【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ユリーフジェネリック

ユリーフジェネリック1 ユリーフジェネリック2 ユリーフジェネリック3 ユリーフジェネリック4
  • その他

0件のレビュー

ユリーフジェネリックは有効成分に、シロドシンを配合した排尿障害の改善薬です。
前立腺肥大になると、尿道が圧迫されて尿道内圧が高まってしまい、排尿障害が引き起こされます。
しかし、有効成分のシロドシンがα1A-アドレナリン受容体を介する交感神経系を遮断することによって、尿路組織平滑筋の緊張を緩和させます。
その結果、尿道内圧の高まりを抑制して、正常な排尿を促します。

日本国内でもユリーフとして承認・処方されている治療薬のジェネリック医薬品となっているため、安価で購入したいただく事が可能です。

店長のオススメポイント

  • 前立腺肥大による排尿障害を改善する薬
  • 国内で処方されている薬のジェネリックで安価

ユリーフジェネリック 8mg15錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
8mg15錠 × 1箱 ¥3,770(¥3,770/箱) ¥2,800(¥2,800/箱) 84pt
8mg15錠 × 2箱 ¥5,590(¥2,795/箱) ¥4,200(¥2,100/箱) 126pt
8mg15錠 × 3箱 ¥7,410(¥2,470/箱) ¥5,600(¥1,867/箱) 168pt

商品概要

商品名 ユリーフジェネリック
成分 シロドシン
効果 肺症障害改善
副作用 インポテンス、めまい、トリグリセリド上昇など
飲み方 1回4mgを1日2回水かぬるま湯で服用します。
製造元 Cipla

商品詳細

ユリーフジェネリックの効果

シロドシンには、尿路組織である前立腺や尿道、膀胱三角部にあるα1A-アドレナリン受容体を介する交感神経系を遮断する作用があります。
これによって、尿路組織平滑筋の緊張を緩和して尿道内圧の高まりを抑制します。
前立腺肥大によって尿道内圧が上昇してしまうと、尿の通り道が狭まることで排尿が難しくなります。
シロドシンはこの尿道内圧を下げることで、正常な排尿を促して、排尿障害を改善へと導きます。

ユリーフジェネリックの服用方法

服用量

1日2回、1回あたり4mgを水かぬるま湯で服用します。
また、症状に応じて服用量は適宜増減する必要があるため、自身の適量については専門医に相談するなどして、指示を仰ぐようにしてください。

タイミング

服用するタイミングは朝夕の食後となっています。十分な効果を得るためには、適切な用量だけでなくタイミングも守ってご使用ください。

ユリーフジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。
ただし、服用タイミングが朝夕の食後となっているため、食事は必ずとるようにしてください。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

