【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

アマリール

アマリール1 アマリール2 アマリール3 アマリール4
  • 生活習慣病

0件のレビュー

アマリールは有効成分にグリメピリドを配合した2型糖尿病の改善薬で、日本国内でも処方されています。
こちらのアマリールはその海外版となっています。
グリメピリドは膵臓のβ細胞を刺激する作用があり、これによって、インスリンの分泌を促します。
インスリンの分泌が促進されることで、インスリンによる血糖降下作用を強めて血糖値を下げて糖尿病を改善します。
アマリールはインスリン不足が原因となる2型糖尿病を改善しますが、インスリン分泌ができない1型糖尿病に対しては効果がないため注意が必要です。

店長のオススメポイント

  • 血糖を下げる2型糖尿病改善薬
  • 国内でも処方されている治療薬だから安心

アマリール 1mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
1mg × 30錠 ¥2,730(¥91/錠) ¥2,000(¥67/錠) 60pt
1mg × 60錠 ¥3,900(¥65/錠) ¥2,900(¥48/錠) 87pt
1mg × 90錠 ¥5,400(¥60/錠) ¥3,950(¥44/錠) 118pt

アマリール 2mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
2mg × 30錠 ¥2,860(¥95/錠) ¥2,100(¥70/錠) 63pt
2mg × 60錠 ¥4,160(¥69/錠) ¥3,100(¥52/錠) 93pt
2mg × 90錠 ¥5,700(¥63/錠) ¥4,200(¥47/錠) 126pt

商品概要

商品名 アマリール
成分 グリメピリド
効果 糖尿病改善
副作用 頭痛、腹痛、嘔気など
飲み方 1日1~2回、1回あたり0.5~4mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 サノフィ株式会社

商品詳細

アマリールの効果

有効成分のグリメピリドは膵臓にあるβ細胞を刺激します。
β細胞が刺激されることで、血糖値を下げる作用があるインスリンの分泌を促します。
インスリンの分泌が促進されて増えることで、血糖値を効果的に下げることで糖尿病を改善することが可能です。
こちらのグリメピリドは膵臓β細胞を刺激して、インスリンの分泌を促して糖尿病を改善するため、インスリンの分泌ができない1型糖尿病に対しては効果を発揮しないという点には注意が必要です。

アマリールの服用方法

服用量

1日0.5~1mgで開始し、必要に応じながら服用量を増減させていきます。
維持量は1日1~4mgとなっています。これを1日1~2回水かぬるま湯で服用します。
服用上限量は6mgとなっているため、それを超えることが無いようにする必要があります。

