【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

リスパダール

リスパダール1 リスパダール2 リスパダール3 リスパダール4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

リスパダールは有効成分としてリスペリドンを配合した統合失調症の症状を改善する治療薬です。
日本でも、リスパダールは処方されている治療薬であり、こちらはそのジェネリックとなります。
日本国内でも処方されている治療薬と同じ成分であるため、その効果の確かさや安全性は高いものとなっています。
こちらのリスパダールはジェネリックであるため、新薬と比べて安価となっているため継続して治療を行うというような場合には、費用の負担を改善できます。

店長のオススメポイント

  • 統合失調症を改善する治療薬
  • リスペリドンのジェネリック医薬品

リスパダール 2mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg × 100錠 ¥5,000(¥50/錠) ¥4,400(¥44/錠) 132pt

リスパダール 4mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
4mg × 100錠 ¥7,500(¥75/錠) ¥6,650(¥67/錠) 199pt

商品概要

商品名 リスパダール
成分 リスペリドン
効果 統合失調症
副作用 貧血、低血圧、便秘など
飲み方 1日2回、1~6mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Consern Pharma

商品詳細

リスパダールの効果

リスパダールの有効成分であるリスペリドンは、ドパミン受容体とセロトニン2受容体を遮断します。
これらの受容体が遮断されることによって、ドーパミン神経系の機能亢進によってあらわれる統合失調症の陽性症状を改善したり、ドーパミン神経系の働きが良くして、陰性症状を改善します。
統合失調症の症状に対して効果的に改善することができるため、多くの方に活用されています。

リスパダールの服用方法

服用量

1日2回、1回あたり1mgから服用を開始します。
その後、徐々に服用量を増量し1日2回、2~6mgを服用します。
1日の上限量は12mgとして、年齢や症状によって適宜増減します。

タイミング

服用するタイミングに関しては、専門医に相談した上で適切な服用タイミングの指示を仰いでください。

リスパダールの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールとの併用はリスパダール、アルコールそれぞれの作用を強めるおそれがあるため、併用はお避け下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

