【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

デュラタ

デュラタ1 デュラタ2 デュラタ3 デュラタ4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

デュラタは有効成分としてデュロキセチンを配合したうつ病を改善するうつ病治療薬です。
こちらのデュラタはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる種類に分類される治療薬であり、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害してセロトニンなどの減少を防ぐ事によって、うつ症状を改善へと導きます。

日本国内でもさまざまな種類のSNRIが承認・処方されていますが、こちらのデュラタはサインバルタのジェネリック医薬品となっています。
そのため、サインバルタと同じ有効成分を配合しているので、既にサインバルタを服用したことがある方であれば、遜色なくお使いいただくことが可能です。

店長のオススメポイント

  • うつ症状を改善する抗うつ薬
  • サイバルタと同じ成分を配合

デュラタ 20mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
20mg200錠 × 1箱 ¥13,650(¥13,650/箱) ¥10,400(¥10,400/箱) 312pt

デュラタ 30mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
30mg200錠 × 1箱 ¥15,730(¥15,730/箱) ¥12,000(¥12,000/箱) 360pt

デュラタ 40mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
40mg200錠 × 1箱 ¥17,800(¥17,800/箱) ¥13,800(¥13,800/箱) 414pt

デュラタ 60mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
60mg200錠 × 1箱 ¥20,020(¥20,020/箱) ¥15,300(¥15,300/箱) 459pt

商品概要

商品名 デュラタ
成分 デュロキセチン
効果 抗うつ
副作用 倦怠感、食欲減退、不眠など
飲み方 1日1回、朝食後に20~60mgを水かぬるま湯で服用します。
製造元 Healing Pharma

商品詳細

デュラタの効果

デュロキセチンは、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用があります。
この作用によって、セロトニンやノルアドレナリンが再取り込みされないようになることで、セロトニンやノルアドレナリン量の減少を防ぎます。

うつ病の無気力や不安といった症状は、これらの量が減少することであらわれるとされています。
そのため、再取り込みを阻害してセロトニンなどの減少を防ぐことで症状があらわれるのを抑えて改善へと導きます。

デュラタの服用方法

服用量

1日1回、20~60mgを水かぬるま湯で服用します。
初期用量は20mgとなっており、2週間目は40mgに増量します。
40mgで十分な効果柄みられない場合は60mgまで増量することが可能です。

年齢や症状によって服用量は変化するため、自身の適切な用法用量については、専門医に相談して確認してください。

タイミング

服用するタイミングは、毎朝の食後となっています。 他のタイミングでの服用は効果に違いなどがあらわれるおそれもあるため 適切な用法を守ってご使用ください。

デュラタの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールとの併用は併用注意にも指定されているため、デュラタの服用中は飲酒をお避け下さい。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

MAO阻害薬 イスコチン、ヒドラ、エフピー、アジレクト、セレギリン塩酸塩、アクフィナ、ネオイスコチン
全身痙攣、異常高熱、昏睡等があらわれたという報告があります。

