【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

トパヒール

トパヒール1 トパヒール2 トパヒール3 トパヒール4
  • 抗うつ剤/精神安定剤

0件のレビュー

トパヒールはてんかんによる発作予防を目的とした医薬品です。
有効成分のトピラマートは日本でも承認されており、トピナ錠という名前で処方されています。
また、小児に対しても使用できるほど高い安全性と有効性が確認されていることもあり、100カ国以上で承認されています。
トパヒールは他のてんかん発作薬と作用機序が異なるため、併用することで発作の発生頻度が30%以上減少したという検証結果があります。

店長のオススメポイント

  • 他のてんかん薬との併用で抑制効果が高まる
  • 100カ国以上で承認されている

トパヒール 25mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
25mg200錠 × 1箱 ¥5,980(¥5,980/箱) ¥4,500(¥4,500/箱) 135pt

トパヒール 50mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
50mg200錠 × 1箱 ¥6,500(¥6,500/箱) ¥4,900(¥4,900/箱) 147pt

トパヒール 100mg200錠

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
100mg200錠 × 1箱 ¥7,280(¥7,280/箱) ¥5,500(¥5,500/箱) 165pt

商品概要

商品名 トパヒール
成分 トピラマート
効果 食事の影響はありません。
副作用 眠気、めまい、しびれ感
飲み方 1日1~2回、1回500~200mgを服用します。
製造元 タイミングの指定はありません。

商品詳細

トパヒールの効果

トピラマートには電位依存性ナトリウムチャネル抑制作用、AMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体機能抑制作用、電位依存性L型カルシウムチャネル抑制作用、GABA存在下におけるGABAA受容体機能増強作用、炭酸脱水酵素阻害作用と5つもの作用を持っています。
このように多彩な機序を持っててんかんによる発作を抑制します。

トパヒールの服用方法

服用量

服用開始時は1日1~2回、1回50mgをお水やぬるま湯などで服用してください。
その後は1日200~400mgを2回に分けて服用してください。
症状によって適宜増減し、漸増する際は1週間以上の間隔を空けて段階的に行い、1日の上限は600mg(1回300mg)としてください。

タイミング

タイミングの指定はありません。

トパヒールの注意点

食事の影響の有無

食事の影響はありません。

アルコールの影響の有無

アルコールの影響はありません。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

ピオグリタゾン ピオグリタゾン、アクトス
併用により上記薬剤の血糖降下作用を弱めるおそれがあります。
CYP3A4誘導薬 プロイメンド、デキサート、オルガドロン、オイラゾン、ノーモサング、タフィンラー、インテレンス、リファジン、エリザス、ビジュアリン、リメタゾン、ホストイン、ホスアプレピタント、メサデルム、デキサメタゾンプロピオン酸エステル、ストックリン、デカドロン、アーリーダ、モディオダール、レナデックス、イメンド、カルバマゼピン、リファンピシン、デキサメサゾン、ゼルボラフ、トラクリア、D・E・X、リフキシマ、メサペイン、アプレピタント、ボアラ、ジャドニュ、テイカゾン、デフェラシロクス、テグレトール、ボセンタン、デキサメタゾン、アフタゾロン、サンテゾーン
上記薬剤の併用中に上記薬剤を減薬、または断薬することによって、トパヒールの血中濃度が高まることがあります。
アミトリプチリン トリプタノール、アミトリプチリン塩酸塩
併用により上記薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。
フェニトイン ヒダントール、アレビアチン
併用により上記薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。
リチウム 炭酸リチウム、リーマス
併用により上記薬剤の血中濃度が上昇、または低下するおそれがあります。
中枢抑制薬 イソミタール、ラボナール、イソゾール、ラボナ、チトゾール、フェノバール、ワコビタール、フェノバルビタール、ルピアール、ノーベルバール、プリミドン
上記薬剤との併用によりトパヒールと上記薬剤の作用が強くなるおそれがあります。
ジゴキシン ジゴシン、ジゴキシン
ジゴキシンのAUCが低下するおそれがあります。
炭酸脱水酵素阻害剤 トルソプト、アイゾプト、ダイアモックス、ブリンゾラミド
上記薬剤との併用により腎・尿路結石ができるおそれがあります。
ヒドロクロロチアジド ヒドロクロロチアジド
併用によりトパヒールの血中濃度が上昇するおそれがあります。
リスペリドン リスペリドン、リスパダール、リスパダールコンスタ
併用により上記薬剤の血中濃度が低下するおそれがあります。
経口避妊薬 プロセキソール、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、トリキュラー、シンフェーズ、アンジュ
併用により上記薬剤の血中濃度が低下し効果が弱くなるおそれがあります。
メトホルミン メトホルミン塩酸塩、グリコラン、メトグルコ、メトホルミン
併用により上記薬剤の血糖降下作用が強まるおそれがあります。
セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 併用によりトパヒールの血中濃度が低下するおそれがあります。

服用できない方

  • ・含有成分に対しアレルギー症状を引き起こしたことがある方

副作用

重大な副作用

続発性閉塞隅角緑内障、急性近視、腎・尿路結石、代謝性アシドーシス、乏汗症、高熱

その他の副作用

内分泌 月経異常、乳房痛
血液 貧血、血小板減少、白血球増加、白血球分画異常、白血球減少、プロトロンビン量増加、鼻
出血 筋骨格、関節痛、四肢重感、筋肉痛、筋痙攣
肝臓 ウロビリノーゲン陽性、肝機能異常、胆石症
感覚器 耳鳴、聴力低下
視力低下、羞明、眼精疲労、複視、視覚異常、眼痛、涙液減少
皮膚 皮膚炎、多汗、多毛、発汗減少、発疹、脱毛、脂漏
代謝及び栄養 血中アンモニア値上昇、血中コレステロール増加、総蛋白減少、血中重炭酸塩減少、電解質異常、トリグリセリド上昇、低血糖
呼吸器 咳嗽、呼吸困難、鼻炎
消化器 口内炎、胃腸炎、歯肉腫脹、嘔吐、腹部不快感、唾液分泌過多、鼓腸放屁、嚥下障害、腹痛、悪心、便秘、下痢、便失禁
循環器 起立性低血圧、動悸、徐脈、胸痛、心電図異常、血圧上昇
精神神経系 筋緊張、自殺企図、気分不良、平衡障害、感覚異常、躁状態、不安、易刺激性、抑うつ、歩行異常、不眠、記憶力低下、妄想、幻覚、振戦、味覚異常、動作緩慢、眼振、けいれん・てんかん増悪、思考異常、協調運動異常、多動、昏迷、傾眠、めまい、摂食異常、しびれ感、頭痛、思考力低下、会話障害、認知障害、錯乱、離人症、興奮
腎臓・泌尿器 尿蛋白陽性、頻尿、尿中リン増加、尿沈渣陽性、血尿、尿失禁
その他 口渇、熱感、四肢冷感、体重増加、悪寒、体重減少、倦怠感、発熱、CK(CPK)上昇、脱力、浮腫、性欲減退、体臭

保管方法

・温度や湿度が低い場所で保管してください。
・お子様が触れないよう厳重に保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

トピロール

ゾニセップ

ラミクタール

価格

¥4400

¥1700

¥2700

メーカー

Sun Pharmaceutical

Sun Pharmaceutical Industries Ltd.

GlaxoSmithKline

 

ユーザーレビュー

0件のレビュー

星5
 
0%
星4
 
0%
星3
 
0%
星2
 
0%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 件のいいね

良い評価の口コミが投稿されていません。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 件のいいね

悪い評価の口コミが投稿されていません。

並び替え:

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。