アドレナリン アドナレナリン、ボスミン、エピペン
血圧降下を起こすことがあります。

併用注意

CYP3A4阻害薬、CYP2D6阻害薬 ポララミン、ネオーラル、コントミン、ミドドリン塩酸塩、イトリゾール、カイロック、ホスアプレピタント、ウインタミン、プロイメンド、セレコックス、フルコナゾール、ボノサップ、ファリーダック、フルボキサミンマレイン酸塩、シメチジン、シクレスト、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、アプレゾリン、サンディミュン、クレマスチン、オラデオ、ジョサマイ、エンペシド、イメンド、ベプリコール、ラパリムス、クラリシッド、パーロデル、イトラコナゾール、テルビナフィン塩酸塩、アプレピタント、エクリラ、ラニチジン、シクロスポリン、ノウリアスト、塩酸メトクロプラミド、ラベキュア、プリジスタ、プロセキソール、ラミシール、パロキセチン、サインバルタ、アナストロゾール、パピロック、タガメット、カログラ、レクサプロ、ノクサフィル、テネリア、ダフクリア、ジフルカン、チクロピジン塩酸塩、ベタニス、レグパラ、デプロメール、パキシル、メトクロプラミド、ルリコン、パナルジン、プリンペラン、ブロモクリプチン、セレコキシブ、デュロキセチン、スタリビルド、タベジール、チクロピジン、ビカルタミド、ジョサマイシン、レイアタッツ、ホメピゾール、クラリス、ルボックス、レクシヴァ、クロトリマゾール、アリミデックス、クロルプロマジン塩酸塩、メトリジン、ディアコミット、テルビナフィン、プロジフ、ルコナック、ビジンプロ、クラリスロマイシン、カソデックス
リスパダール及び上記薬剤の血中濃度が高まることがあります。
アルコール リスパダール及びアルコールの作用を強めることがあります。
CYP3A4誘導薬 アーリーダ、テグレトール、デキサメタゾン、デカドロン、モディオダール、ビジュアリン、リファンピシン、タフィンラー、ゼルボラフ、ホストイン、ボセンタン、リファジン、イメンド、リメタゾン、アプレピタント、エリザス、ジャドニュ、D・E・X、デフェラシロクス、リフキシマ、インテレンス、テイカゾン、カルバマゼピン、デキサメサゾン、ノーモサング、メサデルム、トラクリア、オイラゾン、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、サンテゾーン、レナデックス、ボアラ、ストックリン、プロイメンド、メサペイン、オルガドロン、アフタゾロン、ホスアプレピタント、デキサート
リスパダール及び上記薬剤の血中濃度が下がることがあります。
ドパミン作動薬 パーロデル、ブロモクリプチン、カバサール、カベルゴリン、ハルロピ、レキップ、ロピニロール、ニュープロ、ラツーダ、イノバン、ツルドパミ、ドパミン、ドパミン塩酸塩、アポカイン、ドパストン、ドパゾール、ペルマックス、ペルゴリド、メシル酸ペルゴリド、ミラペックス、プラミペキソール塩酸塩、ビ・シフロール
リスパダール及び上記薬剤の作用を弱めることがあります。
降圧薬 ベニジピン、ペリンドプリル、アイミクス、アプレゾリン、セロケン、ベハイド、アラセプリル、ミカムロ、セパミット、テナキシル、アルドメット、ミリスロール、ヘルベッサー、プレミネント、ビソノ、ユニシア、アテレック、バソメット、アデカット、テルミサルタン、テモカプリル塩酸塩、ビソプロロールフマル酸塩、ベック、バルサルタン、リシノプリル、オルメテック、タナトリル、アゼルニジピン、インデラル、トリクロルメチアジド、カルテオロール塩酸塩、プロプラノロール塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩、アバプロ、フルイトラン、ミオコール、アダラート、ジルムロ、バソレーター、ミカトリオ、カムシア、レザルタス、アテノロール、イミダプリル塩酸塩、ヒポカ、ノルバスク、ドキサゾシン、レニベース、コニール、イルベタン、カルバン、エンレスト、ロサルタンK、アルセノール、ミカルディス、ニバジール、エナラプリルマレイン酸塩、ナディック、ベナゼプリル塩酸塩、カルデナリン、アルダクトン、メディトランス、ロサルタンカリウム、ハイパジール、イルトラ、メフルシド、イルベサルタン、フェロジピン、セララ、アーチスト、ニカルジピン塩酸塩、コバシル、アテディオ、スピロノラクトン、アムロジピン、アジルバ、ミコンビ、ニューロタン、チバセン、セタプリル、ブロプレス、カデチア、ニフェジピン、テノーミン、ベニジピン塩酸塩、ペルジピン、セレクトール、マニジピン塩酸塩、バイカロン、スプレンジール、エカード、トランドラプリル、塩酸ベニジピン、ヒドロクロロチアジド、ペリンドプリルエルブミン、カルビスケン、ニトロペン、トリテレン、ミニプレス、ロプレソール、ケルロング、ナトリックス、シルニジピン、トランデート、カプトプリル、カタプレス、ローガン、オドリック、テラムロ、サプレスタ、カルスロット、ベタキソロール塩酸塩、ランデル、エックスフォージ、ニトログリセリン、ニトプロ、ラジレス、メトプロロール酒石酸塩、エースコール、ピンドロール、メインテート、セリプロロール塩酸塩、エブランチル、ニトレンジピン、ニルバジピン、メチルドパ、カルブロック、アロチノロール塩酸塩、イルアミクス、テルチア、ザクラス、ディオバン、カルベジロール、コディオ、ロサルヒド、オルメサルタン、ワイテンス、ノルモナール、バイロテンシン、アムバロ、バルヒディオ、ニトロダーム、デタントール、ロンゲス、ミリス、ラベタロール塩酸塩、カプトリル、ミニトロ、ミケラン、ゼストリル、アムロジン、カンデサルタン
降圧作用が強まるおそれがあります。
中枢神経抑制剤 ラボナール、ラボナ、イソミタール、アイオナール、チトゾール、イソゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン
リスパダール及び上記薬剤の作用を強めることがあります。

服用できない方

  • ・リスペリドン及びパリペリドンに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・昏睡状態の方
  • ・アドレナリンを投与されている方
  • ・中枢神経抑制剤の強い影響下にある方

副作用

重篤な副作用

低血糖、無顆粒球症、白血球減少、黄疸、横紋筋融解症、不整脈、脳血管障害、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、肺塞栓症、深部静脈血栓症、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、持続性勃起症

