【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

クロフラニール

クロフラニール1 クロフラニール2 クロフラニール3 クロフラニール4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

9件のレビュー

クロフラニールは有効成分にクロミプラミン塩酸塩を配合した抗うつ薬のジェネリック医薬品です。
この治療薬の元となっているのは、日本国内でも承認・処方されているアナフラニールであり、アナフラニールと同様の作用に期待することができます。
脳内のセロトニンやノルアドレナリンの減少を抑えることで、うつ症状などを改善へと導く作用があります。
また、このクロフラニールは遺尿症の改善作用もあるとされており、うつ病だけでなく遺尿症の改善にも活用されています。

店長のオススメポイント

  • うつ症状を改善する抗うつ薬のジェネリック
  • アナフラニールと同じ成分で安価

クロフラニール 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 100錠 ¥3,000(¥30/錠) ¥2,750(¥28/錠) 82pt
10mg × 200錠 ¥6,000(¥30/錠) ¥5,300(¥27/錠) 159pt

クロフラニール 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 100錠 ¥4,000(¥40/錠) ¥3,700(¥37/錠) 111pt
25mg × 200錠 ¥8,000(¥40/錠) ¥7,100(¥36/錠) 213pt

クロフラニール 50mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg × 100錠 ¥5,000(¥50/錠) ¥4,650(¥47/錠) 139pt
50mg × 200錠 ¥10,000(¥50/錠) ¥8,900(¥45/錠) 267pt

商品概要

商品名 クロフラニール
成分 クロミプラミン塩酸塩
効果 抗うつ
副作用 ふらつき、口渇、起立性低血圧など
飲み方 1日1~3回で、50~100mgを服用します。
製造元 Sun Pharmaceutical

商品詳細

クロフラニールの効果

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンやノルアドレナリンの取り込みを阻害し、セロトニンやノルアドレナリン量の減少を抑えます。
この作用によって、セロトニン受容体やノルアドレナリン受容体の刺激を増強することで、うつ病やその症状を改善へと導きます。また、クロミプラミン塩酸塩は抗うつ薬としてだけでなく、遺尿症の改善にも使用されています。

クロフラニールの服用方法

服用量

1日50~100mgを、1~3回で服用します。
年齢や症状によって適宜服用量を増減します。
また、1日の上限服用量は225mgとなっているため、それを超えないようにする必要があります。

タイミング

タイミングに関する指定はされていません。複数回に分けて服用する場合もあるため、適切なタイミングや用量については専門医の診察を受けて指示を仰いでください。

クロフラニールの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

中枢神経の抑制作用が強まるおそれがあるため、併用はお避け下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害剤 ヒドラ、セレギリン塩酸塩、エフピー、アジレクト、エクフィナ、イスコチン、ネオイスコチン
発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡などがあらわれることがあります。

