【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

症状:寝付きが悪くなかなか眠れない

夜になってベッドに入っても1時間以上眠れないのは入眠障害の疑いがあります。こうした不眠の原因はさまざまなことが考えられますが、現在ではそうした悩みを改善する方法が多数登場しています。

睡眠薬を用いて眠りにつく方法

ルネスタ・ジェネリック

ルネスタ・ジェネリック

超短時間型の睡眠薬であるルネスタのジェネリック医薬品です。効果が早くあらわれ長く残らないので、寝付きが悪く眠らないという不眠の症状に効果的な睡眠薬です。

50錠3,950円

詳細を見る

睡眠障害にも効果がある抗不安薬

バスパー・ジェネリック

バスパー・ジェネリック

バスパー・ジェネリックは不安や気持ちの落ち込みを抑える作用を持った抗不安薬です。気持ちが落ち着くことで、自然な眠りへと誘う作用を持っています。

50錠2,780円

詳細を見る

抗ヒスタミン薬を用いて自然な眠りにつく方法

ソミナー

ソミナー

ソミナーは抗ヒスタミン作用を持ったアレルギー改善薬の成分を配合した睡眠補助剤です。アレルギー薬の副作用にある眠気を主作用としており、自然な眠りをサポートします。

200錠7,600円

詳細を見る

入眠障害を改善するサプリメント

メラトニン

メラトニン

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促す成分を配合したサプリメントです。こちらは寝付きの悪さの改善だけでなく、時差ボケなどの改善にも使えます。

100錠3,510円

詳細を見る

寝付きの悪さの改善について

適度な運動をする

寝付きが悪い時の改善法として適度な運動が有効です。
適度な運動は程よく身体に疲労が溜まり、自然な眠りを後押しします。

ストレスを解消する

寝付きが悪くなる入眠障害の原因のひとつとしてストレスがあります。
趣味や運動などで、適宜ストレスを解消することによって寝付きの悪さを改善します。

入浴する

寝付きの悪さを改善する方法には入浴もあります。
ユックリとぬるめのお湯のお風呂に入浴することで、副交感神経が刺激されて眠気を催します。
また、入浴は筋肉をほぐして気持ちをリラックスさせるため、寝付きの改善に対して効果的です。
ただし、熱いお風呂は交感神経が刺激され逆に目が覚めてしまうため、入浴する時は温度に注意が必要です。

あわせて読まれているお悩み