【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

アポカンデサルタン

アポカンデサルタン1 アポカンデサルタン2 アポカンデサルタン3 アポカンデサルタン4
  • 生活習慣病

6件のレビュー

アポカンデサルタンは有効成分にカンデサルタンシレキセチルを配合した高血圧の治療薬です。
有効成分がアンジオテンシンⅡ受容体の拮抗作用を持ち、この作用によって血管の収縮を阻害することで、血圧を低下させます。
こちらのアポカンデサルタンの有効成分を配合した治療薬が日本でも「ブロプレス」や「カンデサルタン」といった名称で承認・処方されています。
そのため、成分の効果の確かさや安全性は非常に高いと言えるため、幅広い方に安心してご使用いただくことが可能となっています。
こちらのアポカンデサルタンはジェネリックであるため、安価で購入していただくことが可能です。

店長のオススメポイント

  • 血圧を下げる治療薬
  • 日本でも処方されてる薬のジェネリック

アポカンデサルタン 8mg30錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
8mg30錠 × 1箱 ¥2,860(¥2,860/箱) ¥2,100(¥2,100/箱) 63pt
8mg30錠 × 2箱 ¥3,770(¥1,885/箱) ¥2,800(¥1,400/箱) 84pt
8mg30錠 × 3箱 ¥4,680(¥1,560/箱) ¥3,500(¥1,167/箱) 105pt

商品概要

商品名 アポカンデサルタン
成分 カンデサルタンシレキセチル
効果 高血圧
副作用 貧血、めまい、頭痛など
飲み方 1日2~12mgを水かぬるま湯で服用してください。
製造元 Apotex

商品詳細

アポカンデサルタンの効果

有効成分であるカンデサルタンシレキセチルには、アンジオテンシンⅡタイプ1受容体とアンジオテンシンⅡが結合するのを阻害します。
この拮抗作用によって、血管収縮作用を抑制して血管を広げます。
血管が広がることによって、末梢血管の抵抗が低下して血圧を低下させてます。
また、副腎でのアルドステロン遊離を抑制することでも、降圧作用を発揮すると考えられています。
これらの降圧作用によって、高血圧を改善へと導きます。

アポカンデサルタンの服用方法

服用量

1日1回、4~8mgを水かぬるま湯で服用します。
また、必要に応じて12mgまで増量することができます。
服用量については、腎障害があるような場合は2mgから開始し、上限は8mgとなります。
年齢や症状などによって、適宜用量を増減する必要があるため、適切な用量を把握するには専門医の指示を仰いでください。

タイミング

服用のタイミングに指定はありません。
ですが、適切なタイミングについては、専門医に相談した上で指示を仰ぐようにしてください。

アポカンデサルタンの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

非ステロイド性消炎鎮痛剤、COX-2選択的阻害剤 アザルフィジン、アズノール、サリチル酸メチル、ブロナック、ハイペン、サラゾスルファピリジン、ミリダシン、ブロムフェナクNa、ヤクバン、ゼポラス、フェルデン、サリチル酸Na、アドフィード、ケトプロフェン、ロルカム、ラクティオン、ロキソプロフェンNa、レリフェン、バイアスピリン、ネバナック、セクター、セレコキシブ、AZ、フロベン、ジクロフェナクナトリウム、ペンタサ、フエナゾール、ハップスター、ジクロード、サラゾピリン、ポンタール、カトレップ、ペオン、スタデルム、アコニップ、ロキソプロフェンナトリウム、ジルダザック、セレコックス、ランツジール、リアルダ、ロキソプロフェン、インダシン、エトドラク、ロピオン、フェルビナク、インサイド、セルタッチ、トパルジック、ミルタックス、ゼムパック、オステラック、オパイリン、パラミヂン、カピステン、ロルノキシカム、ジクロフェナクNa、フルルバン、ロキソニン、アズレン、ベシカム、アサコール、イブリーフ、エテンザミド、メサラジン、ナパゲルン、コリフメシン、ピロキシカム、クリノリル、アスピリン、サリチル酸ナトリウム、コンベック、インフリー、ソレトン、プラノプロフェン、スレンダム、イブプロフェン、スルピリン、ザルトプロフェン、ブルフェン、アーズミン、モービック、スルプロチン、ベンダザック、アルボ、ジクトル、インテナース、ニフラン、ノイボルミチン、バキソ、モーラス、フルルビプロフェン、ナボール、インドメタシン、ボルタレン、ナイキサン、イドメシン、アズレイ、インテバン、ソランタール、フルカム、メロキシカム
腎障害がある方の場合、腎障害が悪化するおそれがあります。また、降圧作用が弱まることがあります。
カリウム保持性利尿剤、アプレレノン、カリウム補給剤 スピロノラクトン、アルダクトン、セララ、ケレンディア、トリテレン
血清カリウム値が上昇することがあります。
アンジオテンシン変換酵素阻害剤及びβ遮断剤、ループ利尿剤及びカリウム保持性利尿剤 カルテオロール塩酸塩、ピンドロール、メインテート、カプトプリル、アルダクトン、ブレビブロック、アゾセミド、エナラプリルマレイン酸塩、フロセミド、ベナゼプリル塩酸塩、エースコール、ラシックス、アラセプリル、カプトリル、コバシル、トラセミド、インデラル、ビソノ、ソタロール塩酸塩、ビソプロロールフマル酸塩、イミダプリル塩酸塩、コアベータ、ペリンドプリル、ベタキソロール、アルセノール、テモカプリル塩酸塩、プロプラノロール塩酸塩、セレクトール、ロンゲス、ケルロング、ベタキソロール塩酸塩、レニベース、ゼストリル、スピロノラクトン、アドビオール、チモロール、トリテレン、ソタコール、ダイアート、セリプロロール塩酸塩、ロプレソール、カンレノ酸カリウム、リズモン、ベトプティック、ナディック、トランドラプリル、ルプラック、ミケラン、レボブノロール塩酸塩、ソルダクトン、オドリック、ヘマンジオル、アテノロール、テノーミン、ペリンドプリルエルブミン、セタプリル、チモプトール、セロケン、リシノプリル、メトプロロール酒石酸塩、タナトリル、カルビスケン、オノアクト、ケレンディア、セララ、アデカット、チバセン
上記薬剤の併用にアポカンデサルタンを更に併用すると、低血圧や立ちくらみなどがあらわれる頻度が高まります。
利尿剤 フロセミド、ラシックス、トリクロルメチアジド、フルイトラン
降圧作用が増強するおそれがあります。
リチウム 炭酸リチウム、リーマス
リチウム中毒の報告があります。
アンジオテンシン変換酵素阻害剤 アデカット、カプトリル、ペリンドプリル、チバセン、セタプリル、ゼストリル、ロンゲス、トランドラプリル、ベナゼプリル塩酸塩、エナラプリルマレイン酸塩、リシノプリル、ペリンドプリルエルブミン、アラセプリル、イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩、コバシル、エースコール、オドリック、カプトプリル、レニベース、タナトリル
腎機能障害や高カリウム血症、低血圧を起こすおそれがあります。
アリスキレンフマル酸塩 ラジレス
腎機能障害や高カリウム血症、低血圧を起こすおそれがあります。