併用注意

ゾニサミド ゾニサミド、エクセグラン、トレリーフ
高血圧、失神、不全収縮などの副作用があらわれるおそれがあります。
フェニトイン アレビアチン、ヒダントール
イミプラミンとの併用で作用が強まるとの報告があります。
デスモプレシン ミニリンメルト、デスモプレシン
低ナトリウム血症性の痙攣発作をおこすことがあります。
肝酵素誘導作用をもつ薬剤 アレビアチン、ヒダントール、フェノバール、ルピアール、ワコビタール、ノーベルバール、プリミドン、リファンピシン、カルバマゼピン、テグレトール、リファジン、イソミタール、ラボナ、アイオナール、ラボナール、チトゾール、イソゾール、フェノバルビタール
クロミプラミン塩酸塩の作用が弱まるおそれがあります。
QT間隔延長を起こすことが知られている薬剤 ルジオミール、スプリセル、スーテント、ダサチニブ、マプロチリン塩酸塩
QT間隔延長、心室性不整脈などの副作用をおこすおそれがあります。
三環系抗うつ剤、トラマドール塩酸塩、SNRI、リチウム製剤、リネゾリド トフラニール、イミドール、ワントラム、トラマール、トレドミン、アモキサン、ツートラム、リーマス、リネゾリド、トリプタノール、ノリトレン、デュロキセチン、ザイボックス、イフェクサー、スルモンチール、炭酸リチウム、トラマドール塩酸塩、ミルナシプラン塩酸塩、アミトリプチリン塩酸塩、アナフラニール、プロチアデン、アンプリット、サインバルタ
セロトニン症候群があらわれるおそれがあります。
電気ショック療法 痙攣状態に陥るおそれがあります。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤 レクサプロ、パキシル、フルボキサミンマレイン酸塩、パロキセチン、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト、セルトラリン
セロトニン症候群があらわれるおそれがあります。
スルファメトキサゾール・トリメトプリム バクタ、ダイフェン、バクトラミン
抑うつが再発又は悪化することがあります。
フェノチアジン系精神神経用剤 クロルプロマジン塩酸塩、フルメジン、フルデカシン、ノバミン、ピーゼットシー、ヒルナミン、レボメプロマジン、レボトミン、トリラホン、ウインタミン、ニューレプチル、コントミン
鎮静、抗コリン作用が強まることがあります。
クマリン系抗凝血剤 ワーファリン、ワルファリンK
上記薬剤の血中濃度半減期が延長するとの報告があります。
全身麻酔剤、中枢神経抑制剤、抗不安剤、アルコール、サリドマイド 亜酸化窒素、アネスタ、レミフェンタニル、プロポフォール、イーフェン、イソゾール、ワンデュロ、セボフレン、フェノバルビタール、セボフルラン、ラフェンタ、笑気、液化亜酸化窒素、コンスタン、サレド、デュロテップ、アイオナール、プリミドン、ケタラール、アルプラゾラム、ディプリバン、スープレン、ワコビタール、ラボナ、ノーベルバール、アブストラル、フェンタニルクエン酸塩、ルピアール、イソフルラン、ソラナックス、チトゾール、フェントス、フェンタニル、ラボナール、イソミタール、アルチバ、フェノバール
中枢神経抑制作用が強まることがあります。
スルフォニル尿素系糖尿病用剤、インスリン製剤
ヒューマリン、グリメピリド、ランタス、ソリクア、トレシーバ、オイグルコン、ノボリン、ヒューマログ、デアメリン、インスリンリスプロBS、クロルプロパミド、ゾルトファイ、ノボラピッド、インスリンアスパルトBS、ルムジェブ、インスリングラルギンBS、レベミル、ジメリン、グリベンクラミド、アピドラ、ライゾデグ、フィアスプ、グリミクロン、アマリール、グリクラジド
過度の血糖低下をきたすことがあります。
アトモキセチン ストラテラ、アトモキセチン
相互に作用が強まるおそれがあります。
降圧剤 グアネチジン
上記薬剤の作用を弱めることがあります。
アドレナリン作動薬 dl−塩酸メチルエフェドリン、デノパミン、ベタニス、ピバレフリン、アミオダロン、ツロブテロール、メチルドパ、フェノテロール臭化水素酸塩、メトリジン、セレベント、ベネトリン、インチュニブ、サルタノール、テルネリン、ドブタミン塩酸塩、プリビナ、リトドリン塩酸塩、メチエフ、チザニジン、プロタノール、アノーロ、メチルエフェドリン、メプチン、ツロブテロール塩酸塩、サルブタモール、デクスメデトミジン、スピロペント、dl−メチルエフェドリン塩酸塩、カタプレス、プロカテロール塩酸塩、イソメニール、オーキシス、ブリカニール、アスプール、ベラチン、アルドメット、アンカロン、ノルアドリナリン、クレンブテロール、アイファガン、ズファジラン、ヱフェドリン、カルグート、ウテメリン、オンブレス、エピペン、ホクナリン、ボスミン、プレセデックス、ミドドリン塩酸塩、アドレナリン、ドブタミン、イノリン、アイオピジン、ネオシネジン、アミオダロン塩酸塩、ドブトレックス、ベロテック、ブリモニジン酒石酸塩
高血圧などを強めるおそれがあります。
ホスアンプレナビル レクシヴァ
クロミプラミン塩酸塩の血中濃度が上昇する可能性があります。
抗コリン作用を有する薬剤 メペンゾラート臭化物、ハイスコ、アーテン、コリオパン、シーブリ、エクリラ、ソリフェナシンコハク酸塩、イミダフェナシン、デトルシトール、オキシブチニン塩酸塩、チメピジウム臭化物、トロピカミド、トリヘキシフェニジル塩酸塩、ベシケア、アトロピン硫酸塩、チアトン、塩酸プロピベリン、パーキネス、バップフォー、リュウアト、サイプレジン、ピレンゼピン塩酸塩、ダクチル、硫酸アトロピン、アキネトン、アトロピン、ステーブラ、プロ・バンサイン、ポラキス、ブチルスコポラミン臭化物、チキジウム臭化物、コントミン、セスデン、スピリーバ、アトロベント、トビエース、セドリーナ、乳酸ビペリデン、ペントナ、ビペリデン塩酸塩、ミドリン、ダイピン、プロピベリン塩酸塩、ブスコパン、ネオキシ; ネオキシ、ウリトス、ウインタミン、クロルプロマジン塩酸塩、エンクラッセ、トランコロン、トリモール、アコファイド、ラピフォート
口渇、便秘、尿閉、視力障害、眠気などがあらわれることがあります。
テルビナフィン テルビナフィン、ラミシール、テルビナフィン塩酸塩
イミプラミンとの併用で活性代謝物の血中濃度が上昇するとの報告があります。
副交感神経刺激剤 ジスチグミン臭化物、ベサコリン、巻いてラーゼ、サンピロ、サラジェン、エボザック、ワゴスチグミン、メスチノン、ウブレチド、サリグレン
上記薬剤の作用が弱まるおそれがあります。
シメチジン、黄体・卵胞ホルモン製剤、シナカルセト、抗不整脈剤、メチルフェニデート、サキナビル ソタコール、ラニラピッド、ピンドロール、オノアクト、アミオダロン、プラノバール、レグパラ、ピメノール、アルセノール、アンカロン、アロチノロール塩酸塩、ソタロール塩酸塩、ナディック、ヘルベッサー、テノーミン、プロプラノロール塩酸塩、アプリンジン塩酸塩、ジソピラミド、ビソノ、リスモダン、ブレビブロック、プロパフェノン塩酸塩、フレカイニド酢酸塩、シンビット、コンサータ、ピルシカイニド塩酸塩、アミサリン、ジゴシン、メチルジゴキシン、シメチジン、メキシチール、セロケン、サンリズム、アスペノン、ベラパミル塩酸塩、メインテート、タガメット、コアベータ、ジゴキシン、ジルチアゼム塩酸塩、ジギラノゲン、インデラル、カイロック、アミオダロン塩酸塩、ベプリコール、メキシレチン塩酸塩、リタリン、シベンゾリンコハク酸塩、ルテス、キシロカイン、メトプロロール酒石酸塩、ワソラン、ミケラン、カルビスケン、サキナビル、アドビオール、アテノロール、プロノン、タンボコール、キニジン硫酸塩、ロプレソール、カルテオロール塩酸塩、ジソピラミドリン酸塩、ビソプロロールフマル酸塩、リドカイン、シベノール
クロミプラミン塩酸塩の作用が強まるおそれがあります。