アゾール系抗真菌剤 ケトコナゾール、ジフルカン、クロトリマゾール、オキシコナゾール硝酸塩、イトリゾール、アデスタン、ミコナゾール硝酸塩、ビホナゾール、ブイフェンド、イトラコナゾール、イソコナゾール硝酸塩、クレナフィン、アトラント、エクセルダーム、ラノコナゾール、フロリード、ルコナック、オラビ、ネイリン、エンペシド、ボリコナゾール、ノクサフィル、マイコスポール、ニゾラール、アスタット、オキナゾール、ルリコン、フルコナゾール、プロジフ
ケトコナゾールとの併用でシロドシンの血漿中濃度の上昇が確認されています。
降圧剤 アムロジピン、ベニジピン塩酸塩、カプトリル、アルダクトン、アジルバ、ミケラン、スピロノラクトン、コバシル、コニール、ハイパジール、アロチノロール塩酸塩、マニジピン塩酸塩、ミリス、イミダプリル塩酸塩、ドキサゾシン、バソメット、バイカロン、テノーミン、アゼルニジピン、アラセプリル、エブランチル、カンデサルタン、セレクトール、テラムロ、ヒポカ、アバプロ、メインテート、フェロジピン、メディトランス、ロサルヒド、ペリンドプリル、アテディオ、ニバジール、エナラプリルマレイン酸塩、ニトプロ、レザルタス、ベニジピン、トランドラプリル、ミリスロール、セロケン、ノルバスク、ザクラス、タナトリル、コディオ、ベハイド、テモカプリル塩酸塩、オドリック、アデカット、ピンドロール、イルアミクス、カルスロット、オルメサルタン、アムロジン、ニカルジピン塩酸塩、バルヒディオ、アーチスト、カルビスケン、スプレンジール、アプレゾリン、チバセン、ロサルタンK、アムバロ、ヘルベッサー、カルテオロール塩酸塩、バソレーター、エンレスト、ミオコール、ミカトリオ、アルセノール、ニトレンジピン、イルベタン、リシノプリル、セタプリル、セパミット、ビソノ、アイミクス、ニトログリセリン、ワイテンス、テルミサルタン、バイロテンシン、アダラート、レニベース、ビソプロロールフマル酸塩、エックスフォージ、エースコール、テナキシル、ヒドロクロロチアジド、ペルジピン、ニトロペン、ミカルディス、オルメテック、ケルロング、アテレック、ラベタロール塩酸塩、ミニプレス、ニフェジピン、ミコンビ、テルチア、カルバン、バルサルタン、ナトリックス、トリテレン、ニューロタン、ニルバジピン、カデチア、ディオバン、ブロプレス、イルトラ、フルイトラン、塩酸ベニジピン、エカード、ニトロダーム、ロンゲス、カムシア、ミニトロ、プレミネント、アテノロール、シルニジピン、メチルドパ、ベック、ベタキソロール塩酸塩、セララ、トランデート、ゼストリル、カルデナリン、ナディック、ベナゼプリル塩酸塩、トリクロルメチアジド、カプトプリル、サプレスタ、インデラル、メトプロロール酒石酸塩、ジルチアゼム塩酸塩、ミカムロ、ノルモナール、ペリンドプリルエルブミン、ユニシア、プロプラノロール塩酸塩、ラジレス、ランデル、デタントール、カルブロック、カタプレス、ジルムロ、ロプレソール、セリプロロール塩酸塩、カルベジロール、ロサルタンカリウム、アルドメット、メフルシド、イルベサルタン、ローガン
起立性低血圧があらわれることがあります。
ホスホジエステラーゼV阻害薬 バイアグラ、アドシルカ、タダラフィル、ザルティア、シアリス、バルデナフィル、レビトラ、ペルサンチン、レバチオ、シルデナフィル、ジピリダモール
上記薬剤との併用で症候性低血圧の報告があります。

服用できない方

  • ・シロドシンに対して過敏症の既往歴がある方

副作用

重篤な副作用

意識障害、肝機能障害、失神、黄疸

その他の副作用

過敏症 そう痒感、口唇腫脹、舌腫脹、咽頭浮腫、顔面腫脹、発疹、皮疹、湿疹、蕁麻疹、眼瞼浮腫
泌尿・生殖器 インポテンス、射精障害、尿失禁
結膜出血、術中虹彩緊張低下症候群、眼の充血、目のかゆみ、かすみ目
消化器 放屁増加、排便回数増加、残便感、肛門不快感、口内炎口渇、胃不快感、下痢、胃炎、萎縮性胃炎、胸やけ、胃もたれ感、十二指腸潰瘍、軟便、便秘、嘔吐、嘔気、食欲不振、胃痛、腹痛、腹部膨満感、上腹部異和感、下腹部痛、胃潰瘍
肝臓 γ-GTP上昇、総ビリルビン上昇、Al-P上昇、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇
精神神経系 頭痛、肩こり、頭がボーとする感じ、眠気、性欲減退、めまい、立ちくらみ、ふらつき、頭重感、しびれ
腎臓 BUN上昇、クレアチニン上昇
呼吸器 鼻閉、鼻汁、鼻出血、咳
血液 血色素量減少、ヘマトクリット値減少、白血球数増多、白血球数減少、赤血球数減少、血小板数減少
循環器 上室性期外収縮、起立性低血圧、血圧低下、心房細動、動悸、頻脈、不整脈、血圧上昇
その他 気分不良、血清カリウム値上昇、総蛋白低下、尿糖上昇、尿沈渣上昇、顔のほてり、耳鳴、苦味、胸痛、腰痛、下肢脱力感、発汗、ほてり、女性化乳房、前立腺特異抗原増加、尿酸上昇、尿蛋白上昇、浮腫、トリグリセリド上昇、倦怠感、CRP上昇、総コレステロール上昇

保管方法

・子供の手の届く場所での保管はお避け下さい。
・直射日光や高温多湿な場所は薬の劣化に繋がるため、避けて保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

アイロン

グドゥチ(免疫強化)

クリルオイル流

価格

¥3300

¥1250

¥3000

メーカー

Solara Labs

Himalaya Herbals

Doctors pharmacy

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。