【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

カロナールジェネリック

カロナールジェネリック1 カロナールジェネリック2 カロナールジェネリック3 カロナールジェネリック4
  • 関節痛・偏頭痛・肩こり

5件のレビュー

カロナールジェネリックは熱や痛みを緩和する医薬品です。
有効成分のアセトアミノフェンは日本でも承認されており、カロナールやタイレノールAといった商品名で流通・販売されています。
痛みには様々な種類がありますが、カロナールジェネリックは頭痛、耳痛、症候性神経痛、筋肉痛、腰痛症、捻挫痛、打撲痛、分娩後痛、月経痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症と適用範囲が非常に広いです。
また、安全性が高く赤ちゃんや妊婦に対しても使用可能といった特徴があります。

店長のオススメポイント

  • 様々な痛みに対して有効
  • 妊婦や赤ちゃんでも使用可能

カロナールジェネリック 500mg/カプセル

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
500mg/カプセル × 100錠 ¥3,000(¥30/錠) ¥2,570(¥26/錠) 77pt
500mg/カプセル × 200錠 ¥6,000(¥30/錠) ¥3,600(¥18/錠) 108pt

カロナールジェネリック 500mg/錠剤

セット数 定価   販売価格 ポイント還元  
500mg/錠剤 × 200錠 ¥6,000(¥30/錠) ¥4,020(¥20/錠) 120pt

商品概要

商品名 カロナールジェネリック
成分 アセトアミノフェン
効果 解熱や鎮痛効果
副作用 嘔吐感、食欲不振、腹痛など
飲み方 1回300~1,000mgをお水などで服用します。
製造元 Thai Nakorn patana Co.,Ltd

商品詳細

カロナールジェネリックの効果

有効成分のアセトアミノフェンは脳の視床下部にある体温調整機能に作用し、血管や汗腺を拡張させることで体外へ熱を放出し解熱効果を発揮します。
他にも痛みや熱の原因となるプロスタグランジン(PG)の働きを阻害することで鎮痛効果を発揮します。

このように2つの作用を持って、病気や外傷などによる熱や痛みなどを緩和してくれます。

カロナールジェネリックの服用方法

服用量

一般的な鎮痛や解熱の場合

1回300~1,000mgをお水などで服用してください。
症状によって適宜増減することが可能ですが、1日の上限は4,000mg(8錠)となります。
また、服用の間隔は4~6時間ほど空けてください。

急性上気道炎による解熱や鎮痛の場合

1回300~500mgをお水などで服用してください。 症状によって適宜増減することが可能ですが、1日の上限は1,500mg(3錠)となります。 また、服用回数は1日2回までとしてください。

空腹時の服用は推奨されていません。
食事内容によっては成分の吸収を阻害することがあるため、食事直後も避けて食間などに服用してください。

タイミング

空腹時を避けて服用します。

カロナールジェネリックの注意点

食事の影響の有無

食事の内容によっては成分の吸収を阻害するため食事直後の服用は推奨されていません。

アルコールの影響の有無

多量の飲酒は肝臓への副作用が強くあらわれるおそれがあるため、飲酒は可能な限り控えてください。

併用時の注意点(禁止薬や併用注意点)

併用禁忌

ありません。

併用注意

リチウム製剤 炭酸リチウム
併用により上記薬剤の血中濃度が高くなりリチウム中毒になるおそれがあります。
チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド等
併用により上記薬剤の作用が弱くなるおそれがあります。
クマリン系抗凝血剤 ワルファリンカリウム
併用により上記薬剤の作用が強くなるおそれがあります。
カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェノバルビタールナトリウム、フェニトイン、フェニトインナトリウム、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド、イソニアジドメタンスルホン酸ナトリウム水和物
上記薬剤を長期にわたり服用している場合、併用により肝障害のリスクが高くなります。
抗生物質 抗菌剤
併用により過度の対応低下を招くおそれがあります。
アルコール 多量の飲酒により肝不全を引き起こしたという報告があります。

服用できない方

  • ・含有成分に対しアレルギー症状を引き起こしたことがある方
  • ・重篤な血液の異常がある方
  • ・重篤な肝障害のある方
  • ・重篤な腎障害のある方
  • ・重篤な心機能不全のある方
  • ・アスピリン喘息のある方
  • ・アスピリン喘息の既往歴のある方

副作用

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、喘息発作の誘発、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、顆粒球減少症、間質性肺炎、間質性腎炎、急性腎不全

その他の副作用

血液 血小板減少、血小板機能低下、チアノーゼなど
消化器 悪心、嘔吐、食欲不振等
その他 過敏症

保管方法

・高温、多湿、直射日光を避けて保管してください。
・お子様が誤飲しないよう手の届かないような場所で保管してください。

他にもこのようなお悩みはありませんか?

類似商品の比較

商品名

パナドール(アセトアミノフェン錠)

カルポル6プラス

価格

¥1400

¥2900

メーカー

GSK

GlaxoSmithKline

 

ユーザーレビュー

5件のレビュー

星5
 
20%
星4
 
60%
星3
 
0%
星2
 
20%
星1
 
0%

最も評価の高い肯定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★★★
  • 29件のいいね

今話題?のカロナールと同じ成分っていうことなんで、購入させてもらいました!使い方とかも基本的には変わらないみたいだし、安心して使えるのは大きいですね。

最も評価の高い否定的なレビュー

  • 匿名 
  • ★★
  • 25件のいいね

効果は同じなのに価格は安いので、ものすごく期待してましたけど、使ってみると副作用がでちゃって、結構大変でしたね。副作用が無かったなら言うことは何もなかったんだけど。。ちょっと残念ですね。。。

並び替え:

匿名

今話題?のカロナールと同じ成分っていうことなんで、購入させてもらいました!使い方とかも基本的には変わらないみたいだし、安心して使えるのは大きいですね。

匿名

効果は同じなのに価格は安いので、ものすごく期待してましたけど、使ってみると副作用がでちゃって、結構大変でしたね。副作用が無かったなら言うことは何もなかったんだけど。。ちょっと残念ですね。。。

カロ棒

コロナで、出荷調整?制限が行われてるようなので、困ったときのためにひとつ購入させてもらいました。まだ使用はしてませんが期待しています!

匿名

これまで、カロナールを処方してもらってましたが、病院に行くものご時世的にできれば避けたいので、こちらで購入させてもらいました。効果的に問題はなさそうだし、こんなに便利ならココがあれば色々助かる人も多そう!

匿名

カロナールの代わりにこっちを買ってみたけど、使ってみた感じはあんまり変わらない気がします。なので、今後はこっちの方をメインで使おうかなって感じ

投稿フォーム

商品レビューの投稿は会員のみできるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、投稿ください。