併用注意

中枢神経抑制剤 ルピアール、ワコビタール、フェノバルビタール、ノーベルバール、プリミドン、ラボナール、ワイパックス、ロラゼパム、ラボナール、イソミタール、ラボナ、アイオナール、イソゾール、チトゾール、フェノバール、ロラピタ
サインバルタ・ジェネリックと上記薬剤それぞれの作用が強まる恐れがあります。
三環系抗うつ剤、フェノチアジン系抗精神剤、抗不整脈剤 ベラパミル塩酸塩、ベプリコール、ヘルベッサー、ジルチアゼム塩酸塩、ヘマレキート、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、カルビスケン、ピンドロール、ブロクリン、インデラル、プロプラノロール塩酸塩、ヘマンジオル、ナディック、ミケラン、カルテオロール塩酸塩、セロケン、ロプレソール、メトプロロール酒石酸塩、テノーミン、アテノロール、アルセノール、アルマイラー、アセタノール、ビソノ、メインテート、ビソプロロールフマル酸塩、ブレビブロック、アドビオール、オノアクト、コアベータ、アロチノロール塩酸塩、アンカロン、アミオダロン、アミオダロン塩酸塩、ソタコール、シンビット、ジゴキシン、ジゴシン、ジギラノゲン、メチルジゴキシン、ラニラピッド、ワソラン、セチプチリンマレイン酸塩、イミドール、トフラニール、アナフラニール、スルモンチール、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、テシプール、キニジン硫酸塩、アミサリン、リスモダン、ジソピラミド、ジソピラミドリン酸塩、シベノール、シベンゾリンコハク酸塩、ピメノール、プロノン、プロパフェノン塩酸塩、タンボコール、フレカイニド酢酸塩、サンリズム、ピルシカイニド塩酸塩、ペンレス、キシロカイン、リドカイン、アネトカイン、リドカイン塩酸塩、メキシチール、メキシレチン塩酸塩、アスペノン、アプリンジン塩酸塩
上記薬剤の血中濃度が高まるおそれがあります。
パロキセチン塩酸塩水和物、キニジン硫酸塩水和物 パロキセチン、キニジン硫酸塩、パキシル
サイバルタ・ジェネリックの血中濃度が高まるおそれがあります。
セロトニン作用薬 フルボキサミンマレイン酸塩、レクサプロ、ツートラム、トラマール、ワントラム、イミグラン、スマトリプタン、アマージ、ナラトリプタン、ゾーミッグ、ゾルミトリプタン、セルトラリン、デプロメール、ルボックス、ザイボックス、リネゾリド、L-トリプトファン、マクサルト、リザトリプタン、レルパックス、エレトリプタン、リーマス、炭酸リチウム、イフェクサー、トレドミン、ミルナシプラン塩酸塩、サインバルタ、デュロキセチン、パキシル、パロキセチン、ジェイゾロフト
セロトニン作用が増強してセロトニン症候群などのリスクが高くなります。
メチルチオニニウム塩化物水和物 メチレンブルー
セロトニン症候群があらわれる恐れがあります。
フルボキサミンマレイン酸塩、シプロフロキサシン、エノキサシン シプロキサシン、シプロキサン、デプロメール、ルボックス、シプロフロキサシン、フルボキサミンマレイン酸塩、エノキサシン
本剤の血中濃度が上昇することがあります。
飲酒 中枢神経抑制作用の増強や肝機能が悪化するリスクがあります。
ワルファリンK、ワーファリン 併用によりデュラタの作用を増強することがあります。
出血傾向が増強する薬剤 スルガム、アルボ、ニフラン、プラノプロフェン、プロラノン、ロキソニン、ロキソプロフェン、ロキソプロフェンNa、ロキソプロフェンナトリウム、ロキフェン、ソレトン、ペオン、ザルトプロフェン、ポンタール、ルメンタール、コンベック、フエナゾール、オパイリン、セレコックス、セレコキシブ、レリフェン、アスピリン、バイアスピリン、サリチル酸Na、サリチル酸ナトリウム、アンプリット、アミトリプチリン塩酸塩、トリプタノール、ノリトレン、プロチアデン、アモキサン、テシプール、セチプチリンマレイン酸塩、ジクトル、ナボール、ボルタレン、ジクロフェナクNa、ジクロフェナクナトリウム、ジクロード、セルタッチ、ナパゲルン、フェルビナク、スミル、ファルジー、ブロナック、ブロムフェナクNa、インテバン、インドメタシン、アコニップ、イドメシン、インサイド、インテナース、カトレップ、コリフメシン、ゼムパック、ハップスター、ラクティオン、インテナシン、インフリー、インダシン、ランツジール、ミリダシン、クリノリル、オステラック、エテンザミド、アザルフィジン、サラゾピリン、サラゾスルファピリジン、アサコール、ペンタサ、リアルダ、メサラジン、サリチル酸、スピール膏、サリチル酸メチル、スルピリン、ワルファリンK、リスパダール、リスパダールコンスタ、リスペリドン、クロザリル、ジプレキサ、オランザピン、セロクエル、ビプレッソ、クエチアピン、エビリファイ、アリピプラゾール、インヴェガ、ゼプリオン、ルーラン、ペロスピロン塩酸塩、ロナセン、ブロナンセリン、クロルプロマジン塩酸塩、コントミン、ウインタミン、ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン、フルデカシン、フルメジン、トリラホン、ピーゼットシー、ノバミン、ニューレプチル、イミドール、トフラニール、スタデルム、ベシカム、イブリーフ、ナイキサン、カピステン、ケトプロフェン、セクター、ミルタックス、モーラス、スルプロチン、スレンダム、トパルジック、フロベン、アドフィード、ゼポラス、フルルバン、ヤクバン、フルルビプロフェン、ロピオン、ワーファリン、アナフラニール、スルモンチール、ハイペン、エトドラク、ジルダザック、ベンダザック、ネバナック、ジソペイン、バキソ、ピロキシカム、フェルデン、ロルカム、ロルノキシカム、モービック、メロキシカム、フルカム、イブプロフェン、ブルフェン
出血傾向が増強することがあります。
ピモジド 心室性不整脈やQT延長といった副作用があらわれるおそれがあります。
降圧剤 カタプレス
降圧剤の作用を減弱することがあります。
アドレナリン、ノルアドレナリン エピペン、ボスミン、ノルアドレナリン、アドレナリン
心血管作用が増強し、血圧上昇などのリスクがあります。

