【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

セロクエル・ジェネリック

セロクエル・ジェネリック1 セロクエル・ジェネリック2 セロクエル・ジェネリック3 セロクエル・ジェネリック4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

セロクエル・ジェネリックは有効成分にクエチアピンフマル酸塩を配合した統合失調症の治療薬です。
日本でも処方されているセロクエルのジェネリックであるため、セロクエルと同じ成分が配合されているので、同様の効果に期待できます。
セロクエル・ジェネリックは統合失調症の陽性症状や陰性症状どちらに対しても効果が期待できます。

また、ジェネリック医薬品であるため、価格は安価となっており継続して使用する際の費用負担の軽減にも役立ちます。

店長のオススメポイント

  • 統合失調症の症状を改善
  • ジェネリックで安価

セロクエル・ジェネリック 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 60錠 ¥4,680(¥78/錠) ¥3,500(¥58/錠) 105pt

セロクエル・ジェネリック 100mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg × 90錠 ¥9,620(¥106/錠) ¥7,300(¥81/錠) 219pt

商品概要

商品名 セロクエル・ジェネリック
成分 クエチアピンフマル酸塩
効果 統合失調症の改善
副作用 便秘、倦怠感、口内乾燥など
飲み方 1日2~3回、1回あたり25~600mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Actavis

商品詳細

セロクエル・ジェネリックの効果

有効成分であるクエチアピンフマル酸塩がドパミン受容体やセロトニン受容体に結びつき、ドパミンやセロトニンとの結合を遮断します。
この作用によって、それぞれの受容体が亢進することによってあらわれる、統合失調症の陽性症状や陰性症状を抑えて改善へと導きます。
日本でも処方されているセロクエルと同じ成分を配合しているため、同様の作用に期待できます。

セロクエル・ジェネリックの服用方法

服用量

1回25mgを1日2~3回、水かぬるま湯で服用します。
年齢や症状、状態に合わせて服用量を適宜増減しながら、1回あたりの服用量を150~600mgまで増量します。
適切な用量や服用回数は服用する方によって、適切な用法用量を守って服用してください。

タイミング

服用タイミングの指定はありません。
ですが、医薬品は正しく服用することで十分な効果に期待できます。
そのため、適切な服用タイミングについては専門医に相談した上で指示を仰ぐようにしてください。

セロクエル・ジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

中枢神経抑制作用が強まるおそれがあります。アルコールとの併用はお避け下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

アドレナリン アドレナリン、ボスミン、エピペン
重篤な血圧降下をおこすことがあります。

併用注意

強いCYP3A4阻害作用を有する薬剤 ノウリアスト、オラデオ、クラリス、イトラコナゾール、アリミデックス、シメチジン、レクシヴァ、プロジフ、アナストロゾール、クロトリマゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、シクロスポリン、カイロック、パーロデル、フルコナゾール、エンペシド、エクリラ、ルリコン、ダフクリア、テネリア、ビカルタミド、クラリスロマイシン、ノクサフィル、イトリゾール、ホスアプレピタント、デプロメール、レイアタッツ、アプレピタント、カログラ、ルコナック、ジフルカン、プリジスタ、ラベキュア、ジョサマイシン、カソデックス、サンディミュン、ボノサップ、ルボックス、プロセキソール、イメンド、ラパリムス、ディアコミット、クラリシッド、ブロモクリプチン、ジョサマイ、パピロック、ネオーラル、ホメピゾール、プロイメンド、タガメット
クエチアピンフマル酸塩の作用が強まるおそれがあります。
QT延長を起こすことが知られている薬剤 QT延長があらわれるおそれがあります。
CYP3A4誘導作用を有する薬剤 イメンド、モディオダール、トラクリア、デカドロン、アプレピタント、オイラゾン、カルバマゼピン、ジャドニュ、エリザス、リフキシマ、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ホストイン、アーリーダ、タフィンラー、ノーモサング、テグレトール、レナデックス、アフタゾロン、ビジュアリン、デキサメサゾン、インテレンス、D・E・X、ストックリン、プロイメンド、リファンピシン、メサペイン、デフェラシロクス、ホスアプレピタント、テイカゾン、オルガドロン、リファジン、サンテゾーン、デキサート、ボアラ、リメタゾン、ボセンタン、ゼルボラフ、メサデルム、デキサメタゾン
クエチアピンフマル酸塩の作用が弱まるおそれがあります。
アルコール 中枢神経抑制作用が強まるおそれがあります。

