【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

バリマックス

バリマックス1 バリマックス2 バリマックス3 バリマックス4
  • ED治療薬
  • レビトラ

0件のレビュー

バリマックスはED(勃起不全)の治療薬です。
性行為の1時間前に服用することで勃起を促し、勃起状態を維持するなどの効果を発揮します。
バリマックスは世界で二番目に発売されたレビトラのジェネリック医薬品となっており、バイアグラに比べて効果があらわれるのが早く、効果が長く続くといった特徴があります。
有効成分であるバルデナフィルは日本でも承認されており病院や男性向けクリニックで広く処方されているため、既にレビトラを病院で処方してもらっている方は違和感なくご使用頂けます。

店長のオススメポイント

  • ジェネリックのためレビトラより安価
  • 効果があらわれるまでの時間が短い

バリマックス 10mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
10mg × 4錠 ¥2,400(¥600/錠) ¥1,600(¥400/錠) 48pt
10mg × 12錠 ¥4,100(¥341/錠) ¥2,800(¥233/錠) 84pt
10mg × 20錠 ¥5,100(¥255/錠) ¥3,500(¥175/錠) 105pt

バリマックス 20mg

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg × 4錠 ¥2,600(¥650/錠) ¥1,800(¥450/錠) 54pt
20mg × 12錠 ¥4,700(¥391/錠) ¥3,200(¥267/錠) 96pt
20mg × 20錠 ¥6,000(¥300/錠) ¥4,100(¥205/錠) 123pt

商品概要

商品名 バリマックス
成分 バルデナフィル
効果 ED改善
副作用 頭痛、ほてり、めまいなど
飲み方 1日1回、性行為の1時間前に5~20mgを服用します。
製造元 Macleods Pharmaceuticals Ltd.

商品詳細

バリマックスの効果

勃起はcGMPと呼ばれる物質が海綿体に血液を送ることによって起こり、射精後にPDE5がcGMPを分解することで血液の流入が止まり勃起をおさめます。
健康な状態であればcGMP とPDE5は良いバランスを保っているのですが、何らかの理由によりcGMPの分泌が少なく、PDE5が性行為前や性行為中から優勢になってしまうと射精前にも関わらず勃起をおさめてしまいます。
これがEDのメカニズムです。

バリマックスの有効成分であるバルデナフィルは勃起をおさめるPDE5の働きを阻害する作用があります。
その結果、勃起を促し、勃起状態を維持することに繋がります。
バルデナフィルは強制的に勃起を促すものではなく、性的刺激や興奮が伴ったときにのみ勃起を促します。

バリマックスの服用方法

服用量

1日1回、1回10mgを性行為の1時間前にお水などで服用してください。
効果が実感できない場合は1回20mgまで増量可能ですが、24時間以内に2回服用することは厳禁です。
次の服用まで必ず24時間以上の間隔を設けてください。

65歳以上で中度の肝障害をお持ちの方は1回5mg、上限は10mgとなります。
服用の間隔は必ず24時間以上設けてください。

タイミング

性行為の1時間前に服用してください。

バリマックスの注意点

食事の影響の有無

軽食であれば効果に影響はないとされていますが、空腹時の服用が推奨されています。
先に食事を取ってしまった際は2時間ほど経過してから服用してください。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありませんが、大量に飲酒すると感覚が鈍くなったり眠くなったりするため、飲む場合は少量に留めましょう。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

