【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

トレドミン・ジェネリック

トレドミン・ジェネリック1 トレドミン・ジェネリック2 トレドミン・ジェネリック3 トレドミン・ジェネリック4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

トレドミン・ジェネリックは有効成分にミルナシプラン塩酸塩を配合した抗うつ薬です。
有効成分がセロトニンやノルアドレナリンの再吸収を抑えることで、セロトニンやノルアドレナリンの減少を防ぎます。
これらが減少してしまうことによって、不安や無気力といったようなうつ病の症状があらわれますが、トレドミン・ジェネリックは減少を抑えることでうつ病の症状を改善します。

店長のオススメポイント

  • トレドミンのジェネリックで安価
  • 日本でも処方されてる薬

トレドミン・ジェネリック 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 100錠 ¥3,000(¥30/錠) ¥2,750(¥28/錠) 82pt
25mg × 200錠 ¥6,000(¥30/錠) ¥5,030(¥25/錠) 150pt

トレドミン・ジェネリック 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 100錠 ¥6,500(¥65/錠) ¥4,900(¥49/錠) 147pt

商品概要

商品名 トレドミン・ジェネリック
成分 ミルナシプラン塩酸塩
効果 抗うつ
副作用 食欲不振、関節痛、便秘など
飲み方 1日25~100mgを1~3回に分けて服用します。
製造元 Torrent Pharmaceuticals

商品詳細

トレドミン・ジェネリックの効果

有効成分であるミルナシプラン塩酸塩はセロトニンやノルアドレナリンの再吸収を阻害する作用があります。
セロトニンやノルアドレナリンが再吸収され、減少してしまうことで不安や無気力などのうつ病の症状となってあらわれます。
ミルナシプラン塩酸塩によって、この再吸収を阻害してセロトニンやノルアドレナリン量を保ち増やすことによって、さまざまなうつ病の症状を改善へと導くことができます。

トレドミン・ジェネリックの服用方法

服用量

初期用量として1日25mgを水かぬるま湯で服用します。
その後、100mgまで漸増し1日2~3回に分けて服用します。
年齢や症状によって服用量は適宜増減する必要があり、高齢者に対しては初期用量は25mgとなっていますが、上限は60mgとなっています。

タイミング

服用のタイミングについての指定はありません。
適切な服用タイミングについて把握するには、専門医に相談した上で指示を仰いでください。

トレドミン・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

飲酒はトレドミン・ジェネリックの作用を強めるおそれがあります。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

モノアミン酸化酵素阻害剤 アジレクト、エフピー、セレギリン塩酸塩、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ、ネオイスコチン
発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡などの症状があらわれるという報告があります。

併用注意

アドレナリン、ノルアドレナリン ボスミン、アドレナリン、エピペン、ノルアドリナリン
心血管作用を増強するおそれがあります。
炭酸リチウム リーマス、炭酸リチウム
セロトニン症候群があらわれることが報告されている。
ジゴキシン ジゴシン、ジゴキシン
起立性低血圧、頻脈があらわれたとの報告がある。
降圧剤 カタプレス
上記薬剤の作用を弱めるおそれがあります。
リスデキサンフェタミンメシル酸塩、メチルチオニニウム塩化物水和物 ビバンセ、メチレンブルー
セロトニン症候群があらわれるおそれがある。
中枢神経抑制剤 ラボナール、チトゾール、イソゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン、ラボナ、イソミタール、アイオナール
相互に作用を強めるおそれがあります。
5-HT1B/1D受容体作動薬 スマトリプタン、イミグラン
冠動脈収縮があらわれることが報告されている。
種類 薬リスト
理由
アルコール 作用を増強することが報告されている。

服用できない方

  • ・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
  • ・尿閉の方
  • ・ミルナシプラン塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある方

副作用

重篤な副作用

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、白血球減少、重篤な皮膚障害、悪性症候群、セロトニン症候群、痙攣、黄疸、高血圧クリーゼ

その他の副作用

泌尿器 頻尿、尿蛋白陽性、排尿障害、尿失禁
過敏症 発疹、そう痒感
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇
精神神経系 アカシジア・口部ジスキネジア・パーキンソン様症状等の錐体外路障害、不安、幻覚、せん妄、被注察感、眠気、めまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、振戦、視調節障害、躁転、焦燥感、知覚減退、不眠、頭がボーッとする、筋緊張亢進、聴覚過敏、自生思考
消化器 食欲不振、食欲亢進、口内炎、下痢、悪心、嘔吐、便秘、口渇、腹痛、腹部膨満感、胸やけ、味覚異常、舌異常、飲水量増加
循環器 動悸、血圧上昇、血圧低下、起立性低血圧、頻脈、上室性頻拍
その他 トリグリセライドの上昇、鼻閉、関節痛、冷感、耳鳴、息苦しい、性機能異常、胸痛、浮腫、CK(CPK)上昇、脱力感、倦怠感、発汗、熱感、発熱、悪寒、脱毛

保管方法

・高温多湿や直射日光をさけられ、子供の手の届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

トラザロン

ジェイゾロフト

プロザック

価格

¥5800

¥2600

¥5300

メーカー

Sun Pharmaceutical

Pfizer

Eli Lilly

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。