その他の副作用

血管障害 高血圧、末梢冷感、潮紅、起立性低血圧、低血圧、末梢循環不全
傷害、中毒および処置合併症 引っかき傷、転倒・転落、処置による疼痛
心臓障害 心室性期外収縮、房室ブロック、右脚ブロック、頻脈、洞性頻脈、動悸、上室性期外収縮、不整脈、徐脈、左脚ブロック、洞性徐脈
臨床検査 尿中蛋白陽性、Al-P増加、ヘマトクリット減少、心電図T波逆転、血中尿素増加、心電図異常、心電図QT延長、好酸球数増加、γ-GTP増加、グリコヘモグロビン増加、血小板数減少、総蛋白減少、体重減少、体重増加、白血球数減少、血中尿酸増加、尿中血陽性、ALT(GPT)増加、CK(CPK)増加、AST(GOT)増加、血中クレアチニン増加、血中ブドウ糖増加、LDH増加、血圧低下、血中プロラクチン増加、血中ナトリウム減少、血中トリグリセリド増加、白血球数増加、肝酵素上昇、尿糖陽性
耳および迷路障害 回転性めまい、耳痛、耳鳴
全身障害および投与局所様態 胸部不快感、胸痛、顔面浮腫、末梢性浮腫、疼痛、不活発、浮腫、低体温、インフルエンザ様疾患、悪寒、易刺激性、倦怠感、口渇、無力症、疲労、歩行障害、発熱、気分不良、薬剤離脱症候群
眼障害 眼脂、結膜炎、網膜動脈閉塞、霧視、眼充血、眼瞼縁痂皮、眼乾燥、流涙増加、羞明、緑内障、調節障害、眼球回転発作、眼瞼痙攣、視力低下、術中虹彩緊張低下症候群
生殖系および乳房障害 女性化乳房、性機能不全、乳房不快感、勃起不全、月経遅延、希発月経、腟分泌物異常、乳房腫大、月経障害、無月経、乳汁漏出症、不規則月経、射精障害、乳房分泌
神経系障害 会話障害、味覚異常、記憶障害、てんかん、末梢性ニューロパチー、協調運動異常、過眠症、弓なり緊張、失神、アカシジア、振戦、傾眠、構音障害、ふらつき、頭痛、ジストニー、鎮静、めまい、立ちくらみ、運動低下、ジスキネジア、パーキンソニズム、錐体外路障害、精神運動亢進、無動、痙攣、注意力障害、構語障害、しびれ感、よだれ、仮面状顔貌、頭部不快感、嗜眠、錯感覚、意識レベルの低下、平衡障害、刺激無反応、運動障害、意識消失
腎および尿路障害 尿閉、頻尿、排尿困難、尿失禁
精神障害 精神症状、睡眠障害、緊張、自殺企図、錯乱状態、リビドー亢進、徘徊、リビドー減退、神経過敏、不眠症、不安、激越、妄想、うつ病、幻覚、抑うつ症状、躁病、被害妄想、気力低下、情動鈍麻、無オルガズム症、悪夢、睡眠時遊行症
筋骨格系および結合組織障害 四肢痛、関節痛、姿勢異常、筋骨格痛、筋攣縮、関節硬直、筋力低下、頚部痛、筋骨格系胸痛、筋固縮、筋肉痛、斜頚、背部痛、筋痙縮
代謝および栄養障害 食欲亢進、多飲症、食欲減退、高尿酸血症、食欲不振、高脂血症、水中毒
皮膚および皮下組織障害 ざ瘡、脱毛症、血管浮腫、皮膚乾燥、頭部粃糠疹、脂漏性皮膚炎、皮膚変色、皮膚病変、蕁麻疹、多汗症、発疹、そう痒症、湿疹、過角化、紅斑、水疱
内分泌障害 高プロラクチン血症
肝胆道系障害 肝機能異常
免疫系障害 アナフィラキシー反応、過敏症
胃腸障害 胃不快感、下痢、胃炎、腹部膨満、腹痛、消化不良、上腹部痛、唾液欠乏、腸閉塞、膵炎、歯痛、便秘、流涎過多、悪心、嘔吐、嚥下障害、口内乾燥、糞塊充塞、便失禁、口唇炎、舌腫脹
血液およびリンパ系障害 血小板減少症、貧血、好中球減少症
呼吸器、胸郭および縦隔障害 睡眠時無呼吸症候群、口腔咽頭痛、鼻出血、肺うっ血、喘鳴、嚥下性肺炎、発声障害、気道うっ血、ラ音、鼻閉、呼吸困難、咳嗽、鼻漏、副鼻腔うっ血、呼吸障害、過換気
感染症および寄生虫症 副鼻腔炎、皮下組織膿瘍、尿路感染、ウイルス感染、蜂巣炎、扁桃炎、眼感染、中耳炎、爪真菌症、気管支炎、鼻咽頭炎、咽頭炎、肺炎、胃腸炎、感染、膀胱炎、耳感染、インフルエンザ、限局性感染、気道感染、鼻炎、ダニ皮膚炎

保管方法

・高温多湿や子供の手を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

アリピゾル(エビリファイ)

テグレトール・ジェネリック

コントミン・ジェネリック

価格

¥1150

¥2100

¥2600

メーカー

Sun Pharmaceutical

Myfarma ilac San

DD Pharmaceuticals

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。