【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

インドメタシン

インドメタシン1 インドメタシン2 インドメタシン3 インドメタシン4
  • 関節痛・偏頭痛・肩こり

0件のレビュー

インドメタシンは炎症による痛みや腫れ、発熱などの症状を和らげる抗炎症薬です。
有効成分が痛みのもととなるプロスタグランジンの合成酵素であるシクロオキシゲナーゼを阻害することで効果を発揮します。
このタイプの抗炎症薬は非ステロイド抗炎症薬と呼ばれ様々な痛みを抑えてくれます。
効果や即効性に優れているため、服用から1時間ほどで効果が現われ始めます。

店長のオススメポイント

  • 様々なタイプの痛みに対して有効
  • 効果が高く即効性に優れている

インドメタシン 25mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg × 100錠 ¥4,000(¥40/錠) ¥3,500(¥35/錠) 105pt
25mg × 200錠 ¥8,000(¥40/錠) ¥6,740(¥34/錠) 202pt

インドメタシン 75mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
75mg × 100錠 ¥8,000(¥80/錠) ¥7,100(¥71/錠) 213pt
75mg × 200錠 ¥16,000(¥80/錠) ¥13,580(¥68/錠) 407pt

商品概要

商品名 インドメタシン
成分 インドメタシン
効果 炎症による腫れや痛みを緩和
副作用 消化不良や食欲不振、腹痛など
飲み方 1日2回、1回25mgを服用します。
製造元 Jagsonpal

商品詳細

インドメタシンの効果

インドメタシンは炎症のもとになっているプロスタグランジンという物質の生成を抑制する作用があります。
その結果、炎症による痛みや腫れ、発熱などを抑えて症状を改善へと導きます。
インドメタシンは様々なタイプの痛みに対して有効なため、風邪による喉の痛みや発熱などに対しても効果を発揮します。
効果が強い反面、胃腸の不調などの副作用を引き起こしやすいため注意が必要です。

インドメタシンの服用方法

服用量

1日2回、1回25mgを経口服用してください。
症状に合わせて1回37.5mgまで増量可能です。

胃腸の副作用が出やすいため、予防のために胃腸薬を併用しても問題ありません。

タイミング

食後に服用します。

インドメタシンの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありませんが、食後の服用が推奨されています。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

トリアムテレン 併用により両剤の副作用が増強され急性腎障害を引き起こすおそれがあります。

併用注意

プロベネシド 併用によりプロベネシドの作用が強くなるおそれがあります。
アスピリン 併用により消化器系の副作用が現れやすくなります。
抗凝血剤及び抗血小板薬 ワルファリンカリウム、ヘパリンナトリウム、ヘパリンカルシウム、エノキサパリンナトリウム、パルナパリンナトリウム、ダルテパリンナトリウム、ヘパリン類似物質、クロピドグレル硫酸塩、チクロピジン塩酸塩、プラスグレル塩酸塩、トラピジル、オザグレル塩酸塩水和物、オザグレルナトリウム、アスピリン、ジピリダモール、エポプロステノールナトリウム、ベラプロストナトリウム、シロスタゾール、チカグレロル、ニコランジル、リマプロストアルファデクス、サルポグレラート塩酸塩、イコサペント酸エチル、モンテプラーゼ、リバーロキサバン、アピキサバン、フォンダパリヌクスナトリウム、アンデキサネットアルファ、ガベキサートメシル酸塩、ナファモスタットメシル酸塩、乾燥濃縮人アンチトロンビンIII、トロンボモデュリン アルファ、ワルファリンカリウム、クロピドグレル硫酸塩
上記薬剤との服用により抗凝血作用が強くなるおそれがあります。
メトトレキサート メトトレキサート系薬剤の副作用が強くなるおそれがあります。
リチウム 炭酸リチウム
上記薬剤との服用によりリチウム中毒を引き起こすおそれがあります。
β-遮断剤、ACE阻害剤、A-II受容体拮抗剤 メトプロロール酒石酸塩、アテノロール、ベタキソロール塩酸塩、ビソプロロール、ビソプロロールフマル酸塩、セリプロロール塩酸塩、エスモロール塩酸塩、ランジオロール塩酸塩、ピンドロール、プロプラノロール塩酸塩、チモロールマレイン酸塩、ナドロール、カルテオロール塩酸塩、レボブノロール塩酸塩、カプトプリル、エナラプリルマレイン酸塩、リシノプリル水和物、ペリンドプリルエルブミン、ベナゼプリル塩酸塩、トランドラプリル、テモカプリル塩酸塩、イミダプリル塩酸塩、アラセプリル
上記薬剤との服用により腎機能を更に悪化させるおそれがあります。
ループ利尿剤 フロセミド
上記薬剤の利尿降圧作用を弱くするおそれがあります。
チアジド系及びその類似降圧利尿剤 ヒドロクロロチアジド
上記薬剤の利尿降圧作用を弱くするおそれがあります。
カリウム保持性利尿剤、エプレレノン スピロノラクトン、エプレレノン
上記薬剤の利尿降圧作用を弱くするおそれがあります。腎機能障害の方は重度の高カリウム血症を引き起こすおそれがあります。
ジゴキシン 併用によりジゴキシンの作用が強くなるおそれがあります。
シクロスポリン 併用により腎毒性が強くなるおそれがあります。

服用できない方

  • ・含有成分に対しアレルギー症状を引き起こしたことがある方
  • ・消化性潰瘍をお持ちの方
  • ・重篤な血液異常をお持ちの方
  • ・重篤な肝障害をお持ちの方
  • ・重篤な新機能不全をお持ちの方
  • ・重篤な腎障害をお持ちの方
  • ・重篤な高血圧症をお持ちの方
  • ・重篤な膵炎をお持ちの方
  • ・直腸炎をお持ちの方
  • ・痔をお持ちの方
  • ・妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • ・トリアムテレンを投与中の方
  • ・小児

副作用

重大な副作用

アナフィラキシー、再生不良性貧血、溶血性貧血、骨髄抑制、無顆粒球症、喘息発作(アスピリン喘息)、急性腎障害、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、肝機能障害、黄疸

その他の副作用

消化器 腹痛、食欲不振、消化不良、悪心・嘔吐、下痢・軟便、便秘、直腸粘膜の刺激症状、直腸炎、腹部膨満感、口渇、口内炎、胃炎、限局性回腸炎注、膵炎
血液 貧血、紫斑病、顆粒球減少、血小板減少、血小板機能低下(出血時間の延長)
皮膚 脱毛、結節性紅斑
過敏症 発疹、そう痒、蕁麻疹、脈管炎
感覚器 結膜炎、耳鳴、角膜混濁注、網膜障害注、眼窩及びその周囲の疼痛、難聴
肝臓 肝機能異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇等)
精神神経系 頭痛、眠気、めまい、抑うつ、不眠、知覚異常、脱力感、離人症、ふらつき感、疲労、神経過敏、不安、振戦、失神、末梢神経炎
循環器 動悸、血圧上昇
その他 浮腫、不快、発汗亢進、ほてり、鼻出血、頻尿、尿糖、高血糖、胸痛

保管方法

・温度や湿度の低い場所に保管してください。
・お子様などが触れないような場所へ保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

ボルタレンカプセル

ボルタレン

ボルタレン・ジェネリック

価格

¥4750

¥2500

¥3200

メーカー

Novartis

Novartis

Aliud Pharma

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。