服用できない方

  • ・妊娠またはその可能性がある方
  • ・アリスキレンフマル酸塩を投与されている糖尿病の方
  • ・配合成分に対し過敏症の既往歴がある方

副作用

重篤な副作用

黄疸、無顆粒球症、失神、意識消失、急性腎障害、横紋筋融解症、低血糖、血管浮腫、ショック、高カリウム血症、肝機能障害

その他の副作用

腎臓 BUN、クレアチニンの上昇、蛋白尿
精神神経系 不眠、眠気、舌のしびれ感、頭痛、頭重感、四肢のしびれ感
血液 白血球増多、好酸球増多、貧血、白血球減少、血小板減少
循環器 動悸、ほてり、期外収縮、めまい、ふらつき、立ちくらみ、心房細動
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、AL-P、LDH、γ-GTPの上昇
過敏症 蕁麻疹、そう痒、発疹、湿疹、光線過敏症
消化器 食欲不振、胃部不快感、心窩部痛、悪心、嘔吐、下痢、口内炎、味覚異常
その他 血中尿酸上昇、血清総タンパク減少、浮腫、咳、血中カリウム上昇、総コレステロール上昇、血中CK(CPK)上昇、CRP上昇、低ナトリウム血症、腰背部痛、倦怠感、脱力感、鼻出血、頻尿、筋肉痛

保管方法

・子供の誤飲を避けるため、高所で保管してください。
・直射日光などを避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

メインテート・ジェネリック

コンコール

オキシタード(生活習慣病の改善)

価格

¥2240

¥1880

¥1700

メーカー

Intas Pharmaceuticals

Merk Sharp&Dohme

Himalaya Herbals

 

ユーザーレビュー

6件のレビュー

星5
 
17%
星4
 
50%
星3
 
17%
星2
 
17%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★
  • 35件のいいね

使い勝手や効果、価格など基本的にすべての点で高い水準でまとまってるかと思います。自宅などから注文できるのもやっぱり大きいですね。特に大きくマイナスって思える部分がないかも。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★
  • 28件のいいね

使用感などは特に違いは感じないけど、ちょっと届くまでに時間がかかってしまうというのはやっぱり気になっちゃうかな。そこさえなければ本当に完璧なんだけど(笑)

並び替え:

匿名

使い勝手や効果、価格など基本的にすべての点で高い水準でまとまってるかと思います。自宅などから注文できるのもやっぱり大きいですね。特に大きくマイナスって思える部分がないかも。

かつま

使用感などは特に違いは感じないけど、ちょっと届くまでに時間がかかってしまうというのはやっぱり気になっちゃうかな。そこさえなければ本当に完璧なんだけど(笑)

匿名

コロナのおかげで外出するのを最小限に抑えていたんですが、通院を抑えるっていうのはこれを知るまではできなかったんですが、普段飲んでる薬と同じ成分を含んでいるこちらを通院せずに手にできるということだったので非常jに助かってます。

匿名

私がいつも使ってたプログレスは4mgでこっちは8mgってことで、分割して1錠を2日で使ってます。そのおかげで、1箱が長くもつし薬にかかるお金の部分も節約できてるので助かります。

匿名

個人的には大安定の血圧薬ですね。これまではブロプレスを使ってたんですけど、同じ成分を配合してるこっちに変更しました。使った感じ、血圧も正常値で安定してるし副作用も全く感じないので今も変わらず使ってます。

匿名

血圧のために購入してます。1カ月当たりの価格もこれのおかげでかなり抑えることができるようになってるので、懐的にもの凄く助かっちゃってますね。

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。