クラスIA抗不整脈薬 シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、アミサリン、キニジン硫酸塩、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、ジソピラン、リスモダン
上記薬剤との併用によりQTc延長があらわれるおそれがあります。
クラスIII抗不整脈薬 アミオダロン塩酸塩、アンカロン、シンビット、アミオダロン、ソタコール
上記薬剤との併用によりQTc延長があらわれるおそれがあります。
NO供与剤、硝酸剤 ニトロペン、バソレーター、フランドル、ミオコール、ミニトロ、ミリス、ミリスロール、ニトログリセリン、ニトロダーム、一硝酸イソソルビド、メディトランス、亜硝酸アミル、アイトロール、イソコロナール、シグマート、ニコランジル、ニトロール、硝酸イソソルビド
上記薬剤との併用によりバリマックスの降圧作用が強くなるおそれがあります。
リオシグアト アデムパス
上記薬剤との併用により症候性低血圧を起こすことがあります。
CYP3A4阻害薬剤 ブロモクリプチンメシル酸塩、フロリード、ボノサップ、ホメピゾール、ボリコナゾール、マインベース、マリオットン、ミコナゾール硝酸塩、ラニチジン、ラパリムス、ラベキュア、ルコナック、ルボックス、カソデックス、カレトラ、クラリシッド、クラリス、クラリスロマイシン、クロトリマゾール、ケトコナゾール、ザーコリ、ザンタック、サンディミュン、シクロスポリン、ジフルカン、シメチジン、ジョサマイ、ジョサマイシン、タオン、タガメット、ダクルインザ、ダフクリア、ディアコミット、テネリア、デプロメール、ニゾラール、ネイリン、ネオーラル、ノウリアスト、ノービア、ノクサフィル、ノフロ、ノルフロキサシン、パーロデル、ルリコン、レイアタッツ、レクシヴァ、アナストロゾール、アプレピタント、アリミデックス、イトラコナゾール、イトリゾール、イメンド、エクリラ、エリスロシン、エリスロマイシン、エンペシド、オラデオ、オラビ、カイロック、バクシダール、パドパリン、パピロック、ビカルタミド、ブイフェンド、プリジスタ、ブリリンタ、フルコナゾール、フルボキサミンマレイン酸塩、プレバイミス、プロイメンド、プロジフ、プロセキソール、ブロモクリプチン、ロズリートレク
上記薬剤との併用によりバリマックスの代謝が下がり、副作用のリスクが高くなるおそれがあります。

併用注意

カルペリチド ハンプ
上記薬剤との併用により降圧作用が強くなるおそれがあります。
CYP3A4阻害薬剤 エリスロシン、カソデックス、エリスロマイシン、ビカルタミド
上記薬剤との併用によりバリマックスの代謝が下がり、副作用のリスクが高くなるおそれがあります。
α遮断薬 ドキサゾシン、エブランチル、カルデナリン、ミニプレス
上記薬剤との併用によりバリマックスの降圧作用が強くなり過度に低血圧になるおそれがあります。
CYP3A4誘導剤 リファジン、リファンピシン
上記薬剤との併用により血中濃度が低下するおそれがあります。

服用できない方

  • ・バルデナフィルに対しアレルギー症状を引き起こしたことがある方
  • ・網膜色素変性症の患者
  • ・血液透析が必要な腎障害、低血圧の患者
  • ・治療による管理がなされていない高血圧の患者
  • ・不安定狭心症の患者
  • ・重度の肝障害のある患者
  • ・半年以内に脳梗塞・脳出血の既往歴のある患者
  • ・半年以内に心筋梗塞の既往歴のある患者
  • ・先天性のQT延長患者
  • ・心血管系障害などにより性行為そのものが不適当とされている患者
  • ・硝酸剤を服用中の患者
  • ・一酸化窒素供与剤を服用中の患者
  • ・リオシグアトを服用中の患者
  • ・CYP3A4を阻害する医薬品を服用中の患者

副作用

重大な副作用

ありません。

その他の副作用

皮膚 掻痒、光線過敏性反応、紅潮、発汗、発疹
消化器 胃炎、嘔吐、胃食道逆流、嚥下障害、消化不良、嘔吐、腹痛、口内乾燥、下痢、食道炎
精神・神経系 眩暈、感覚鈍麻、不安、緊張亢進、頭痛、めまい、不眠症、異常感覚、傾眠、一過性全健忘
肝臓 肝機能検査異常、γ-GTP上昇
感覚器 彩視症、眼痛、耳鳴、流涙、視覚異常、結膜炎、霧視、羞明、緑内障
循環器 低血圧、顔面浮腫、真菌虚血、心筋梗塞、ほてり、心悸亢進、頻脈、高血圧、湿疹、起立性低血圧、狭心症
筋・骨格系 筋肉痛、関節痛、背部痛、頸部痛
その他 勃起増強、インフルエンザ症候群、射精障害、CK上昇、灼熱感、無力症、胸痛、異常感、アナフィラキシー反応、持続勃起

保管方法

・お子様が誤飲しないよう容器や場所に注意して保管してください。
・直射日光や高温多湿を避けて保管してください。

類似商品の比較

商品名

バリフ(レビトラ)

バルデナフィル

サビトラ(レビトラ)

価格

¥2400

¥5700

¥3230

メーカー

Ajanta Pharma

toLife Pensa

Sava Medica

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。