服用できない方

  • ・心筋梗塞の回復初期の方
  • ・尿閉のある方
  • ・MAO阻害剤を服用中あるいは服用中止から2週間以内の方
  • ・閉塞隅角緑内障の方
  • ・三環系抗うつ剤やクロミプラミン塩酸塩にアレルギーの既往歴のある方
  • ・QT延長症候群のある方

副作用

重篤な副作用

好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、汎血球減少、てんかん発作、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、黄疸、QT延長、心室頻拍、肝機能障害、悪性症候群、セロトニン症候群、無顆粒球症

その他の副作用

長期投与 口周部等の不随意運動
過敏症 発疹、そう痒感
内分泌 乳房肥大、乳汁漏出、プロラクチンの分泌促進、体重増加
皮膚 光線過敏症、脱毛
消化器 嘔吐、食欲不振、味覚異常、悪心、下痢
抗コリン作用 緑内障、尿閉、排尿困難、視調節障害、口渇、眼内圧亢進、便秘
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇
精神神経系 躁状態、不眠、あくび、性機能障害、激越、悪夢、抑うつ悪化、記憶障害、離人症、ミオクロヌス、意識障害、パーキンソン症状・振戦・アカシジア等の錐体外路障害、言語障害、不安、集中力欠如、眠気、知覚異常、幻覚、せん妄、精神錯乱、攻撃的反応、運動失調
血液 紫斑、点状出血、白血球減少、血小板減少、好酸球増多
循環器 頻脈、不整脈、心ブロック、血圧上昇、起立性低血圧、心電図異常、血圧降下、動悸
その他 浮腫、倦怠感、脱力感、頭痛、発汗、異常高熱、ふらつき・めまい、食欲亢進、熱感

