【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

悩み:紫外線(日焼け)を防ぎたい

紫外線を浴びると肌は防衛機能として黒色色素のメラニンを生成し、黒く日焼けした肌色になります。日焼け予防は紫外線に当たらないことが有効ですが、様々なタイプの日焼け止めでも可能です。

紫外線から肌を守るジェルやクリームで日焼け防止

アンテリオスXLスティックSPF50+

アンテリオスXLスティックSPF50+

アンテリオスXLスティックSPF50+は敏感肌の方も使える日焼け止めです。紫外線A波、B波の両方を防ぎ、紫外線を防ぐ効果もSPF50+と最大となっています。

1本2,900円

詳細を見る

内服薬で紫外線から肌を守る

ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオケアウルトラDカプセルはシダ植物から抽出した成分を配合した日焼け止めです。紫外線の吸収をブロックしながら肌のダメージを軽減する効果にも期待できます。

1本7,600円

詳細を見る

日焼けの改善について

紫外線を避ける

日焼けを改善するには、日焼けの原因である紫外線を避けるのが一番です。
日差しが強い日は、日傘や帽子、サングラスやアームカバーなどを使って肌が紫外線に晒されるのを極力避けるようにすることで、日焼けを抑え改善に繋がります。

濡れタオルや保冷パックで冷やす

日焼けしてしまった場合、濡れタオルや保冷パックで日焼けした部分を冷やすことが大切です。
日焼けは肌が炎症している状態であるため、冷やすことで炎症を鎮められます。
日焼けしたとしても患部を適切に冷やすことで、日焼けの改善に役立ちます。

保湿する

肌が日焼けしてしまうと、肌は脱水した状態となってしまいます。
そのため、過度な乾燥によってシワなどの原因に繋がってしまいます。そのため、日焼けした場所は適切に保湿することで、日焼けやそこから派生する症状を予防改善します。

美白化粧品を使う

日焼けしてしまった場合、美白化粧品を使うことで改善することも可能です。
美白化粧品の中には、メラニンの生成を抑えたり肌の新陳代謝を正常化しメラニンの排出を促す作用があるものもあります。
そうした美白化粧品を活用することで、日焼けを改善することが可能です。

あわせて読まれているお悩み