルモン製剤です。
甲状腺機能低下症や粘液水腫などの治療のために使用されています。
甲状腺ホルモンは、体温や新陳代謝などの調整によってエネルギー調整を行っていますが、甲状腺機能が低下することでさまざまな症状があらわれてしまいます。
リオサイトメルなどの甲状腺ホルモン製剤を服用することによって、甲状腺ホルモンを補充することで甲状腺機能低下を改善します。
こちらのリオサイトメルは、日本で処方されているチロナミンと同じ有効成分を配合しているジェネリック医薬品となります。
そのため、チロナミンを服用されている方であれば安心してご利用いただけます。

店長のオススメポイント

  • 甲状腺機能低下症などを改善する治療薬
  • チロナミンのジェネリック医薬品

リオサイトメル

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
90錠 ¥4,000(¥44/錠) ¥3,700(¥41) 111pt

商品概要

商品名 リオサイトメル
成分 リオチロニンナトリウム
効果 慢性甲状腺炎や甲状腺腫の治療
副作用 頭痛、嘔吐、下痢など
飲み方 1日5~75μgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Lloyd Laboratorys

商品詳細

リオサイトメルの効果

有効成分であるリオチロニンナトリウムは、甲状腺ホルモンの一種です。
甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの合成低下や変化低下などによって起きます。
リオサイトメルを服用することで、甲状腺ホルモンを直接補充する事ができ、甲状腺機能低下症を改善へと導きます。
甲状腺ホルモン補充療法は、幅広く利用されている手法のひとつであり、リオサイトメルは役立てられています。

リオサイトメルの服用方法

服用量

1日の服用量は初回量として5~25μgとなっています。
その後、1~2週間間隔で少量ずつ増量し、維持量は25~75μgとなっています。
適切な用量については、症状や年齢よって変わるため専門医の支持に従って服用するようにしてください。

タイミング

服用タイミングの指定はありません。
適切な服用タイミングについては、専門医の指示を仰ぐようにして下さい。

リオサイトメルの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

経口エストロゲン製剤 プロセキソール、エストラーナ、エストラジオール、ディビゲル、ジュリナ、ル・エストロジェルペラニン、プロギノン、エストリール、エストリオール、ホーリン、プレマリン
甲状腺ホルモン値を低下させるおそれがあります。
血糖降下剤 ジベトス、リキスミア、リオベル、グリメピリド、オイグルコン、ジャヌビア、セイブル、スージャヌ、ボグリボース、フォシーガ、メタクト、ザファテック、トルリシティ、リベルサス、カナリア、メトホルミン、メトホルミン塩酸塩、ナテグリニド、オングリザ、デアメリン、デベルザ、ベイスン、グリコラン、マリゼブ、カナグル、オゼンピック、ジャディアンス、エクア、クロルプロパミド、スターシス、エクメット、ルセフィ、アマリール、イニシンク、スイニー、ビデュリオン、グリクラジド、グルベス、レパグリニド、ファスティック、グリベンクラミド、ツイミーグ、トラディアンス、トラゼンタ、スーグラ、ミグリトール、グルコバイ、ブホルミン塩酸塩、ソニアス、グリミクロン、バイエッタ、アクトス、アカルボース、ビクトーザ、グラクティブ、ネシーナ、メトアナ、シュアポスト、グルファスト、テネリア、ジメリン、ピオグリタゾン、ミチグリニドCa、メトグルコ
血糖管理状況が変わるおそれがあります。
アミオダロン アミオダロン塩酸塩、アンカロン、アミオダロン
甲状腺ホルモン値を低下させるおそれがあります。
強心配糖体製剤 ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド
血清ジゴキシン濃度の上昇や低下の恐れがあります。
フェニトイン製剤、カルバマゼピン、フェノバルビタール リオサイトメルの血中濃度を低下させるおそれがあります。
交感神経刺激剤 エピペン、ホクナリン、スピロペント、メチルドパ、ネオシネジン、アノーロ、デクスメデトミジン、ズファジラン、メトリジン、ドブトレックス、ドブタミン塩酸塩、デノパミン、ミドドリン塩酸塩、フェノテロール臭化水素酸塩、プレセデックス、ベラチン、メプチン、サルタノール、クレンブテロール、カルグート、ブリカニール、アンカロン、アルドメット、アイオピジン、ヱフェドリン、イノリン、ベタニス、ノルアドリナリン、プロタノール、ピバレフリン、インチュニブ、サルブタモール、プロカテロール塩酸塩、オーキシス、チザニジン、アスプール、ドブタミン、アイファガン、ベネトリン、セレベント、アミオダロン、プリビナ、dl−塩酸メチルエフェドリン、ウテメリン、アドレナリン、カタプレス、メチエフ、メチルエフェドリン、イソメニール、ボスミン、ブリモニジン酒石酸塩、ツロブテロール塩酸塩、アミオダロン塩酸塩、ツロブテロール、リトドリン塩酸塩、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、ベロテック、オンブレス、テルネリン
上記薬剤の作用を増強するおそれがあります。
コレスチラミン、コレスチミド、鉄剤、アルミニウム含有制酸剤、炭酸カルシウム、炭酸ランタン水和物、セベラマー塩酸塩 クエストラン、コレバイン、フェルム、フェロ・グラデュメット、フェロミア、クエン酸第一鉄Na、ピートル、フェジン、リオナ、インクレミン、モノヴァー、乾燥水酸化アルミニウムゲル、合成ケイ酸アルミニウム、アドソルビン、アイスフラット、アシドレス、タイメック、ディクアノン、マグテクト、マックメット、マルファ、マーレッジ、マーロックス、リタロクス、カルタン、沈降炭酸カルシウム、炭カル、ホスレノール、炭酸ランタン、フォスブロック、レナジェル
リオサイトメルの吸収が遅延又は減少するおそれがあります。
クマリン系抗凝血剤 ワーファリン、ワルファリンK
クマリン系抗凝血剤の作用を増強するおそれがあります。

服用できない方

  • ・新鮮な心筋梗塞のある方

副作用

重篤な副作用

ショック、狭心症、うっ血性心不全、黄疸、肝機能障害、副腎クリーゼ

その他の副作用

消化器 嘔吐、食欲不振、下痢
過敏症 発疹
精神神経系 頭痛、めまい、発汗、振戦、不眠、神経過敏・興奮・不安感・躁うつ等の精神症状
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇
循環器 脈拍増加、心悸亢進、不整脈
その他 体重減少、脱力感、筋肉痛、月経障害、皮膚の潮紅

保管方法

・子供の誤飲を避けるため、子供の手の届かない場所で保管してください。
・直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ボラザ・ジェネリック

シプロフロキサシン点眼薬

レトロゾール

価格

¥2100

¥620

¥2000

メーカー

Recordati

Cipla

Healing Pharma

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。