【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

アロー

アロー1 アロー2 アロー3 アロー4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

アローは有効成分にアミトリプチン塩酸塩を配合したうつ病の症状を改善するうつ病治療薬です。
有効成分であるアミトリプチン塩酸塩には、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを吸収して減少するのを抑えます。
ノルアドレナリンやセロトニンが再吸収されることで、減少すると不安や無気力などのうつ病症状があらわれますが、この再吸収を抑えることによってノルアドレナリンなどの減少を防ぎ、うつ病の症状を改善へと導きます。

店長のオススメポイント

  • セロトニンなどの取り込みを抑制するうつ治療薬
  • トリプタノールのジェネリック

アロー 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 100錠 ¥2,600(¥26/錠) ¥1,900(¥19/錠) 57pt

アロー 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 100錠 ¥3,000(¥30/錠) ¥2,600(¥26/錠) 78pt

アロー 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 100錠 ¥4,000(¥40/錠) ¥3,600(¥36/錠) 108pt

商品概要

商品名 アロー
成分 アミトリプチリン塩酸塩
効果 抗うつ
副作用 発汗、食欲不振、動悸など
飲み方 1日10~150mgを1~数回に分けて服用します。
製造元 Actavis

商品詳細

アローの効果

有効成分であるアミトリプチリン塩酸塩には、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを抑制する作用があります。
うつ病症状は、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みによって減少することであらわれます。
アミトリプチンによる再取り込みの抑制でノルアドレナリンなどの減少を防ぐことで、うつ病症状があらわれるのを抑制して、うつ病を改善へと導きます。

アローの服用方法

服用量

アローは治療する疾患によって服用量が変化します。

・うつ病の場合
初期用量は1日30~75mgで、1日150mgまで漸増します。
これを分割して服用します。
服用量は症状や年齢によって適宜増減する必要があります。

・夜尿症の場合
1日10~30mgを水かぬるま湯で服用します。
服用量は症状や年齢によって適宜増減します。

末梢性神経障害性疼痛の場合
1日10mgを初期用量として年齢や症状によって適宜増減しますが、上限は1日150mgとなっています。

タイミング

夜尿症の治療の場合は、就寝前に服用します。
それ以外の場合はタイミングの指定はありません。
適切なタイミングについては医師に相談した上で指示を仰いでください。

アローの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールは併用注意に指定されているため、服用中はお避け下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害薬 ネオイスコチン、セレギリン塩酸塩、エフピー、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ヒドラ
発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡があらわれることがあります。

併用注意

CYP2D6阻害作用を有する薬剤 メインテート、シベノール、塩酸メトクロプラミド、ヘルベッサー、カルテオロール塩酸塩、ミドドリン塩酸塩、パキシル、フルボキサミンマレイン酸塩、ピルシカイニド塩酸塩、プロノン、ジゴシン、シメチジン、インデラル、ミケラン、テルビナフィン、メキシチール、タンボコール、メトクロプラミド、クレマスチン、アドビオール、ピンドロール、オノアクト、レクサプロ、シクレスト、デプロメール、リドカイン、プロプラノロール塩酸塩、ピーゼットシー、アテノロール、コアベータ、カイロック、ビソプロロールフマル酸塩、パロキセチン、テネリア、ラニチジン、アスペノン、ソタコール、サンリズム、コントミン、ポララミン、アプリンジン塩酸塩、トリラホン、セロケン、ベラパミル塩酸塩、アロチノロール塩酸塩、メキシレチン塩酸塩、ジソピラミドリン酸塩、アンカロン、ラニラピッド、エクリラ、チクロピジン塩酸塩、キニジン硫酸塩、ビジンプロ、ホメピゾール、ナディック、サインバルタ、レグパラ、キシロカイン、プロパフェノン塩酸塩、ピメノール、ベプリコール、チクロピジン、ヒルナミン、ファリーダック、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩、タベジール、パナルジン、アミオダロン塩酸塩、メチルジゴキシン、ウインタミン、セレコックス、フルメジン、ビソノ、フルデカシン、アミサリン、ルボックス、シベンゾリンコハク酸塩、ジソピラミド、ノバミン、ニューレプチル、ジゴキシン、ソタロール塩酸塩、クロルプロマジン塩酸塩、アルセノール、ラミシール、フレカイニド酢酸塩、プリンペラン、リスモダン、レボトミン、ディアコミット、テノーミン、タガメット、ロプレソール、セルトラリン、ワソラン、ジルチアゼム塩酸塩、デュロキセチン、ブレビブロック、レボメプロマジン、ジギラノゲン、シンビット、メトプロロール酒石酸塩、ジェイゾロフト、アミオダロン、テルビナフィン塩酸塩、スタリビルド、アプレゾリン、オラデオ、カルビスケン、ベタニス、セレコキシブ、メトリジン
アミトリプチリン塩酸塩の作用を強めるおそれがあります。
スルファメトキサゾール・トリメトプリム ダイフェン、バクタ、バクトラミン
アミトリプチリン塩酸塩の作用を弱めるおそれがあります。
CYP3A4阻害作用を有する薬剤 デプロメール、クラリシッド、ラベキュア、アリミデックス、イメンド、エクリラ、アナストロゾール、ジョサマイシン、クラリス、タガメット、クラリスロマイシン、ボノサップ、ラパリムス、クロトリマゾール、カソデックス、サンディミュン、レイアタッツ、ノクサフィル、ホメピゾール、ルボックス、シメチジン、フルボキサミンマレイン酸塩、ルコナック、パーロデル、イトリゾール、オラデオ、アプレピタント、ブロモクリプチン、カログラ、プリジスタ、イトラコナゾール、シクロスポリン、ルリコン、ジョサマイ、フルコナゾール、カイロック、プロイメン、ダフクリア、プロセキソール、テネリア、ノービア、ディアコミット、パピロック、ホスアプレピタント、ジフルカン、ネオーラル、レクシヴァ、プロジフ、エンペシド、ノウリアスト、ビカルタミド
アミトリプチリン塩酸塩の作用を強めるおそれがあります。
降圧剤 グアネチジン硫酸塩、硫酸ベタニジン
降圧剤の作用を弱めることがあります。
CYP3A4誘導作用を有する薬剤等 テグレトール、タフィンラー、リファンピシン、リフキシマ、セイヨウオトギリソウ含有食品、アフタゾロン、オルガドロン、アーリーダ、リファジン、モディオダール、メサデルム、テイカゾン、リメタゾン、ノーモサング、ヒダントール、サンテゾーン、ボセンタン、インテレンス、プロイメンド、トラクリア、デキサメサゾン、エリザス、イメンド、メサペイン、ストックリン、デキサメタゾン、ジャドニュ、ホスアプレピタント、オイラゾン、ホストイン、デフェラシロクス、カルバマゼピン、デカドロン、レナデックス、デキサート、D・E・X、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ボアラ、アレビアチン、ゼルボラフ、アプレピタント、ビジュアリン
アミトリプチリン塩酸塩の作用を弱めるおそれがあります。
中枢神経抑制剤 ラボナ、イソミタール、アイオナール、ラボナール、イソゾール、チトゾール、フェノバルビタール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン
血中濃度が下がることがあります。
バルプロ酸ナトリウム バルプロ酸ナトリウム、セレニカ、バルプロ酸Na、デパケン
アミトリプチリン塩酸塩の作用を強めるおそれがあります。
アドレナリン作動薬 dl−塩酸メチルエフェドリン、デノパミン、クレンブテロール、ボスミン、ツロブテロール塩酸塩、アイファガン、リトドリン塩酸塩、ノルアドリナリン、ベラチン、オンブレス、プロカテロール塩酸塩、メトリジン、ホクナリン、ブリモニジン酒石酸塩、メプチン、ツロブテロール、アミオダロン、アノーロ、プロタノール、スピロペント、アンカロン、メチエフ、プレセデックス、ミドドリン塩酸塩、アイオピジン、エピペン、イソメニール、デクスメデトミジン、アミオダロン塩酸塩、ブリカニール、メチルエフェドリン、ドブタミン塩酸塩、ベタニス、サルタノール、プリビナ、アスプール、ドブトレックス、アルドメット、ヱフェドリン、カルグート、ベロテック、オーキシス、ネオシネジン、イノリン、ウテメリン、チザニジン、テルネリン、サルブタモール、ベネトリン、ドブタミン、フェノテロール臭化水素酸塩、インチュニブ、カタプレス、ズファジラン、アドレナリン、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、セレベント、ピバレフリン、メチルドパ
上記薬剤の作用が強まることがあります。
血糖降下剤 ノボリン、ヒューマリン
血糖降下作用を強めることがあります。
コリン作動薬 ベサコリン、サンピロ、サラジェン、エボザック、サリグレン、オビソート、ケンブラン、プロボコリン、カルプロニウム塩化物、フロジン
上記薬剤の作用を弱めることがあります。
トラマドール塩酸塩 トラマール、ワントラム、トラマドール塩酸塩、ツートラム
痙攣発作の危険性が高まるとの報告があります。
抗コリン作動薬 ステーブラ、ビペリデン塩酸塩、チキジウム臭化物、ウインタミン、プロ・バンサイン、アトロベント、アコファイド、エンクラッセ、ラピフォート、ポラキス、アトロピン硫酸塩、ペントナ、乳酸ビペリデン、ブスコパン、シーブリ、コリオパン、リュウアト、バップフォー、アキネトン、スピリーバ、チメピジウム臭化物、プロピベリン塩酸塩、ダイピン、アトロピン、パーキネス、ハイスコ、アーテン、デトルシトール、トリモール、塩酸プロピベリン、メペンゾラート臭化物、セスデン、クロルプロマジン塩酸塩、チアトン、エクリラ、ネオキシ; ネオキシ、ミドリン、セドリーナ、ウリトス、トリヘキシフェニジル塩酸塩、ブチルスコポラミン臭化物、ソリフェナシンコハク酸塩、トビエース、イミダフェナシン、オキシブチニン塩酸塩、ダクチル、トランコロン、硫酸アトロピン、ピレンゼピン塩酸塩、サイプレジン、コントミン、トロピカミド、ベシケア
アミトリプチリン塩酸塩の作用を強めるおそれがあります。
クマリン系抗凝血剤 ワーファリン、ワルファリンK
抗凝血作用を強めるおそれがあります。
アルコール アミトリプチリン塩酸塩の作用を強めるおそれがあります。
カリウム製剤 K.C.L.、塩化カリウム、KCL、グルコンサンK、酢酸カリウム、アスパラ、L-アスパラギン酸K、アスパラギン酸カリウム
上記薬剤の消化管粘膜刺激があらわれやすくなります。