タイミング

服用タイミングについては、朝もしくは朝と夕方の食前か食後となっています。
より適切なタイミングを把握するには、専門医の指示を仰ぐようにしてください。

アマリールの注意点

食事の影響の有無

低血糖リスクがあるため、適切な食事を行う必要があります。

アルコールの影響の有無

過度なアルコールの摂取はお控え下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

サルファ剤 ゲーベン
低血糖症状が起こることがあります。
糖尿病用薬 ノボラピッド、メトホルミン、レベミル、ヒューマリン、オゼンピック、アカルボース、ノボリン、ビクトーザ、ビデュリオン、ジャディアンス、セイブル、ミグリトール、マリゼブ、トレシーバ、ベイスン、トルリシティ、テネリア、トラゼンタ、ルセフィ、メトホルミン塩酸塩、アピドラ、ネシーナ、オングリザ、バイエッタ、デベルザ、スイニー、メトグルコ、ライゾデグ、ピオグリタゾン、ボグリボース、フォシーガ、ルムジェブ、ゾルトファイ、グルコバイ、ザファテック、ジャヌビア、ランタス、ブホルミン塩酸塩、グラクティブ、グリコラン、リキスミア、ヒューマログ、ソリクア、スーグラ、アクトス、インスリングラルギンBS、ジベトス、インスリンアスパルトBS、フィアスプ、リベルサス、エクア、カナグル、インスリンリスプロBS
低血糖症状が起こることがあります。
クロラムフェニコール クロロマイセチン、クロラムフェニコール、クロマイ、クロロマイセチン、クロロマイセチンサクシネート
低血糖症状が起こることがあります。
プロベネシド ベネシッド
低血糖症状が起こることがあります。
テトラサイクリン系抗生物質 レダマイシン、ビブラマイシン、オキシテトラコーン、アクロマイシン、ペリオクリン、ミノサイクリン塩酸塩、ミノマイシン、タイガシル
低血糖症状が起こることがあります。
クマリン系薬剤 ワーファリン、ワルファリンK
低血糖症状が起こることがあります。
シプロフロキサシン、レボフロキサシン水和物 シプロキサン、シプロフロキサシン、クラビット、レボフロキサシン
低血糖症状が起こることがあります。
サリチル酸剤 サリチル酸ナトリウム、メサラジン、アスピリン、ペンタサ、サラゾピリン、エテンザミド、サラゾスルファピリジン、アサコール、サリチル酸Na、リアルダ、バイアスピリン、サリチル酸メチル、アザルフィジン
低血糖症状が起こることがあります。
フィブラート系薬剤 クロフィブラート、ベザトール、ベザフィブラート、トライコア、リピディル、フェノフィブラート、パルモディア
低血糖症状が起こることがあります。
プロピオン酸系消炎剤 プラノプロフェン、ペオン、ニフラン、ロキソニン、ロピオン、ロキソプロフェンナトリウム、モーラス、ヤクバン、アドフィード、ザルトプロフェン、スルプロチン、ミルタックス、ベシカム、ナイキサン、ゼポラス、トパルジック、イブプロフェン、ケトプロフェン、フロベン、スタデルム、フルルビプロフェン、ロキソプロフェン、スレンダム、セクター、アルボ、ロキソプロフェンNa、イブリーフ、フルルバン、カピステン、ブルフェン、ソレトン
低血糖症状が起こることがあります。
アゾール系抗真菌剤 ジフルカン、ニゾラール、イトラコナゾール、ビホナゾール、アスタット、フロリード、ミコナゾール硝酸塩、クロトリマゾール、オラビ、イトリゾール、オキシコナゾール硝酸塩、プロジフ、ケトコナゾール、ラノコナゾール、アデスタン、フルコナゾール、ボリコナゾール、オキナゾール、マイコスポール、ネイリン、ルコナック、クレナフィン、ブイフェンド、エンペシド、エクセルダーム、ルリコン、ノクサフィル、アトラント、イソコナゾール硝酸塩
低血糖症状が起こることがあります。
アリール酢酸系消炎剤 ジクロフェナクナトリウム、ボルタレン、アコニップ、ブロムフェナクNa、ナボール、セルタッチ、インダシン、ラクティオン、インフリー、ジクトル、フェルビナク、イドメシン、インサイド、ナパゲルン、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ジクロード、インドメタシン、ジクロフェナクNa、ミリダシン、インテバン、ブロナック、ランツジール、ハップスター
低血糖症状が起こることがあります。
ジソピラミド、シベンゾリンコハク酸塩、ピルメノール塩酸塩水和物 シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、ピメノール
低血糖症状が起こることがあります。
オキシカム系消炎剤 メロキシカム、ロルノキシカム、ロルカム、モービック、フェルデン、バキソ、ピロキシカム、フルカム
低血糖症状が起こることがあります。
アドレナリン エピペン、アドレナリン、ボスミン
高血糖症状がおこることがあります。
β-遮断剤 セリプロロール塩酸塩、ソタコール、ケルロング、ブレビブロック、メインテート、プロプラノロール塩酸塩、リズモン、ベタキソロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、セレクトール、セロケン、ロプレソール、ベトプティック、ヘマンジオル、アテノロール、アドビオール、チモロール、ピンドロール、カルテオロール塩酸塩、ナディック、カルビスケン、ビソノ、チモプトール、インデラル、アルセノール、オノアクト、メトプロロール酒石酸塩、ソタロール塩酸塩、コアベータ、ビソプロロールフマル酸塩、ベタキソロール、テノーミン、ミケラン
低血糖症状が起こることがあります。