服用できない方

  • ・モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
  • ・高度の肝機能障害もしくは、腎機能障害がある方
  • ・デュロキセチンに対し過敏症の既往歴のある方
  • ・コントロール不良の閉塞隅角緑内障の方

副作用

重篤な副作用

幻覚、肝機能障害、肝炎、黄疸、スティーブンス・ジョンソン症候群、痙攣、高血圧クリーゼ、アナフィラキシー反応、尿閉、セロトニン症候群、悪性症候群、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

その他の副作用

消化器 消化不良、胃炎、口内炎、歯痛、胃腸炎、咽頭不快感、咽頭炎、咽喉緊張、口臭、嚥下障害、悪心、食欲減退、口渇、便秘、下痢、腹部痛、嘔吐、腹部膨満感、腹部不快感、顕微鏡的大腸炎
感覚器 眼乾燥、霧視、耳痛、散瞳、耳鳴、視調節障害、緑内障
過敏症 接触性皮膚炎、光線過敏反応、血管浮腫、発疹、そう痒、蕁麻疹、皮膚血管炎
全身症状 ほてり、発熱、悪寒、脱水、倦怠感、脱力感
血液 ヘマトクリット減少、鼻出血、異常出血、ヘモグロビン減少、赤血球減少、白血球減少
筋肉・骨格系 筋痛、肩こり、筋痙攣、背部痛、関節痛、筋緊張
精神・神経系 頭がぼーっとする、性欲減退、躁病反応、錯感覚、無感情、味覚異常、激越、オーガズム異常、嗜眠、睡眠障害、歯軋り、失見当識、攻撃性、怒り、歩行障害、開口障害、下肢静止不能症候群、傾眠、頭痛、めまい、不眠、立ちくらみ、しびれ感、振戦、浮遊感、あくび、焦燥感、気分高揚、注意力障害、錐体外路症状、不安、異常夢(悪夢を含む)、異常感
循環器 血圧上昇、起立性低血圧、上室性不整脈、動悸、頻脈、失神
肝臓 γ-GTP上昇、総ビリルビン上昇、Al-P上昇、AST上昇、ALT上昇、LDH上昇
泌尿器・生殖器 BUN上昇、頻尿、尿中アルブミン/クレアチニン比上昇、尿流量減少、多尿、閉経期症状、排尿困難、性機能異常、排尿障害、血中クレアチニン上昇、精巣痛
代謝・内分泌 血中カリウム減少、甲状腺機能低下、低ナトリウム血症、乳汁漏出症、高プロラクチン血症、高血糖、トリグリセリド上昇、総コレステロール上昇、尿中蛋白陽性、血中カリウム上昇
その他 浮腫、冷感、熱感、呼吸苦、胸痛、冷汗、発汗、体重減少、体重増加、CK(CPK)上昇、咳嗽

保管方法

・子供が誤って服用しないよう、子供の手の届かない場所で保管してください。
・直射日光や高温多湿は錠剤の劣化に繋がるため、冷暗所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

サインバルタ・ジェネリック

サインバルタ(シンバルタ)

プロザック

価格

¥4200

¥4220

¥5300

メーカー

Sun Pharmaceutical

Sun Pharmaceutical

Eli Lilly

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。