服用できない方

  • ・心筋梗塞の回復初期の方
  • ・モノアミン酸化酵素阻害剤を服用中あるいは服用中止後2週間以内の方
  • ・閉塞隅角緑内障の方
  • ・尿閉のある方
  • ・三環系抗うつ剤に対し過敏症の方

副作用

重篤な副作用

痙攣、顔や舌部の浮腫、無顆粒球症、心筋梗塞、幻覚、せん妄、精神錯乱、骨髄抑制、麻痺性イレウス、悪性症候群、セロトニン症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

その他の副作用

泌尿器 尿閉、排尿困難
過敏症 蕁麻疹、発疹
消化器 食欲不振、下痢、便秘、口渇、悪心、嘔吐、味覚異常
精神神経系 四肢の知覚異常、焦燥、構音障害、不眠、口周部等の不随意運動不安、眠気、振戦等のパーキンソン症状、運動失調
肝臓 肝機能障害、AST上昇、黄疸、ALT上昇
循環器 動悸、不整脈、心発作、血圧低下、頻脈、血圧上昇、心ブロック
血液 白血球減少
その他 発汗、視調節障害、眼内圧亢進、ふらつき、頭痛、眩暈、倦怠感、体重増加

保管方法

・直射日光や子供の手の届かない場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

トラザロン

プロザック

エフェクサー・ジェネリック

価格

¥5800

¥5300

¥4850

メーカー

Sun Pharmaceutical

Eli Lilly

Cipla

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。