副腎皮質ホルモン ベトネベート、ステロネマ、リンデロン、ジフロラゾン酢酸エステル、メサデルム、フルチカゾンプロピオン酸エステル、デキサメタゾン、ヒドロコルチゾンコハク酸エステルNa、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル、グリジール、ネリゾナ、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、トプシム、ケナコルト−A、コートン、フロリネフ、トリアムシノロンアセトニド、D・E・X、プレドネマ、ベタメタゾン吉草酸エステル、モメタゾン、ベタメタゾンリン酸エステルNa、デカドロン、サルコート、パンデル、アラミスト、ビスダーム、アフタゾロン、マキュエイド、ゼンタコート、オルガドロン、ベルベゾロン、アズマネックス、ビジュアリン、フルメタ、マイザー、フルコート、レダコート、ボアラ、テクスメテン、モメタゾンフランカルボン酸エステル、キュバール、エクラー、フルメトロン、アンテベート、ベクロメタゾン、ブデソニド、レナデックス、プレドニゾロン酢酸エステル、テイカゾン、フルオシノニド、フルナーゼ、ダイアコート、ロコイド、フルオロメトロン、オルテクサー、デルモベート、サレックス、サンベタゾン、フルオシノロンアセトニド、プレドニン、スピラゾン、サンテゾーン、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、メドロール、クロベタゾールプロピオン酸エステル、コートリル、コムクロ、ソル・コーテフ、アフタッチ、リドメックス、ナゾネックス、アルメタ、プレドニゾロン、パルミコート、フルチカゾン、ドレニゾン、ソル・メドロール、オイラゾン、ハイドロコートン、ジフルプレドナート、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、デポ・メドロール、ノギロン、レクタブル、ヒドロコルチゾンリン酸エステルNa、アニュイティ、デキサメサゾン、フルタイド、オルベスコ、ベタメタゾン、クロベタゾン酪酸エステル、エリザス、デキサート、ベクロメタゾンプロピオン酸エステル、アルクロメタゾンプロピオン酸エステル、リメタゾン、リノロサール、デルモゾール、キンダベート
高血糖症状がおこることがあります。
モノアミン酸化酵素阻害剤 セレギリン塩酸塩、エフピー、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン
低血糖症状が起こることがあります。
甲状腺ホルモン チラーヂン、レボチロキシンNa、チロナミン
高血糖症状がおこることがあります。
クラリスロマイシン クラリス、クラリスロマイシン、クラリシッド
低血糖症状が起こることがあります。
ニコチン酸 高血糖症状がおこることがあります。
卵胞ホルモン プロセキソール、エストラジオール、エストラーナ、ディビゲル、ジュリナ、ル・エストロジェル、ペラニン、プロギノン、エストリオール、ホーリン、プレマリン
高血糖症状がおこることがあります。
フェニトイン アレビアチン、ヒダントール
高血糖症状がおこることがあります。
利尿剤 フルイトラン、トリクロルメチアジド、ラシックス、フロセミド
高血糖症状がおこることがあります。
ブセレリン酢酸塩 スプレキュア、ブセレリン
高血糖症状がおこることがあります。
ピラジナミド ピラマイド
高血糖症状がおこることがあります。
フェノチアジン系薬剤 ノバミン、ピーゼットシー、ヒルナミン、コントミン、フルメジン、ウインタミン、レボメプロマジン、トリラホン、クロルプロマジン塩酸塩、フルデカシン、ニューレプチル、レボトミン
高血糖症状がおこることがあります。
イソニアジド イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン
高血糖症状がおこることがあります。
リファンピシン リファジン、リファンピシン
高血糖症状がおこることがあります。

服用できない方

  • ・下痢、嘔吐等の胃腸障害のある方
  • ・重篤な肝又は腎機能障害のある方
  • ・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、インスリン依存型糖尿病の方
  • ・グリメピリドやスルホンアミド系薬剤に対しアレルギーのある方
  • ・妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • ・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方

副作用

重篤な副作用

低血糖、無顆粒球症、血小板減少、再生不良性貧血、肝機能障害、汎血球減少、溶血性貧血、黄疸

その他の副作用

精神神経系 めまい、頭痛
腎臓 BUN上昇
過敏症 そう痒感等、発疹、光線過敏症
肝臓 Al-P上昇、LDH上昇、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇
消化器 下痢、腹部膨満感、便秘、嘔気、嘔吐、心窩部痛、腹痛
血液 白血球減少、貧血
その他 浮腫、倦怠感、脱毛、血清カリウム上昇・ナトリウム低下等の電解質異常、味覚異常、CK上昇、一過性視力障害

保管方法

・高温多湿や子供の手を避けられる場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ジャディアンス

メトホルミンジェネリック

メトグルコ・ジェネリック

価格

¥14900

¥3900

¥2600

メーカー

Boehringer Ingelheim

Sandoz

Intas Pharmaceuticals

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。