服用できない方

  • ・アドレナリンを投与している方
  • ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • ・昏睡状態の方
  • ・バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
  • ・糖尿病の方、糖尿病の既往歴のある方

副作用

重篤な副作用

スティーブンスジョンソン症候群、黄疸、麻痺性イレウス、遅発性ジスキネジア、肺塞栓症、深部静脈血栓症糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群、横紋筋融解症、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害、、中毒性表皮壊死融解症、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、多形紅斑

その他の副作用

泌尿器系 尿閉、BUN上昇、持続勃起、射精異常、インポテンス、頻尿、排尿障害、排尿困難、尿失禁、膀胱炎、尿蛋白陽性
肝臓 Al-P上昇、γ-GTP上昇、ビリルビン血症、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇、肝機能検査異常
過敏症 血管浮腫、そう痒、発疹、湿疹
循環器系 徐脈、不整脈、失神、心電図異常、低血圧、高血圧、血管拡張、動悸、頻脈、起立性低血圧、心悸亢進、心電図QT延長
代謝・内分泌 水中毒、多飲症、TSH減少、TSH上昇、高トリグリセリド血症、高尿酸血症、月経異常、甲状腺疾患、高脂血症、高カリウム血症、肥満症、T3減少、痛風、低ナトリウム血症、尿糖陽性、FT4減少、高プロラクチン血症、T4減少、高コレステロール血症、乳汁漏出症
血液 好酸球増加症、貧血、顆粒球減少、白血球数増加、血小板減少
弱視、瞳孔反射障害、結膜炎
錐体外路症状 運動緩慢、歩行障害、ジスキネジア、嚥下障害、ジストニア、眼球回転発作、構音障害、筋強剛、流涎過多、構語障害、錐体外路障害、アカシジア、振戦、パーキンソン症候群
消化器系 過食、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、嘔吐、腹痛、下痢、消化不良、鼓腸放屁、消化管障害、吐血、膵炎、胃炎、便秘、食欲減退、悪心、食欲亢進、直腸障害、胃不快感
精神神経系 焦躁感、鎮静、神経症、妄想の顕在化、リビドー亢進、感情不安定、激越、錯乱、思考異常、自殺企図、人格障害、躁病反応、多幸症、舞踏病様アテトーシス、片頭痛、悪夢、うつ病、独語、衝動行為、自動症、健忘、攻撃的反応、昏迷、レストレスレッグス症候群、軽躁、統合失調性反応、協調不能、意識レベルの低下、せん妄、不眠、易刺激性、傾眠、不安、頭痛、めまい、幻覚の顕在化、注意力障害、過眠症、自殺念慮、自傷行動、敵意
呼吸器系 鼻炎、咳増加、去痰困難、鼻閉
その他 滑液包炎、筋無力症、痙縮、悪化反応、偶発外傷、耳の障害、ざ瘡、脱毛症、薬剤離脱症候群、口渇、回転性めまい、悪寒、靭帯捻挫、口内乾燥、体重増加、多汗、発熱、体重減少、胸痛、筋肉痛、舌麻痺、しびれ感、背部痛、浮腫、ほてり、歯痛、顔面浮腫、頸部硬直、腫瘤、意欲低下、末梢性浮腫、倦怠感、無力症、CK上昇、過量投与、骨盤痛、歯牙障害、関節症、味覚倒錯、関節痛

保管方法

・高温多湿や直射日光を避けて保管してください。
・子供の誤飲を避けるため、高所などで保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

アリピゾル(エビリファイ)

アリピプラゾール

リスパダール

価格

¥1150

¥4850

¥4400

メーカー

Sun Pharmaceutical

Intas Pharmaceuticals

Consern Pharma

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。