保管方法

・子供の誤飲などを防ぐため、手の届く場所での保管はお避け下さい。
・高温多湿や直射日光を避け、冷暗所で保管するようにしてください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

アナフラニール

セルティマ(ゾロフト)

サインバルタ(シンバルタ)

価格

¥2700

¥4400

¥4220

メーカー

Teofarma

Intas Pharmaceuticals

Sun Pharmaceutical

 

ユーザーレビュー

9件のレビュー

星5
 
22%
星4
 
33%
星3
 
22%
星2
 
11%
星1
 
11%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★
  • 35件のいいね

抗うつ効果が出てくるまで時間がかかりましたが、信じて続けるうちに効果が出てきました!強烈な効果でバシッとうつ病を抑えてくれるわけではなさそうですが、比較的穏やかな効き目だと思うので、逆に安心でした。また追加で注文させていただきます!

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • 41件のいいね

アナフラニールよりも安いのはお得だと思うけど、こっちのほうが副作用がキツい。アナフラニールを飲んでたときは全然副作用が出なかったのに、こっちは口が渇いて仕方なかった。安さに惹かれたけど、アナフラニールに戻ろうかと思ってる。

並び替え:

郡堂さん

抗うつ効果が出てくるまで時間がかかりましたが、信じて続けるうちに効果が出てきました!強烈な効果でバシッとうつ病を抑えてくれるわけではなさそうですが、比較的穏やかな効き目だと思うので、逆に安心でした。また追加で注文させていただきます!

トーリャ

どの用量も100錠入っていて、どれも値段が安いので、かなりコスパがいいと思う。病院とかクリニックとかだと、どうしても抗うつ薬って高くなるんだよね。節約しながらうつ病と戦えてるから、このまま飲み続けようかなって思ってる。早く良くなりますように。

匿名

私のうつ病をだいぶ治してくれた愛用薬です!思っていたよりも副作用が強すぎず、憂鬱な気持ちを効果的に抑えられます!病院でもらっていた抗うつ薬よりも効いたので、海外の抗うつ薬のジェネリックは効き目が高いんだと思います。うつ病に悩んでる人はぜひ一度飲んでみてください!

匿名

今使っている抗うつ薬の効きが悪くなってきたから、新しいの試してみようと思って1箱注文。名前聞いたことある薬のジェネリックだから、そこそこ有名だと思うし、効き目もあるはず。とりあえず安く買えてお得だったから、あとは効いてくるのを祈る。

さつき

効果が出てくるまでは少し時間がかかりましたが、鬱々として苦しい気持ちがすごく楽になりました!これを飲む前は毎日憂鬱で本当につらくて仕方なかったんですが、今はこれのおかげで比較的明るい気持ちで過ごせてます。薬代も安く抑えられているので助かります!

匿名

アナフラニールよりも安いのはお得だと思うけど、こっちのほうが副作用がキツい。アナフラニールを飲んでたときは全然副作用が出なかったのに、こっちは口が渇いて仕方なかった。安さに惹かれたけど、アナフラニールに戻ろうかと思ってる。

ぐるぐる眼鏡

病院でもらった抗うつ薬がなくなって、すぐに病院に行けないときのため、常備薬として家に置いてます。何度かお世話になったことがありますが、鬱々した気持ちがかなり楽になるので、結構効果ありますよ。細々と飲んでいたらそろそろなくなりそうなので、早めに注文させていただきます。

匿名

うつっぽくなってきたので飲んでいましたが、あまり効き目がありませんでした。ジェネリック医薬品は効きにくいイメージがあったんですけど、やっぱりそうなのかな・・・。でも、できるだけ安く抑えたいので、違う抗うつ薬のジェネリック医薬品も試してみたいと思います。

匿名

アナフラニールを飲んでいるんですが、通院するのがつらくなってきたため、通販で買えないか探していたらこれを見つけました。アナフラニールにジェネリック薬があるとは知らなかったので驚きましたが、安くて助かりました!効き目も同じって期待してます。

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。